カテゴリー: 
開始価格: 
¥400,000
上昇単位: 
¥1,000
1600911000
入札数 : 

刀:拵え入り(委託品)
銘:無銘(大和守兼信)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘 としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金色絵一重鎺
刃長: 68.2 センチ
反り:1.2  センチ
目釘穴: 1 個
元幅:  3.01センチ
先幅: 2.39 センチ
重ね:0.65  センチ
刀身重量: 670  グラム
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅、重ねしっかりと反りやや広く大切先となる。
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が良く付き奇麗な地肌となる。
差裏の中程の地に細かな小瑕があるが目立たず。
刃紋:錵出来三本杉で始めより切先が伸びるまで続くが
所々錵崩れがあるのが惜しまれる。

特徴:出来から大和守兼信、田代源一兼信に酷似する作品で三本杉の作品を良く焼き上げる。
彼らの祖先は美濃であり最も著名な孫六兼元となる。
江戸時代となり彼らは遠い先祖を想い三本杉の作品を制作したと考えられます。
事実三本杉の刀は切れ味が良かったと言われております。
本作は三本杉を制作し焼き入れをした時に錵崩れがあったと考えられます
強度には全く関係ありませんしむしろ変化に富んだ作品は変わり出来ともいわれ
刃中、砂流しが良く入っております。

拵:
鍔:重ねの厚いがっしりとした円形の鉄鍔に龍を中に高彫り透かす。
縁頭:真鍮地に粟穂と思われる図柄と沢山の点を入れた作品
鞘:上部には黒石目地株を変塗鞘
目貫:8.4cmと長い赤銅地 で鳳凰の図柄を高彫りする。見事な作品です
鐺:真鍮地に片面を点で片面を粟穂を彫る

葵美術より一言:生無銘の作品で出来から大和守兼信又は田代源一兼信と評価出来る作品です。
拵えもしっかりとした作品ですので是非お薦めしたい作品です。

時代背景:江戸時代寛文になると世の中も落ち着き平和な時代へと変化していったが
刀工にとっては日本刀が売れない時代へと変わっていった時代で
彼らは売れる刀を懸命に模索し創意工夫をこらして製作する様になっていった。
この様な中で切れ味を重視した刀工集団として大和守兼信又は田代源一兼信が存在し根強い支持をえていた。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

Katana in Koshirae.(Consignment Sale)
Signature : Mumei (Yamato Kami Kanenobu)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : Gold color single habaki.
Blade length : 68.2 cm or 26.85 inches. 
Sori : 1.2 cm or 0.47 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.01 cm or 1.18 inches. 
Width at the Kissaki : 2.39 cm or 0.94 inches. 
Kasane : 0.65 cm or 0.25 inches.
The weight of the sword: 670 grams.
Era : Edo period arond Kanbun era.
Shape : Regular width and thickness O-Kissaki Katana.
Jigane : Ko Itame Hada well grained with Jinie attach. The Jigane is beautiful.
There are small Kizu on the middle part of the blade. But it is not so serious.
Hamon : Nie Deki, Sanbon Sugi Hamon. It is regrettable that there are collapsed Nie part.

Special feature: From the work, the blade is similar to Yamato Kami Kanenobu or Tashiro Genichi Kanenobu. The blade has nice Sanbonsugi Hamon. 
Their founder was in Mino province and the most prominent Magoroku Kanenomo. 
In fact, it is said that the Sanbonsugi sword cut well.
Unfortunately there are collapsed Nie part. But it has nothing to do with strength. This is a work full of variety. In the Ha, there rae many  Sunagashi.

Koshirae : 
Saya : Kawarinuri Saya.
Tsuba : Thick iron Tsuba, dragon is engraved with open work.
Menuki : 8.4cm long Shakudo Phoenix is engraved. 
Kojiri: Brass.

From Aoi Art: Ubu Mumei Katana. From the works, we guess that the blade was made by Yamato Kami Kanenobu or Tashiro Genichi Kanenobu. 

Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.