カテゴリー: 
開始価格: 
¥350,000
上昇単位: 
¥1,000
1590542820
入札数 : 

短刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:備前国住長船春光作
元亀三年二月吉日

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は備前国住長船春光作としてはに上々作ランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:金色絵ハバキ
刃長:7寸2分(21.81センチ)
反り:0センチ
目釘穴:1個
元幅:2.15センチ
重ね:0.75センチ
時代:室町時代末期
体配:身幅頃合いで重ね厚くしっかりとした健全な短刀です。
地鉄:小板目肌に小杢目肌が混じり細かく詰んで映りが現れる。
刃紋:小錵出来出来、締まり心に帽子丸く返り長く焼き下げる。

特徴:備前国住長船春光は室町時代末期に活躍する俗名はないが
地金が良く詰んだ綺麗な地金となっており
自身作で俗名をほどこす作品と変わらない素晴らしい地金をした作品と言えます。
祐定、清光などはかなりの作品を残すが、春光は最後迄丁寧に制作したと考えられ
評価の低い作品は見かけません。
重ねの厚くしっかりとした作品ですので是非御薦めしたい作品です。

拵:合口拵え
縁頭:角
鞘:桜の幹を思わせる綺麗な鞘
目貫:鶴の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
小柄:真鍮地に山から薪を運んで休む老人の姿を高彫りし素銅地で描く。

葵美術より一言:末備前春光の重ねの厚い健全な作品です。
拵えもまずまずでしっかりとしております。

時代背景:戦国時代

葵美術評価鑑定書:保存刀剣鑑定書
全身押し形

Tanto in Shirasaya with Koshirae (NBTHK Hozon Paper)

Signature : BIZEN KUNI JU OSAFUNE HARUMITSU SAKU
GENKI 3 NEN 2 GATU KICHIJITSU

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs Jyo Jyo saku to ranking.
The blade was polished.
Habaki :gold wrapped single habaki.
Blade length : 21.82cm or 8.59 inches. 
Sori :0.0cm or 0 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 2.15cm or 0.85 inches. 
Kasane : 0.75cm or 0.3 inches.
Era : Late Muromachi Genki era.(1570)
Shape : The blade is regular width and thick nice shape.
Jigane :KomKonie  and Mokume hada well grained
with jinie attach and Utsuri appear.
Hamon :Konie deki deki and bright and clear.
Boshi: round shape, long yakisage style.

Special feature:Harumitsu was working at Bizen province 
and the Haon is different from Bizen Sukesada and Kiyomitsu.
The Jigane is tight and nice Utsuri appear high quality Tanto.

Koshirae : Aikuchi Koshirae.
Saya :The desin is cherry tree's trunk.
Menuki : a  crane is engraved with gold color.

From Aoi Art: This Tanto is well grained tight nice Jigane
and also nice Koshirae .
The condition of the Tanto is very good.

Back ground of age: war time in Japan.

Aoi Art estimation paper  :NBTHK Hozon paper.
whole Oshigata.