カテゴリー: 
開始価格: 
¥622,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥622,000
1590544080
入札数 : 
18

刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:包真

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は包真としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着二重
刃長:69.1センチ
反り:1.8センチ
目釘穴:2個
元幅:2.94センチ
先幅:2.03センチ
重ね:0.735センチ
刀身重量:655グラム
時代:室町時代末期 享禄の頃 1528年
体配:身幅、重ね尋常な反りが深く付き
切先が伸びる。表裏に棒樋を彫り表には素剣を彫る。
地鉄:板目肌柾目が入りやや肌立ち淡い白気映りが現れる
刃紋:錵出来直刃基調に小互の目乱れ、
二重刃、足、葉が盛んに働き砂流し、金筋が働く。
帽子長く乱れ込んで先尖って返る。

特徴:包真は大和手掻一派の刀工群で、
南北朝時代から室町時代後期にかけて活躍する。
本作は金房一派の刀工で包俊の子と言われている。

拵:
鍔:円形の鉄鍔におもだかと思われる葉とトンボを高彫りし、
金色絵をほどこす。裏には水の流れに生える植物を高彫りし、
金色絵をほどこす。銘 正義作
縁頭:赤銅地石目地仕立てに藤の花と思われる図柄を高彫りし、
金色絵をほどこす。
鞘:黒路色鞘
目貫:赤銅地で獅子の図柄を高彫りする。
小柄:赤銅地、魚子仕立てに龍を高彫りし、金色絵をほどこす。
笄:赤銅地、魚子仕立てに龍を高彫りした割笄

葵美術より一言:本作の包真は尋常な身幅、重ねで
反りが深く付き、切先が伸びる体配の良い姿をした作品で
地鉄に板目が流れ映りが現れる覇気のある出来と言えます。
特に差裏の地金に地景が良く入り、
やや地鉄に流れ柾が見てとれる独特な風情ある大和の地金となります。
切れ味が良い事で知られた刀工であります。
拵えは格式のある作品で鍔は正義と銘が有り
恐らくは武州伊藤派の作品で江戸神田に住し出来が良い。
また縁頭、目貫も良く出来ております。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

Katana in Shirasaya with Koshirae.(NBTHK Hozon Token)(consignment sale)

Signature: Kanezane

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyo-jyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to  Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : Gold foiled double habaki.
Blade length : 69.1 cm or 27.2 inches. 
Sori :1.8 cm or 0.71 inches. 
Mekugi : 2
Width at the hamachi :2.94 cm or 1,1575  inches. 
Width at the Kissaki :2.03  cm or 0.78  inches. 
Kasane : 0.735cm or 0.29  inches.
The weight of the sword  655 grams.
Era : Late Muromachi period Kyoroku era. 1528.
Shape : The blade is regular width, 
thickness with deep sori and long Kissaki nice looking shape.
Jigane : Itame hada well grained with jinie attch 
and chikei work and also shirake utsuri apper hada tachi jigane.
Hamon :Nie deki suguha and kogunome and notare hamon mixed, 
double hamon, ashi and Yo, sunagashi and also kinsuji very active hamon.

Special feature: Kanezane is Yamato Tegai school started 
at Nanbokucyo period to late Muromachi.  
He was a son of the Kanetoshi.

Koshirae : nice high ranking samurai's sword.
Saya :black roar saya.
Tsuba :On the round iron Tsuba, a dragonfly 
and plants are engraved with gold color.  
signature Masayoshi who was working at Late Edo period Ito school.  
genuine.
Menuki : black shakudo shish dog is engraved.
Kozuka:On the shakudo nanako plate, 
a dragon is engraved with gold color.
Ko-gai:On the war kogai, a dragon is engraved.

From Aoi Art :This kanezane is regular width thickness 
with deep sori and oo-kisski style nice looking shape. 
Especially back side of the Jigane is quite nice 
which is composed item hada nd massage hada mixed 
with jinie and chikei active texture. 
On the Jigane, utsuri appear which is typical later generation Tegai 
school.   probably Kinbo Kanezane which is well know cut well sword.  
Koshirae is also very attractive nice fittings.

NBTHK Hozon Token 
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.