カテゴリー: 
開始価格: 
¥700,000
上昇単位: 
¥1,000
1582161900
入札数 : 

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:陸奥大掾三善長道
延宝三乙卯年二月日

新刀:岩代:上作:最上大業物
特別保存刀剣鑑定書
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は陸奥大掾三善長道としては上々作にランクされる作品です。
上々研磨済み
はばき:赤銅一重
刃長:48.8センチ
反り:1.4センチ
目釘穴:1個
元幅:2.87センチ
先幅:2.04センチ
重ね:0.69センチ
刀身重量: 470グラム
時代:江戸時代 延宝3年 1675年 
体配:身幅、重ね尋常な反りが深く付き切先がのびた体配の良い脇差
地鉄:小板目肌実に良く練れて地錵が付き精良な地金となる。
刃紋:刃区より匂口の深めの直刃、その先匂口の深い互の目乱れとなり
高低があり帽子のたれて丸く返る。 刃紋は明るく冴える。

特徴:本作品は初代三善長道の作品。長道は陸奥会津藩工である三善長政の長男。
十六歳で父と死別し父の門人長俊の教えを受ける。当初は道長と称していたが
万治二年(1659)二十六歳の時上洛し陸奥大掾を受領、
そのとき口宣案に「三善長道」と誤記してあったので以後それに従った。
虎徹に私淑し、作風が酷似する。会津では会津正宗、会津虎徹とも呼ばれた。
徹底的に追求された切味の良さは殊に有名で、多くの愛刀家の垂涎の的である。
延宝年中に江戸に駐槌。自力作を山野久英に試し切りさせ、
二ツ胴、三ツ胴の好成績を示した。山田浅右衛門吉睦が
その著書「古今鍛冶備考」において、自らの試斬の経験から
最上大業物十二選の中の一人に選んでいる。研鑽を重ねた結果、
出来の良い物は虎徹を上回り、截断銘のある刀も多い。
貞享二年(1685)五十三歳で没した。
二代長道以下代々藩工として活躍し明治の九代長道に至った。
本作は通常より若干刃紋の匂口が深く強そうな地鉄と
相まっていかにも切味が良さそうで迫力が有る。

拵:
鍔:円形の鉄地に龍の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
縁頭赤銅魚魚子地に雲龍の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘
目貫:龍の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
栗形:龍の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
小柄:赤銅魚魚子地に劒巻龍を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:本作は裏銘が延宝三乙卯年二月日とあり
資料的にも貴重であります。ほとんどは裏銘がありません。
虎徹に私淑し地金から刃紋に至迄よく真似たとおもわれる程
切先の刃紋も蝮の頭を思わせる虎徹帽子です。
近藤勇が池田屋事件後に会津藩松平容保から受け取った刀が三善長道です。
会津藩ではこの三善長道と和泉守兼定が侍が最も愛好する作品とされています。
刀、拵ともに素晴らしいです。是非お求め下さい。

特別保存刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

Wakizashi in Shirasaya with Koshirae.(NBTHK Tokubetsu Hozon Paper)

Signature : Mutsu Daijo Miyoshi Nagamichi
Enpo 3 Kinoto-U nen 2 Gatsu Hi

Shinto: Iwashiro: Jyo saku: Saijyo O-wazamono
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : Shakudo single habaki.
Blade length : 48.8 cm or 19.21inches. 
Sori : 1.4 cm or 0.55 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 2.87 cm or 1.12 inches. 
Width at the Kissaki : 2.04 cm or 0.80 inches. 
Kasane : 0.69 cm or 0.27 inches.
The weight of the sword 470 grams.
Era : Edo period Enpo 3 nen (1675)
Shape : Regulr wideness and thickness with large sori. Kissaki is long. 
Jigane : Koitame had well grained with jinie attach.  
Hamon : Suguha and gunome midaire with deep nioikuchi. Boshi with notere turns back roundly. Hamon is clear. 

Special feature: Miyoshi Nagamichi, born Miyoshi Toshiro lived at Matsuyama in Iyo province is a grandson of Nagakuni.
 Nagakuni was a retained swordsmith of Kato Yoshiaki. Nagakuni and his son Masanaga, 
the father of Nagamichi went along with the Kato family when they moved to Aizu in O-shu province in 1627. 
Nagamichi was born in 1633 who was called Michinaga in his youth. Accepting Mutsu-Daijo in 1659,
he changed the name to Nagamichi. Mr. Asaemon Yamada, known as a famous cutting tester ranked Nagamitsu Saijo-Owaza-mono 
in his book as one of twelve excellent swordsmiths at the point of sharpness. 
Quite a few swords forged by Nagamichi survive with the result of cutting test.
Nagamichi the First passed away in 1685, aged 53. 
The workmanship of this katana shows a strong resemblance to Kotetsu 
who is a representative swordsmith of Edo-shinto.

Koshirae : 
Saya :Black saya
Tsuba : Round iron Tsuba. A dragon is engraved with gold color. 
Menuki : A dragon is engraved with gold color. 
Kurikata: A dragon is engraved with gold color. 
Kozuka: On the shakudo nanako plate, 
a dragon is engraved with gold color. 

From Aoi-Art: This blade has production date "Enpo 3 Kinoto-U nen 2 Gatsu Hi". It is also valuable as histrical material.
Nagamichi studied under Kotetsu. The Jigane and Hamon are similar to Kotetsu. The Boshi is also Kotestu style.
Kondo Isami received a Miyoshinagamichi's sword from Matsudaira Katamori of Aizu clan after the Ikedaya insident.
We strogly recommend this Wakizashi and Koshirae.

NBTHK Tokubetsu Hozon Token 
Aoi Art estimation whole Oshigata.