カテゴリー: 
開始価格: 
¥1,800,000
上昇単位: 
¥1,000
1579570200
入札数 : 

脇差:白鞘入り(第35回重要刀剣)(委託品)

銘: 無銘(実阿)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(実阿)としては最上作にランクされる作品です。
研磨済み
登録証番号:
はばき:金着一重
刃長:51.1センチ
反り:0.8センチ
目釘穴:2個
元幅:2.83センチ
重ね:0.38センチ
刀身重量: 500グラム
時代:鎌倉時代  1326年
体配:薙刀風の大摺上無銘の体配をした作品で
鎬が高く鋭さの有る体配をした作品。
地鉄:板目肌に大板目、大杢目肌となり
地錵が良く付き地景が良く働き肌目が良く見て取れる。 
鎬地も同様な所から無垢鍛えである事が分かる。
刃紋:匂口の深い直刃にのたれが入り刃中、砂流、金筋が盛んに働く。

特徴:実阿は左文字の父で西蓮の子と伝えられている。
一見則重を思わせる作品で黒味が掛かり
北国物と酷似しているが実阿か九州の刀工であり
一方則重は越中の作品で大きく異なる。何らかの繋がりがあると考えられる。

葵美術より一言:本作の実阿は出来の素晴らしい肌物と称される作品で
黒味のする地肌に匂口の深い直刃を焼いて刃中に砂流、金筋が良く働き
銀砂を巻いた風情のある作品です。
肌物のお好きな方に是非御薦めしたい作品です。

第35回重要刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Wakizashi in Shirasaya(35th NBTHK Juyo Paper)(Consignment Sale)

Signature: Mumei attributed as Jitsua

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Saijyo saku ranking.(the top ranking)
The blade was polished.
Habaki: Gold failed J single habaki.
Blade length :  51.1cm or 20.118 inches. 
Sori :0.8 cm or  0.315 inches. 
Mekugi:  2
Width at the hamachi: 2.83cm or  1.114inches. 
Kasane :0,38 cm or  0.15inches.
The weight of the sword 500 grams.
Era : 1326. Kamakura period 
Shape : The blade is Nagamaki naoshi style ,Osuriage mumei.
Jigane :Itame hada and mokume hada and also big itame, Masame work.
Shinogi ji also same pattern so the sword must be Muku style sword.
Hamon :Nie deki deep nioi kuchi and notare mixed 
and sunagashi, kinsuji work. It likes spread silver sands.

Special feature: Jitsua is Samoji's son and son of the Sairen.
At a glance, the blade looks like Norishige Ecchu province. I think these wordsmiths must be some connection between these makers.

From Aoi Art: This Jitsua is quite nice Hadamono like Norishige blackish
deep nioi kuchi with kinsuji and sunagshi.
If someone loves hadamono, we recommend this sword for you.

35th NBTHK Juyo Paper
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.