カテゴリー: 
開始価格: 
¥1,200,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥1,200,000
1581730200
入札数 : 
1

大小:

-----------------------

大:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)
銘:無銘(越前関)

古刀:末古刀:
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(越前関)としては最上作にランクされる作品です
上々研磨済み
はばき : 銀二重
刃長:70.2センチ
反り:1.7センチ
目釘穴:2個
元幅:2.91センチ
先幅:2.03センチ
重ね:0.65センチ
刀身重量:560 グラム
時代:江戸時代初期
体配:大摺上げ無銘で表裏に棒樋を彫り
身幅、尋常重ねやや厚く反りが適度に付き切先が延びた
体配の良い姿をした作品。
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が付き映りが現れる。
刃紋:小錵出来、互の目乱れの丁字乱れが混在し
高低に変があり匂口深く足、葉が交り皆焼風となり帽子乱れ込む。

特徴:小錵出来で互の目乱れに丁字乱れが混じり
華やかな一文字を思わせる作品で刀剣博物館では
越前関と鑑定されたがその中でも傑作刀です。
摺上げがあるのは一文字に見せようと考えたのかも知れません。

拵:
鍔:円形の赤銅地に七宝を花模様で散らす
縁頭:円形の赤銅地に七宝を花模様で散らす
鞘:黒呂色鞘に島津家の家紋を金で色絵をほどこす
目貫:真鍮地で龍の図柄を高彫りする。

葵美術より一言:恐らくは刀には銘があったと考えられ
この互の目、丁字乱れの華やかな作品を一文字にさせる為に
越前新刀の出来の良い作品を改竄したと考えられます。
拵は七宝拵付でとても華やかな作品です。
時代は近代とかんがえますが、今制作したらかなり金額もかかると考えます。
またこれほど出来の良い越前関は初めてです。 越前関として最高傑作刀であると考えます。

-----------------------

小:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:於東都固山宗次作之
天保十三年壬寅八月吉日同年九月十一日於千住小塚原様之太々土壇拂

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は固山宗次としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき : 金着一重
刃長:45.8センチ
反り:0.9センチ
目釘穴:1個
元幅:3.05センチ
先幅:2.27センチ
重ね:0.72センチ
刀身重量:515 グラム
時代:江戸時代天保
体配:身幅、重ねのしっかりとした脇差で反りやや深く付き大切先となり肉置きが良い
地鉄:小板目肌良く詰んで地錵が付き住んだ綺麗な無地風の地金となる
刃紋:小錵出来、匂出来風となり匂口深く足良く入り明るく冴えて帽子乱れ込む

特徴:備前介藤原宗次(固山宗次)は陸奥白河に固山宗平の三男として出生、
宗兵衛と称した更に白河松平家の抱工として作刀し藩主に従い桑名に移住する。
天保二年に江戸に出て鍛刀する。当時からかなり有名であったと考えられ
弘化2年に備前介を受領する。彼の作品は切れ味が良く、
その評判から当時から彼に刀を注文する武士はかなりあったと言われている。
宗次の作品はどれもが欠点のない出来が多く高技量の持ち主であった事が伺える。
本作はさすがは新々刀上上作の作品で、足が長く入り出来優れた見事な作品である。
なお本作は天保十三年壬寅八月吉日同年九月十一日於千住小塚原横之太々と裁断銘があり
制作された翌月に千住小塚原で太太土壇払いをおこなっております。
刃が良く冴えて体配が良く切れ味の優れた作品で是非お求め下さい。

拵:
鍔:円形の赤銅地に七宝を花模様で散らす
縁頭:円形の赤銅地に七宝を花模様で散らす
鞘:黒呂色鞘に島津家の課亜門を金で色絵をほどこす
目貫:真鍮地で龍の図柄を高彫りする。

葵美術より一言: 新々刀といえば天保打ちと称される程天保打ちの作品は
ことのほか出来が良い。これは新々刀総てに言えて清麿、を初め
直胤、宗次、綱俊、正秀、総てにいえます。
平和な時代から幕末にかけてきな臭い戦争がはじまり刀工としての腕の見所となり
刀剣の需要が増していった時代背景があり
より優れた作品を製作する余裕がでてきたと言われている。
大小の拵付も七宝で統一されやや時代が若いと考えるが出来も良い。

-----------------------
刀と脇差それぞれに保存刀剣
葵美術評価鑑定:全身押し形

 

Dai Sho :

---------------------

Dai : Katana in Shirasaya with Koshirae(NBTHK Hozon paper)

Signature: Mumei(Echizen Seki)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo  saku
Jyo saku and regular saku)
This blade belongs to Saijo Saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : Silver double habaki.
Blade length : 70.2 cm or 27.63 inches. 
Sori : 1.7 cm or 0.66 inches. 
Mekugi : 2
Width at the hamachi : 2.91 cm or 1.14 inches. 
Width at the Kissaki : 2.03 cm or 0.79 inches.
Kasane : 0.65 cm or 0.25 inches.
Era : Early Edo period.
Shape : The blade is oo suruage mumei with Bo-hi on both sides of the blade.
Jitetsu : Koitame hada well grained and jinie attachi and appear Utsuri.
Hamon : Konie deki gunome midare and choji midare mixed up and down ashi
and Yo work deep nioikuchi hitatsura style.
             
Special feature: Konie deki gunome midare and choji midare mixed and like 
Ichimonji style and attributed as Echizen seek masterpiece.
I think someone thought the blade looks Ichimonji and put off the                
signature and made as Ichimonji.

Koshirae : 
Tsuba: Flower cloisonne ware on the shakudo plate.
Menuki: Carve a dragon pattern with brass plate.
Saya :On the black roar saya, shimazu family crests are painted with gold color.

From Aoi  Bijyutsu: Probably This sword was Falsify some good sword to  Ichimonji. 
The jigane has Utsuri and an active temper line which looks like an old Koto blade. 
Koshirae is a nice but old one. I have never seen such kind of nice Echizen Shinto.

---------------------

Sho: Wakizashi in Shirasaya with Koshirae(NBTHK Hozon paper)

Signature : Oite To-to Koyama Munetsugu Saku Kore
(cutting test) Tenpo 13 Nen Mizunoe-Tora 8gatsu Kichijitsu 
Do-Nen 9gatsu 11 Hi Oite Senjyu Kozukahara Sama Kore Tata dotanbarai.

Explanation: The signature is Koyama Munetsugu at Tokyo
Tempo 13th August and next month September 11th at Senjyu Kozukahara 
the cutting test was done and cut Tata(the part of the shoulder part) dotanbarai.

Shinshin to: Jyo Jyo Saku ranking.
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo  saku
Jyo saku and regular saku)
This blade belongs to Jyo jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : Gold foiled single Habaki.
Blade length: 45.8 cm or 18.03 inches. 
Sori : 0.9 cm or 0.35 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.05 cm or 1.20 inches. 
Width at the Kissaki : 2.27 cm or 0.89 inches.
Kasane : 0.72 cm or 0.283 inches.
Era : Edo period Tenpo
Shape : The blade is rather wide and thick with rather deep sori 
and long Kissaki nice looking shape.
Jigane :Koitame hada well grained with jinie attach nice clean texture.
Hamon :konie deki and nioi deki mixed gunome midare
and choji midare mixed with deep nioikuchi bright and clear.
Boshi is midarekomi.

Special feature: Bizen no suke Munetsugu (Koyama Munetugu)
was born at Mutsu Shirakawa province as a son of Koyama Munehira. 
He was called Soube.
He was hired by SHirakawa Matsudaira Daimyo family.
He moved to Kuwana province. Thereafter, he moved to also Edo in 1831.
Then, he was already very famous for his cut well blades.
And many Samurai ordered swords. 
He was allowed to use signature "Bizen no suke" in 1845.
He was the one of the top quality swordsmith in late Edo period.
And his swords were without any faults.

Koshirae : 
Tsuba: Flower cloisonne ware on the shakudo plate.
Menuki: Carve a dragon pattern with brass plate.
Saya :On the black roar saya, shimazu family crests are painted with gold color.

From Aoi Art: This blade has long Ashi in Ha, and blade quality is excellent.
That’s Shin-shinto, Jo-saku rank! And we recommend this fantastic sword truly.
The sword was cutting test was done at Senjyu.
Generally, at tempo era, many swords makers were working and made    
high-quality swords so we ask the sword when the blade was made.
If the sword was made at the Tenpo era, most of the swords are fine swords.

---------------------

NBTHK Hozon paper for each blade.
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.

大(刀)Katana

-----------------------
小(脇差) Wakizashi