カテゴリー: 
開始価格: 
¥500,000
上昇単位: 
¥1,000
1579396200
入札数 : 

刀:白鞘入り(保存刀剣鑑定書)
銘:和泉大掾藤原国輝(初代)
新刀:中上作:伊勢

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は和泉大掾藤原国輝としては 上々作にランクされる作品です。

研磨済み
はばき:銀一重
刃長:70.9センチ
反り:1.8センチ
目釘穴1個
元幅:3.17 センチ
先幅:2.21 センチ
重ね:0.71 センチ
刀身重量:755 グラム
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅、重ね尋常な反り適度に付き切先の延びた寛永体配の姿の良い刀。
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き綺麗な大阪地金を思わせる。
刃紋:錵出来丁字乱れに互の目乱れが交り匂口やや深く足、砂流、細かな金筋が良く働く帽子丸く返る。

特徴:本作は江戸時代の天明頃を中心に作刀した伊予の刀工国輝により作刀された。
初代国輝の父長清は、長道の祖父長国の門人であった。
長国は播磨守照廣の甥で伊予松山城主加藤家に寛永頃仕え、転封に従い陸奥会津へ移住し繁栄した刀工である。
二代国輝は大阪の伊勢守国輝の門人で、三代は伊勢守国輝と河内守国助に学んだ。
四代は近江守久道に学ぶなど京・大阪新刀の刀工達と極めて関係が深かった。

葵美術より一言:刀工辞典によりと国輝は三好太郎兵衛と称し伊勢守国輝と関係があったと考えると記載されており国輝の銘も良く似ております。
国輝初代から7代天明迄続く伊予の刀工群である。
本作は互の目丁字乱れに刃紋の中を砂流、金筋が働き出来の良い作品と考えます。
物打の下あたりに小さな刃こぼれがございますが、目釘穴一個の比較的健全な作品でお勧め出来る作品です。 

保存刀剣鑑定書
葵美術正真鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya
Signature : Izumi Daijo Fujiwara Kunitersu(1st generation)

AOI Bijyutasu  Syosin Kanteisyo  NBTHK Tokubetsu Hozon Token
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyojyo saku ranking.

The blade was polished.
Habaki : Silver single Habaki.
Blade length : 70.9 cm or 27.9 inches. 
Sori : 1.8 cm or 0.71 inches. 
Mekugi :  1
Width at the hamachi : 3.17cm or 1.25 inches. 
Width at the Kissaki : 2.21 cm or 0.87 inches. 
Kasane : 0.71cm or 0.28 inches.
Weight of the blade : 755 grams
Era : Edo period Kanbun era.
Shape : Typical Kanbun sword shape, the width and the length are moderate.
Jigane : Small Itame-hada with Jinie attached, reminiscent of Osaka Jigane.
Hamon : Nie-deki, Choji-midare mixed with Gunome-midare, deeper Nioi-kuci, Ashi, Sunagashi and fine Kinsuji in places.

Special Feature : Izumi Daijo Fujiwara Kuniteru was a swordsmith in Iyo province, his name had succeeded for 7 generations.
His father's name was Nagakiyo, he was an apprentice of Nagakuni who was a grandfather of Nagamichi and a nephew of Harima-kami Teruhiro also.
The 2nd, the 3rd, and the 4th generation of Izumi Daijo Fujiwara Terukuni had close ties with the smiths in Osaka pref.
The 2nd generation apprenticed with Ise-kami Kuniteru, the 3rd generation apprenticed with him also and Kawachi-kami Kunisuke. The 4th generation's teacher was Oumi-kami Hisamichi.

From Aoi Art : Izumi Daijo Fujiwara Kuniteru's real name was MIyoshi Tarobei.
He might had a close relationship with Ise-kami Kuniteru, since their signatures are alike.
This sword displays plenty of Hataraki inside the Hamon; Sunagashi and Kinsuji.
There's a minor nick below the Monouchi but other parts are relatively fine.

NBTHK Hozon Token
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.