カテゴリー: 
開始価格: 
¥250,000
上昇単位: 
¥1,000
1575941100
入札数 : 

(冠落)短刀:白鞘入り

銘:越前国下坂継広

新刀:中上作:業物:越前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は越前国下坂継広としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:赤銅一重
刃長:29.1センチ
反り:0.0センチ
目釘穴:1個
元幅:2.70センチ
重ね:0.65センチ
刀身重量:290 グラム
時代:江戸時代寛文の頃
体配:冠落としといわれた作品で薙刀を思わせる
身幅尋常な重ねの厚いがっしりとした作品で健全な肉置きの良い作品
地鉄:小板目肌よく詰んで黒味のする肌目の良く見て取れる
北国物といわれる越前新刀の地金。
刃紋:錵出来匂口やや深く付き波の流れを思わせる作品で
刃中、砂流、金筋が掛かり帽子掃掛、焼き詰めとなる。

特徴:越前国下坂継広は近江守とも称し、江戸、又は近江でも活躍する。
体配が珍しく又地金、刃紋も良く作られている。
室町時代は数多くの短刀の製作が行われたが江戸時代に入るとその製作は激減する。
当然戦争が多くあれば刀剣、短刀の製作が増大する事となる。
短刀も同様で江戸期には極めて少なく状態の良い短刀は是非購入をお勧め致します。
皆樣方が驚かれるのは江戸初期から江戸末期より少し
以前に製作された短刀は極めて少ないのです。
本作はその内の一振りで又体配も通常の短刀とはことなり
珍しい作品ですので是非お求め下さい。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

(Kanmuri Otoshi)Tanto in Shirasaya with Koshirae.

Signature : Echizen Koku Shimosaka Tsuguhiro

Shinto: Chu Jyo Saku: Wazamono: Echizen
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to yo Jyo saku Jyo Saku Regular saku J ranking.
The blade was polished.
Habaki : Shakudo single habaki.
Blade length : 29.10 cm or 11.45 inches. 
Sori : 0.0 cm or 0 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 2.70 cm or 1.06 inches. 
Kasane : 0.65 cm or 0.25 inches.
The weight of the sword: 290 grams.
Era : Edo period. Around Kanbun era.
Shape : Kanmuri Otoshi Style Tanto. It reminds of Naginata.
Thick and egular width tanto.
Jigane : Ko Itame Hada well grained. This is blackish Kokkoku Jigane.
Hamon : Nie Deki, wavy Hamon with rather thick Nioikuchi.
In the Ha, the are Sunagashi and Kinsuji. Boshi is Hakikake and Yakizune style.

Special feature: Echizen Koku Shimosaka Tsuguhiro. He also called as Omi Kami. He was active in Edo and Omi province. The shape is very rare.
There is a number of Tanto in Muromachi peirod.
But in Edo period, the Tanto manudactured is remarkably decreased.
It is very presious that the Tanto was made in Edo period.
We strongly recommend this Tanto for you.

Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.