カテゴリー: 
開始価格: 
¥500,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥500,000
1579051800
入札数 : 
1

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣鑑定書)

銘:備州長船忠光 文明十二年二月日

末古刀:上々作:良業物:備前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は備州長船忠光としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重ハバキ
刃長:51.51センチ
反り:1.21分 
目釘穴: 2個
元幅:2.52センチ
先幅:1.94センチ
重ね:0.57センチ
刀身重量:410グラム
時代:室町時代文明の頃 1480年
体配:茎の短い身幅、重ね尋常で反りが深い切先が大きく延びた体配の良い作品で所謂片手打ちと称する作品、表裏に棒樋と添樋がある。
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き綺麗な地金に美しい映りが現れる。
刃紋:錵出来互の目乱れに丁字乱れが連なり足、葉が盛んに働き匂口柔らかく刃中、砂流細かな金筋が働く。
帽子:乱れ込んで先掃掛となる。

特徴:備州長船忠光は、五郎左衛門尉則光の子で地金の良さと直刃出来の品格のある刀工として評価されており。
彦兵衛、修理亮等の俗名を切った作品がある。俗名を切らなくても名品が多く室町時代末期の数打ちとは全く異なります。
文明から永正頃迄は極めて精良な地金の刀が多く、片手打ちで茎の短く
反りやや深く切先の延びごころの短めの2尺近辺の刀が多いのは地上戦が多く使い勝手の良いと刀剣が流行したと考えられる。
本作は、刃長70.8センチと長く身幅も広く珍しい。
地金も良く刃中の働きが一段と直刃ながら華やかで、流石名工としての貫禄が充分な刀です。
忠光は、中でも地金が精美な事で知られている。
銘振りから、彦兵衛忠光と鑑せられる作品です。 良業物として知られ上々作に評価された名品です。

拵:
鍔:木爪型赤銅鍔
縁頭:赤銅地に人物の図柄を彫り金で色絵をほどこす。
鞘:黒刻み鞘
目貫: 赤銅地に人物が鶏を抱える図型を高彫りし金の色絵をほどこす。
小柄:赤銅魚魚子地に波に浮かぶ船を来ず人物を高彫りし金の色絵をほどこす。
笄:赤銅魚魚子地に鯉の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:体配が良く地金が良く練れて詰み映りが現れ刃紋も丁字乱れに高低があって葉中の働きも良い作品です。
差裏刃区より15cmの葉中に割れがありますがそれほど苦にはなりません。
拵えは小柄、笄もありきちんとした作品と云えます。

 

Wakizashi in Shirasaya with Koshirae(NBTHK Tokubetsu Hozon Token)

Signature : Bizen Osafune Tadamitsu BUnmei 12nen 2gatsuhi

Sue Koto : Jyo Jyo saku : Ryo wazamono : Bizen

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki :Gold foiled single Habaki. 
Blade length : 51.51cm or 0.59 inches. 
Sori : 1.21 cm or 0.48 inches. 
Mekugi : 2
Width at the hamachi : 2.52 cm or 0.99 inches. 
Width at the Kissaki : 1.94 cm or 0.76 inches. 
Kasane : 0.57 cm or 0.21 inches.
Weight of the blade : 410 grams
Era : Muromachi period bunmei era (1480)
Shape : Width and thickness are moderate, large Kissaki, deep Sori, Bohi carved into both sides, short Nakago.
Jigane : Small Itame-hada with Jinie attached, Utsuri apparent.
Hamon : Nie-deki, Gunome-midare mixed with Choji-midare, Yo and Ashi, deep Nioikuchi, Sunagashi, and Kinsuji.
Boshi : Midarekomi and Hakikake.

Special Feature: Bishu Osafune Tadamitsu was born to Gorozaemon Norimitsu,
his swords are well-known for its beautiful Jigane and elegant Suguha.
His swords are in way better quality than Kazu-uchi swords by other swordsmiths in Bizen province.
Judging from the signature this sword is attributed to Hikobei Tadamitsu, he was rated at Ryo-wazamono and Jyojyo-saku.

Koshirae : 
Saya : Black Kizami Saya.
Tsuba : Mokko shaped Shakudo Tsuba.
Menuki : Shakudo Menuki with a person with a chicken motif.
Kozuka : Shakudo Nanakoji Kozuka with a ship design. 
Kogai : Shakudo Nanakoji Kogai with a carp design.

From Aoi- Art: The shape of the sword is nice, the Jigane is grained very well, the Hamon is undulating. 
There's a Kitae-ware in the Hamon, 15cm above the Hamachi but not so serious.
The Bizen swords made from Bunmei to the Eisho era often have nice and beautiful Jigane like this sword. 
This sword long and wide for a sword made the Bunmei era.