カテゴリー: 
開始価格: 
¥300,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥300,000
1573347600
入札数 : 
1

脇差:白鞘入り
銘:豆州三嶋住湧水心貞吉謹作(無鑑査刀匠)昭和己未八月日               

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は湧水心貞吉としては上々作にランクされる作品です。

研磨済み
ハバキ:金着一重 
刃長:54.7センチ
反り:1.3センチ
目釘穴:1個
元幅:3.05センチ
先幅:2.42センチ
重ね:0.7センチ
刀身重量: 590グラム
時代:昭和54年(1979年)
体配:身幅が広く重ね厚く反り適度に付き切先が延びたがっしりとした作品。
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き綺麗な澄んだ地金となる。
刃紋:刃区より直刃、その先匂口の深い互の目乱れとなり刃中、砂流、金筋が盛んに働く。
帽子:表裏一枚風となり掃掛となる

特徴:湧水心貞吉は本名を榎本貞市と称しと刀工銘を榎本貞吉とも称し昭和初期から刀剣を制作し戦時中にはかなり技量を上げて目を見張る作品を制作する。
明治41年に徳島県生まれ榎本吉郎と称し昭和3年大阪に於いて月山貞勝に入門する。
昭和18年、静岡県三島市に移住し湧水心すなわち富士山からの精良な水で刀剣を鍛える所から茎に銘と共にこの湧清水という銘を添える。
月山貞勝門人はキラ星の如くで人間国宝となった高橋貞次と共にその代表刀工として活躍する。
特に注目されるのは月山の特徴である綾杉肌はこの榎本貞吉が完璧のマスターし、それを得意として制作する。
器用な刀工で相州伝、綾杉肌、美濃伝、大和伝等をこなし平成8年に無鑑査に認定される。
平成12年、惜しくも92歳の高齢で亡くなる。

葵美術より一言:湧水心貞吉は大変器用な刀工で月山貞勝に入門するとめきめき実力を上げた刀工として知られ 清麿写しには定評があったと云われております。 
本作は身幅が広く重ね厚くがっしりとした作品で一見すると薩摩の元平、正幸を思わせる匂口の深い互の目乱れを焼いて成功しております。
是非この名品をお勧めしたいと思います。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya 
Signature : Zusyu Mishima Ju Yusyuishin Sadakichi Kinsaku Showa Tsuchinotohitsuji 8 gatsu hi

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo saku ranking.

The blade was polished.
Habaki : Gold foiled single habaki.
Blade length : 54.7 cm or 21.54 inches. 
Sori : 1.3 cm or 0.51 inches. 
Mekugi : 1 
Width at the hamachi : 3.05 cm or 1.20 inches
Width at the Kissaki : 2.42 cm or 0.95 inches
Kasane : 0.7 cm or 0.28 inches
The weight of the sword 590 grams
Era : Showa 54 (1979)
Shape : This is a very wide and thick blade with the moderate Sori and the longer Kissaki.
Jigane : Very clear Koitame-hada is grained well with Jinie attached.
Hamon : Yakidashi is straight but the rest is Gunome-midare. There're Sunagashi and Kinsuji inside the Hamon.
Bosi : Ichimai and Hakikake.

Special Feature : Yusuishin Sadayoshi was born in Meiji 41th(1908) in Tokushima prefecture and moved to Osaka to learn under Gassan Sadakatsu.
In 1943, he moved to Mishima of Shizuoka pref and started making a sword with the spring water from Mt. Fuji, since then he started inscribing "Yusuishin" with his name in the tang of the sword.
With his dexterity, he made many nice reproductions of Soshu-den, Mino-den, and Yamato-den.
He was designated Mukansa at 2000 but just 4 years later he passed away, at the age of 92.

From Aoi Art : Yusuishin Sadayoshi was a very famous swordsmith designated Mukansa, he made swords with spring water from Mt.Fuji.
This sword is wide and thick, this deep Nioikuchi and Gunome-midare looks like that of Motohira or Masayuki from Satsuma province.

Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.