カテゴリー: 
開始価格: 
¥1,000,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥1,000,000
1573348200
入札数 : 
1

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣鑑定書)
銘:備州長船康光 応永三十二年八月日                                 
古刀:末古刀:備前

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は備州長船康光としては上々作にランクされる作品です。

研磨済み
ハバキ:金着一重 
刃長:35.2センチ
反り:0.4センチ
目釘穴:1個
元幅:2.58センチ
重ね:0.48センチ
時代:室町時代応永32年(1425年)
体配:身幅、尋常で表裏に棒樋を彫り平打ちのやや先反りのある作品。
地鉄:板目肌に杢目肌が交り地錵が付き地景が入り独特な応永備前の地金となる。地には之たれて更に刃に沿って棒映りが現れる
刃紋:おおきなのたれに小足が入る物打ちから小互の目に丁字乱れが交り帽子、先尖って返る。

特徴:備州長船盛光は師光の子で修理亮と称し、応永備前の筆頭でその他に康光や師光が活躍する。
その中でも盛光は特に有名で、室町時代初期に活躍する所から応永備前と称されている。 
特に地金の良く練れた美しさは抜群で宝石を見る様な見事な地金を現出している。  
本作は地金が抜群に良く練れて地錵が良く付き地景が激しく入り、映りがあらわれた見事な地鉄といえます。
刃紋は尖りごころが混じる丁字乱れとなり、帽子は尖り御頃に返る
所謂蝋燭の芯を思わせる作品です。是非この名品をお薦め致します。

拵え 一作拵え

鍔:真鍮地に龍の図を高彫りし金の色絵をほどこす。

縁頭:四分一地に人物を高彫りし金銀色絵をほどこす。

鞘:銀地の刻み鞘。

目貫:赤銅地で正月飾りの図を高彫りし金の色絵をほどこす。

美術より一言:備州長船盛光、備州長船康光は室町時代初期の双璧として評価された。
備州長船盛光は比較的乱れ刃が多く康光は直刃出来が多い。
また小振りの作品が多く太刀の制作は少ない。 
本作は備州長船盛光の応永三十二年八月日がある作品です。
滅多に出てこない名作ですので是非御薦め致します。
なを茎は目釘穴1個と珍しく映りも掟通りでご満足頂ける作品と云えます。
拵えは一作拵えで出来が良く刀身と良く似合った作品です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Wakizashi in Shirasaya with Koshirae(NBTHK  Tokubetsu Hozon Token)
Signature : Bisyu Osafune Yasumitsu Ouei 32 nen 8 gatsuhi
Koto : Sue Koto : Bizen

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo-Jyo saku ranking.

The blade was polished.
Habaki : Gold foiled single habaki.
Blade length : 35.2 cm or 13.85 inches. 
Sori : 0.4 cm or 0.16 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 2.58 cm or 1.01 inches. 
Kasane : 0.48 cm or  0.19 inches.
Era : Muromachi period, 32nd of Ouei era (1425)
Shape : This is Hira-zukuri blade with the Bohi on both sides. 
Jigane : Itame-hada mixed with Mokume-hada. It's typical Jigane of Ouei Bizen swords. Bo-utsuri apparent. 
Hamon : Large Notare with small Ashi, small Gunome and Choji are seen on the Monouchi. 
Boshi : Togari.

Special Feature : Bishu Osafune Morimitsu, whose real name is Shurinosuke,  was a son of Moromitsu.
Among Bizen swordsmiths of the time, he was the one of the most famous smiths.
This excellent Jigane displays Jinie, Chikei, and Utsuri. the Hamon is pointed Choji-midare.

Koshirae:
Tsuba : Brass Tsuba with the openwork dragon carved.
Saya : Kizami style silver Saya.
Fuchikashira : Shakudo Fuchikashira with the plant and people design.
Menuki : Shakudo Manuki with the fishhead on the leaf design.
Kozuka : Shakudo Nanakoji Kozuka with the man pulling the cow carved.

From Aoi Art : With Morimitsu, Yasumitsu was one of the most well-known swordsmiths in Bizen province during the early Muromachi period.
Yasumitsu left many straight Hamon swords while Morimitsu left wavy Hamon swords. Most of his works are short, his long swords are quite rare.
The Koshirae is very beautiful and matches well with this awesome sword.