カテゴリー: 
開始価格: 
¥2,700,000
上昇単位: 
¥1,000
1570843320
入札数 : 

刀:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:藤原清人作

田野辺先生鞘書:羽刕庄内藩藤原清人 生茎五字銘有之
文久三年頃の製作尚得意の乱れを焼き
申候 地刃共に同工の持ち味を存分に表示せり
長二尺四寸八分余有し 探山邉道識

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は藤原清人としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:75.5センチ
反り:1.5センチ
目釘穴:1個
元幅:3.21センチ
先幅:2.46センチ
重ね:0.8センチ
刀身重量:965グラム
時代:江戸時代末期文久3年頃
体配:身幅が広く重ね厚く長寸で反り適度に付き
切先が延び重量もほぼ1キロとなる豪壮な作品と云えます。
地鉄:小板目肌詰んで地錵が付き綺麗な地金となる。
刃紋:錵出来、匂口やや深めの
丸い互の目乱れとなり足良く入り刃中砂流、金筋が働く

特徴:清人は清麿の末弟子で、清麿一門では
筆頭とも言える実力を誇る著名な刀工である。
文政10年(1827) に出羽(現在の山形県鶴岡市)に生まれ、
嘉永5年(1852)より清麿に師事する。
師匠である清麿が数多くの注文を残して自殺した後、
清麿一門では筆頭であった清人は清麿が生前に受けた注文を
全てやり遂げ、清麿の妻子を養い、借財返済に貢献した。
義理人情に厚い性格であったと考えられる。
慶応3年(1867)に京都に上った清人は、
最高の栄誉となる「豊前守藤原清人」を受領する。
明治3年(1870)には明治天皇に献上する刀を鍛造しています。
明治34年没。

葵美術より一言:仁義に厚い清人は師匠の不義理を丁寧に詫びを入れて
自ら生前に約束をした師匠の注文を総てやり遂げ
清麿の妻子を養い借財返済に貢献したと云われております。
清麿の第一番の弟子で清麿の作品を手伝い、
あの最上級といわれた作品を製作し続けた刀工です。
相州伝の作品から直刃出来更に柾目出来の強い作品を製作しております。
柾目出来の作品はは出身が出羽の出身で仙台國包などの影響を強く受けて
製作したと考えられます。清麿は一切柾目出来の作品は製作していないが
清人は積極的に柾目で木の作品を製作している。
この事実は柾目出来の作品は切れ味に優れるという確信を持っていたと
考えられ更に故郷の柾目出来を好む侍や大名がいたと考えられます。
清人は師匠の清麿風の作品ばかりでなく色々な作品を手描けております。
大和伝、美濃伝等 特に柾目はだは定評が有ります。
清人の名を高めた大きな理由は人間としての思い遣り、正義感、
道徳観を完璧に備えていたと私は考えるのです。
仁義とは(人間の行動規範の根本として孔子の説く博愛を意味する「仁」に
正義を意味する「義」を合わせて最高の徳として孟子の説いたものである。
決してヤクザの挨拶という意味ではありません。
ウイキペディアより引用

時代背景:文久3年5月長州藩が下関で外国艦隊に砲撃を行う
薩英戦争が勃発 文久3年7月2日(1863年8月15日-17日)
薩摩藩とイギリスの間で行われた戦争

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya(NBTHK Tokubetsu Hozon Paper)

Signature: Fujiwara Kiyondo Saku

Tanobe seisei's Sayagaki: Usyu Syonai Han Fujiwara Kiyondo Ubu Nakago 5Mei aru No, 
Bunkyu 3 Nen Tokui No Midare wo Yaki Mousi Sorro Jiha tomoni do-ko no
mochiaji bonbon ni Hyoji seri Length is 2 syaku 4 sun 8 bu.
Explanation. The sword was made at around Bunkyu 3rd Ubu nakago 5 characters.  
He made his strong style midair hamon and fully display his taste of the Hamon and Jigane.

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki :gold wrapped single habaki.
Blade length : 75.5 cm or 29.72 inches. 
Sori :1.5cm or 0.59 inches. 
Mekugi :  1
Width at the hamachi : 3.21cm or 1.26 inches. 
Width at the Kissaki : 2.46 cm or 0.96 inches. 
Kasane : 0.8 cm or 0.31 inches.
Weight of the blade: 965 grams
Era : Late Edo period Bunkyu 3rd.
Shape : The blade is wide and thick with suitable sori and longer kissaki and also heavy (about 1 kg)
Jigane :Koitame had well grained with jinie attach beautiful texture.
Hamon :Niedeki round shape gunome midair hamon with ash sunagasi and also kinsuji work.

Special feature: Kiyondo is the last student of Kiyomaro 
the best sword maker in shinshinto.
He was born in Dewa province (Yamagata pref in today) in 1827.
He started to study under the Kiyomaro in 1852.
After Kiyomaro committed suicide, he left a lot of works from the customers.
His top student Kiyondo forged  all of the swords 
which was ordered by customers to him.
And Kiyondo supported his family’s life and contributed to the debt repayment. 
Therefore we  think  Kiyondo had a deep sense of loyalty and are compassionate.
He was allowed to sign “Buzen no kami Fujiwara Kiyondo” in 1867.
And he forged the blade for Meiji Emperor in 1870. 
He passed away in 1901.

From Aoi Art : He was the first disciple's first disciple and helped with his work.
He was good at Sosyu den style to suguha Masame style strong feeling swords.
He made Masame style is the reason that he was started Nothern part 
of Japan which placa is well known Masame style Jigane 
Kiyomaro didn't make Masame style jigane on the other hand, 
Kiyondo was making Masame hada.
This fact is believed to have been convinced that the work 
that was made by masame  hada  was excellent in sharpness
I think that the main reason for raising Kiyondo's name was 
that he was perfectly equipped with human consideration, justice, and morality.

NBTHK Tokubetsu Hozon Token
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.