カテゴリー: 
開始価格: 
¥170,000
上昇単位: 
¥1,000
1568683800
入札数 : 

脇差:白鞘入り(保存刀剣)

銘:遠江守藤原兼広

新刀:中上作:肥前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は遠江守藤原兼広としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:52.3 センチ
反り:1.5センチ
目釘穴:1個
元幅:3.01センチ
先幅:2.08センチ
重ね:0.62センチ
時代:江戸時代元禄の頃
体配:身幅、重ねしっかりとした体配の良い脇差。
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が付く。
刃紋:小錵出来匂口の深い互の目乱、刃中、砂流盛、金筋が働く。

特徴:兼広は大和大掾兼広の子。元禄十一年に遠江守を受領。
鍋島弥平左衛門嵩就の抱え鍛冶職人となった。
脇肥前とも言われた刀工ですが 良く知られた刀工です。

葵美術より一言:本作は体配の良い姿であり、
地金が精良に練れて美しい地金となる。
本流筋ではありませんが中々良く知られた刀工です。
肥前刀全般に精良な詰んだ小糠肌となるのは
南蛮鉄と和鉄を上手く混ぜ合わせているからではないかと
想像致します。今後の研究が待たれます。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Wakizashi in Shirasaya (NBTHK Hozon Paper)

Mei: Totomi Kami Fujiwara Kanehiro

Shinto: Chujyo Saku: Hizen
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo  Jyo saku  ranking.
The blade was polished.
Habaki :Gold wrapped single habaki.
Blade length(nagasa) : 52.3 cm or 20.59 inches. 
Sori :1.5 cm or 0.59 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.01 cm or 1.18 inches. 
Width at the Kissaki : 2.08 cm or 0.81 inches. 
Kasane : 0.62 cm or 0.24 inches.
Era : Edo period Genroku era.
Shape : Regular width and thickness, nice shape Wakizashi.
Kitae : Koitame Hada well grained with Jinie attach.
Hamon :Konie deki Gunome midare hamon bright and clear.

Special feature : Kanehiro was a son of the Yamato Daijo Kanehiro.
His son is Kanehiro and received the title of Oumi Kami at Genroku 11.
He became a swordcraft man of the Daimyo Nabeshima Yahei zaemon Takatsugu.
He was not mainstream of Hizen school but left nice swords during his life.
 
From Aoi Art : The sword is nice shape Wakizashi.
Totomi Kami Fujiwara Kanehiro was called Waki-Hizen.

NBTHK  Hozon Token.
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.