カテゴリー: 
開始価格: 
¥900,000
上昇単位: 
¥1,000
1562895000
入札数 : 

刀:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:陸奥住固山宗俊
元治元年八月日

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は陸奥住固山宗俊としては上々作にランクされる作品です。
上々研磨済み
はばき:金着二重
刃長:72.1センチ
反り:1.2センチ
目釘穴:1個
元幅:3.11センチ
先幅:2.26センチ
重ね:0.835センチ
時代:江戸時代末期1864年
体配:身幅、重ねしっかりと反りがやや深く付き
切先が延びた体配の良い刀茎が長い
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き綺麗な地肌となる。
刃紋:錵出来丁字乱れ匂口深く足良く働き帽子尖り御頃に返る。

特徴:陸奥住固山宗俊は奥州白川に住し固山宗次の門人として活躍し
白龍子と称し宗次より作刀技術を良く学び、師匠を時には凌駕する作品を
数多く制作したがやがて明治となり、廃刀令によって刀剣の制作を
断念せざるを得なくなった。明治21年、53歳で亡くなる。

葵美術より一言:固山宗俊は固山宗次と銘が1字ことなるだけで
ほとんど変わらない理由は固山宗次の最も重用視した刀工といえます。
事実作風は師匠の作品とほとんど変わらず見事な匂口の深い丁字乱れの作品と云えます。
いやむしろ宗俊の出来が宗次に優る作品とも云えるのです。
惜しくも4年で明治となり廃刀令の為、刀剣の制作を断念しなければならなかったのは
無念であったと推測されます。茎尻も師匠に良く似ており、茎が長いのは戦うという覚悟が
漲っております。江戸時代末期の尊王、攘夷と揺れた慌ただしい時代に
祈る様に精魂を込めて制作された瑕欠点のない素晴らしい作品を是非お求め下さい。
この刀には生刃がかなり残っております。

時代背景: 1864年8月5日(9月5日) 四国連合艦隊下関砲撃事件
この刀が制作された時代背景
幕末に長州藩とイギリス、フランス、阿蘭陀、アメリカ
列強4国との間に起きた攘夷思想に元ずく武力衝突事件

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya(NBTHK Tokubetsu Hozon Paper)

Signature : Mutsu Ju Koyama Munetoshi
Genji gannen 8 gatsu hi (August 1864)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo Saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : Gold foiled double Habaki.
Blade length : 72.1 cm or 28.38 inches. 
Sori : 1.2 cm or 0.47 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.11 cm or 1.22 inches. 
Width at the Kissaki : 2.26 cm or 0.88 inches. 
Kasane : 0.835 cm or 0.32 inches.
Era : Late Edo period. around 1864.
Shape : Regular width and thickness Katana with relatively large Sori.
The Kissaki and Nakago are long.
Jigane : Ko-Itame Hada well grained with Jinie attach.
The Jigane is beautiful.
Hamon : Nie Deki, Choji Midare with thick Nioikuchi and Ashi.
Boshi is Togari Gokoro.

Special feature: Koyama Munetoshi and Koyama Munetsugu are different by one character. 
The reason why Munetsugu regards him as good sword smith.
The facts, his work is mostly the same as his master.
The blade has woundeful Gunome Midare with Nioikuchi.
It might be able to call his blade is better than Mumetsugu.
After 4 years, Meiji period commenced. In 1876 the Haitorei(decrees abolishing the wearing of swords in public) was issued.
He had to give up making the sword. It was mortifying.
The Nakago shape is also looks like his master’s one.
He made the sword with him all soul. The blade is very healthy.
The blade has Ububa.

Histrical background:In 1863 and 1864, The Shimonoseki Campaign.

NBTHK Tokubetsu Hozon Paper
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.