カテゴリー: 
開始価格: 
¥250,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥250,000
1575767400
入札数 : 
1

刀:白鞘入り(保存刀剣鑑定書)
銘:一原長光(昭和)
昭和:戦時中

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は一原長光(昭和)としては上々作にランクされる作品です。

研磨済み
ハバキ:素銅地金色絵一重はばき
刃長:66.9センチ
反り:1.5 センチ
目釘穴:1個
元幅:3,19センチ
先幅:2.29センチ
重ね:0.67センチ
刀身重量: 810グラム
時代:昭和 戦時中
体配:身幅が広く重ね厚く反り適度に付き切先の延びた作品で生刃を4cm程残した健全な作品。
地鉄:板目肌に大板目肌が交り地錵が付き地景が入る。
刃紋:錵出来、小互の目乱れに小丁字が交り足良く刃入り、刃中に砂流、長い金筋が盛んに働く。

特徴:長光は岡山県の刑務所の監視長をしていた江村の招聘で
囚人達の刀剣の鍛練技術を教えるために刑務所内で鍛練を教えた刀工といわれている。
特に江村は岡山刑務所内で同様に鍛練技術を学び銘を切ったとされております。
これらの刀工は当時数多く製作されたが研磨は軍刀研ぎといわれた粗雑な研磨がほどこされていた。
そのため評判も悪く他の粗雑に製作された油焼と称される昭和刀と混同されていた。
最近になり靖国刀の再評価が行われ高価な刀として再認識されるようになりました。
今後は昭和刀も同様に再評価される時代が近ずいていると考えます。
特に江村、長光は出来のばらつきはあるものの地鉄の変化は靖国刀
を超えた面白さのある作品が多く是非お勧めしたいと思います。
今後は入手難となりますし値上がりが期待出来ると考えます。
本作は古作長光写しを思わせる出来で生刃も残り健全な刀です。

葵美術より一言:長光は銘を長光、長光作、市原長光、岡山烏城長光等と銘を切りますが長銘の方が出来の良い作品が多い様に思われます。
本作は地金が特に良く又刃紋は鎌倉時代の長光を写した作品で
乱れた互の目乱れは物打ち近辺迄続きその後直刃調になるのも、良く似せている。
長光としては出来の優れた作品です。将来が楽しみな刀です。
特に刃中に働く長い金筋は良く出来ております。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya(NBTHK  Hozon Token)
Signature : Ichihara Nagamitsu

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyojyo saku ranking.

The blade was polished.
Habaki : Copper gold color single habaki.
Blade length : 66.9 cm or 26.3 inches. 
Sori : 1.5 cm or 0.59 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.19 cm or 1.25 inches. 
Width at the Kissaki :  2.29 cm or 0.9 inches. 
Kasane : 0.67  cm or 0.26 inches.
The weight of the sword  810  grams.
Era : Showa period, wartime.
Shape : The blade is wide and thick, it has moderate Sori and longer Kissaki. 4cm Ububa remains. 
Jigane : Largely-grained Itame-hada with Jinie and Chikei.
Hamon : Nie-deki, small Gunome-midare mixed with small Choji with Ashi, there're Sunagashi and long Kinsuji in places.

Special Feature : Nagamitsu worked at the prison in Okayama prefecture and he taught forging there, the swordsmith Emura learned forging in the prison also.
These swords produced during the war time were not polished properly so that they are often confused with other inferior Showato, the Hamon of which is made by oil tempering.
Like Yasukunito, I think these nice Showato would be acknowledged in the future.

From Aoi Art : Nagamitsu used 3 signatures, Nagamitsu, Nagamitsu-saku, Ichihara Nagamitsu, and Okayama Ujo Nagamitsu. In my opinion, the swords with longer signature are made well.
This sword has nice Jigane. and the Hamon, which has long Kinsuji, resembles Nagamitsu of Kamakura period.

NBTHK Hozon Token 
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.