カテゴリー: 
開始価格: 
¥580,000
上昇単位: 
¥1,000
1560562200
入札数 : 

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:備州長船勝光
永正五年八月日

末古刀:大業物:最上作:備前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は備州長船勝光としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ: 金着二重
刃長:59.3センチ
反り:2.0センチ
目釘穴:1個
元幅:2.90センチ
先幅:1.75センチ
重ね:0.54センチ
刀身重量:485グラム
時代:室町時代永正5年(1508年)
体配:身幅、重ね尋常な反りの深く
切先が延びた体配の良い片手打ちの作品
地鉄:杢目に板目肌が混じり地錵が付き淡い映りが現れる。多少大肌が現れる。
刃紋:錵出来直刃となり帽子丸く返り焼き下げる。

特徴:備州長船勝光は文明頃初代として7代続く備前の
名門の刀工群であり本作は裏銘から初代と鑑せられる作品である。
文明頃にはかなりの刀剣が中国に輸出されたといわれる。
室町時代の戦乱の時代を戦地で大量の刀剣が鍛刀した。
当時作刀された刀剣はすべて地金が精良で末期の地金とはかなり異なります。
六郎左衛門祐光の長男右京亮勝光で弟は左京亮勝光と称し数多くの
名作を残している。本作は所謂仕入打と称される作品であるが(俗名が
ない為)出来は念入りに制作された作品と遜色がない。
地金が良く刃紋も丁寧に制作され初代長船勝光の作品を充分味わえる作品であります。

拵:
鍔:楕円形の赤銅石目地に梅の花を高彫りし金の色絵をほどこす。
縁頭:赤銅地に松葉の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘
目貫:飛び回る馬の図柄を金と赤銅で彫る

葵美術より一言:室町時代中期になると戦闘方法が地上で戦う方法となり
扱い易い片手打ちと称する短めの刀を使用する様になりました。
茎が短く反りが深い60cm前後の作品となり
備前物の勝光、則光、祐定等は典型で片手打ちの作品となります。
本作は永正時代の勝光の作品です。
多少時代の経過で地金にやや疲れが見えますが
最上作として評価された出来は未だに保有し貫禄のある作品と言えます。
拵えも状態が良くきちんとした作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

Wakizashi in Shirasaya with Koshirae.(NBTHK Hozon Paper)

Signature : Bishu Osafune Katsumitsu
Eisho 5 Nen 8 Gatsu Hi (August 1508)

Sue Koto: O Wazamono: Saijyo Saku: Bizen
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : Gold foiled double habaki.
Blade length : 59.3 cm or 23.34 inches. 
Sori : 2.0 cm or 0.78 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 2.90 cm or 1.14 inches. 
Width at the Kissaki : 1.75 cm or 0.68 inches. 
Kasane : 0.54 cm or 0.21 inches.
The weight of the sword  485 grams.
Era : Muromachi period around Eisho era.(1508)
Shape : Regular width and thickness Wakizashi with large Sori.
Jigane : The mixture of Mokume and Itame. There are Utsuri.
There are some O-Hada.
Hamon : Nie Deki, Suguha. Boshi is round Yakisage style.

Special feature: The founder of Bisyu Osafune Katsumitsu started
Ouei era to Eisyo. We can say that This blade is first generation 
because of the Uramei.
It is said at Bunmei era, Japan exported a lot of Japanese swords to 
China. He was a son of Rokuro zaemon Sukemitsu and called Ukyo suke 
Katsumitsu and his young brither Munemitsu is also quite well known 
sword smith.
This blade is called shiireuchi but both the Hamon 
and also Jigane are quite well done.

Koshirae : 
Saya : Black Roiro Saya.
Tsuba : Shakudo Ishimeji Tsuba, Ume flower is engraved with gold color.
Menuki : horse is engraved with gold and shakudo.
Fuchikashira: Shakudo, pine tree is engraved with gold color.

From Aoi Art: In Middle Muromachi period, the battle field has shifted to 
the earth field and many have been fought with Katate-Uchi(One handed) work.
Bizen Katsumitsu, Norimitsu and Sukesada are typical Katate Uchi blade.

During Eikyo period, Sukemitsu has been active. 
It is exceptional shape with nice Jigane.
This Wakizashi is over 500 years. 
This blade showing oldness. The Koshirae is also nice.

NBTHK Hozon Token 
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.