カテゴリー: 
開始価格: 
¥1,500,000
上昇単位: 
¥1,000
1565832600
入札数 : 

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:無銘(古三原)

古刀:
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(古三原)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:金着二重
刃長:70.2センチ
反り:1.8センチ
目釘穴:5個
元幅:3.18センチ
先幅:2.24センチ
重ね:0.58センチ
時代:鎌倉末期から南北朝
体配:大摺上げ無銘の刀で身幅が広く重ね厚く
がっしりとした作品で反り深く切先が大きく
延びた体配の豪壮な出来。
地鉄:板目肌の杢目肌が混じり地錵が良く付き
肌目が良く見て取れ黒味のする北国の地金で淡い映りが現れる。

差表の物打付近に針で突いた様な錆があり、その周辺に多少の擦れ瑕がございます。
刃紋:錵出来直刃、小足が良く入り匂口柔らかく帽子丸く先、掃掛となる。

特徴:古三原は鎌倉時代末期より南北朝期にかけて、備後國三原の地に繁栄した刀工の総称で、
正家、正広らはその代表工であり、一派の流れは室町末期に及んでいる。
この地方には東寺や蓮華王院など大和中央の社寺の荘園が多く、三原派の作風に大和気質が窺えるのは
こうした畿内中央との交流によるものと推測される。その作風は前述の如く、
大和気質が色濃くあらわれるものであるが、大和本国の物に比べては地刃の沸が弱いのが一般的で、
鍛えには白け映りが立ち、まま板目の中に杢が目立って肌立ち、また匂口がしまりごころとなり、帽子も穏やかなのが特色と言える。
この刀は身幅が広く重ねが厚めで、中切先が延び心となった手持ちの重い頑健な造り込みを呈し、
板目に杢や少しく流れた肌合いを交えてやや肌立つ鍛えに、白気映りが立ち、
刃紋は匂口柔らかく直刃を基調として小互の目等が交じり、小沸が付き、刃縁がほつれる等
古三原の特色を良くあらわしている。また帽子は頻りに掃きかけて、刃縁も働いており、
ここにも大和気質が色濃く示されているが、とりわけ返りがやや長めとなっている点には、
一派の特徴が窺われ、覇気の感じられる作柄に仕上がっている。
健全にして出来が良く刃中には細かな働きも見て取る事ができる。刃長、元幅、重ね共に整って姿が良い。

拵:
鍔:木爪型鉄鍔に雲と思われる図柄を高彫りし
金の色絵を布目象嵌をほどこす。若芝鍔
縁頭:鉄地に文様を金で色絵をほどこす。
鞘:朱と黒の石目地に印籠刻みと通常の刻み鞘をほどこす。
目貫:金無垢?で伊勢エビの図柄を高彫りする。
小柄:鉄地に矢と矢の根と文を高彫りし金の色絵をほどこす。
特に矢に文を付けた作品は極めて珍しく興味が尽きません。
小刀:河内守国助と銘がある。

葵美術より一言:本作の古三原は豪壮な体配で長く
愛刀家で大切に保存されてきました。
体配が豪壮でしっかりとした作品ですので是非お求めください。
拵えもしっかりとしたあ出来の良い作品で瑕等はございません。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya with Koshirae.(NBTHK Tokubetsu Hozon Paper)

Signature : Mumei(unsigned) attributed as Komihara.

Koto:
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki :gold wrapped double habaki.
Blade length : 70.2 cm or  inches. 
Sori :1.8 cm or  inches. 
Mekugi : 5
Width at the hamachi : 3.18 cm or  inches. 
Width at the Kissaki : 2.24 cm or  inches. 
Kasane : 0.58 cm or  inches.
Era : Late Kamakura to early Nanbokucyo. 1334.
Shape : The blade is oo(big) suruage mumei(cut shortened) wide 
and thick with deep sori and longer kissaki gorgeous blade.
Jigane :Itame hada and mokume hada mixed with jinie attach, 
blackish well grained blade and also thin Utsuri appear on the surface.

On the Sashi-Omote side, there is a tiny rust like the point of a needle and there are some scratches around there.
Hamon :Niedeki suguha with small ashi and soft feeling nioikuchi.
Bo-shi is Hakikake style.

Special feature:Ko-mihara is the name of a swordsmith group lived in Mihara of Bingo province prospered 
around the last Kamakura to the last Muromachi period. Masaie and Masahiro are the representative swordsmiths 
of this school. Distinctive points of their swords are shirake-utsuri and slight masame pattern 
on the jitetsu, hotsure and uchinoke on the hamon and round boshi though the comprehensive style 
resembles to the Yamato School's and neighboring Aoe School's. 
The reason why Yamato School influenced to this School is that there were many shoen; manor 
in medieval Japan especially owned by Buddhist temples or Shinto-shrines in Yamato province. 
This katana shows a robust feature: relatively wide Mihaba and thick kasane as 
a Koto and its longish kissaki. It makes a well-balanced proportion.
Jitetsu bears shirake-utsuri and Suguha-hamon includes feeble gunome-midare in places.

Koshirae : 
Saya :upper part of the saya is red color isimeji kizami saya,  lower part 
of the saya was black ishimeji saya and engraved inure kizami.
Tsuba :Mokko style iron stub, clouds design in engraved with gold nunome zogan (inlay)  Jyakushi school.
Menuki : Gold lobster is engraved.   I think solid gold.
Fuchikashira:On the iron platre some designe is engraved.
Kozuka: On the iron arrow and Yajiri iare engraved with a letter on the arrow. 
This designe is very unique and interesting.
Kogatana. the signature is mentioned as Kawachi Kami Kunisuke. not guarantee.

From Aoi Art: This sword has a kept by big collector for a long time.
The blade is wide and thick with deep sori gorgeous blade.
Koshirae is quite nice attractive mounting.
We strongly recommend this sword for you.

NBTHK Tokubetsu Hozon Token 
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.