カテゴリー: 
開始価格: 
¥681,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥681,000
1568511300
入札数 : 
35

刀:白鞘入り
銘:阿州御所住正春造 平成九年春吉日    

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は阿州御所住正春としては最上作にランクされる作品です。

研磨済み
ハバキ: 金着二重  
刃長:73.8センチ
反り:2.5センチ
目釘穴:1個
元幅:3.7センチ
先幅:2.57センチ
重ね:0.79センチ
刀身重量:1055グラム
時代:現代
体配:身幅3、7cmと広く重ねがっしりとして表裏に棒樋を彫り反りが深く付き切先大きく延びた豪壮な作品です。
地鉄:小板目肌よく詰んで地錵が付き綺麗な地肌となる。
刃紋:匂出来に小錵が付き丁字乱れとなり鮮やかな大房丁字乱れが連なり帽子乱れ込む。

特徴:阿州御所住正春は徳島の刀工で本名樫山登氏と称し入選作を制作しております。
本作は正春の最高傑作刀で無鑑査、人間国宝にも匹敵する作品と言えます。 
特に匂口やや深い丁字乱れの作品は国俊、一文字あたりを狙って制作したと考えられ無鑑査刀匠に何ら劣る作品では無く見事に焼き上げた出来に驚きを禁じ得ません。
堂々とした作品ですので是非お家の宝として保存して頂きたいと存じます。
刀匠が一心不乱に努力を重ねて制作した痕跡が見て取れます。

葵美術より一言:皆様この作品に是非注目下さい。先に触れました様に最上級の作品と云えます。
一般的に無鑑査刀匠となりますと俄に力が抜けてやや劣った作品となる傾向が強いのです。
二字国俊あたりを狙い一心不乱に上を上り詰める希薄がこの作品にはみなぎっております。
地金、刃紋共に相当勉強をなされたと考えます。 その迫力が私達にせまってまいります。
是非お勧めしたい正春の最高傑作をお求め下さい。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya
Signature : Ashu Gosho ju Masaharu tsukuru kore Heisei 9 Haru Kichijitu(made someday in spring, Heisei 9th)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Saijyo saku ranking.

The blade was polished.
Habaki : Gold fold double Habaki.
Blade length : 73.8 cm or 29.05 inches. 
Sori : 2.5 cm or 0.98 inches. 
Mekugi :  1
Width at the hamachi : 3.7 cm or 1.46 inches. 
Width at the Kissaki : 2.57 cm or 1.01 inches. 
Kasane : 0.79 cm or 0.31 inches.
The weight of the sword 1055 grams.
Era : Heisei 9th (1997)
Shape : The sword is very wide and thick, it has the Bohi on both side. It looks very robust.
Jigane : Koitame-hada is grained very well. 
Hamon : Niedeki, small Nie attached, large Choji midare. Boshi is Midarekomi.

Special Feature : Masaharu is a swordsmith in Tokushima prefecture, his real name is Kashiyama Noboru. 
Judging from this deep Nioikuchi and Choji, he tried to make a copy of Kunitoshi or Ichimonji swords. 
I can say that this sword is one of his masterpieces, it is as good as a sword made by a Mukansa or a living national treasure smith.

From Aoi Art : Please give your attention to this sword, it is no less than a Mukansa smith sword.
Generally speaking, Mukansa smiths tend to be not as so competitive as non-Mukansa smiths, in other words, just because a swordsmith is Mukansa, doesn't mean his sword is of high quality.
Masaharu, who made this sword, is not Mukansa but you can see his eagerness and ambition to make a better sword, he must have made efforts to learn Jigane and Hamon a lot.
We really recommend you keep this robust sword as a family heirloom. 

Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.