カテゴリー: 
開始価格: 
¥550,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥550,000
1558227600
入札数 : 
1

刀:白鞘入り

銘:豆州三島住湧水心貞吉造(無鑑査刀匠)
昭和癸丑八月日為山田徳男氏需

現代刀:
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は豆州三島住湧水心貞吉としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:銀二重
刃長:78.8センチ
反り:2.4センチ
目釘穴:1個
元幅:3.47センチ
先幅:2.23センチ
重ね:0.75センチ
刀身重量:875グラム
時代:昭和 現代 1973
体配:身幅が広く長寸であり重ねやや厚く
表裏に棒樋を彫り反り深く付き切先延びる
地鉄:小板目肌に小杢目肌が混じりよく煉れ、
仔細に見ると沸き上る様な地景が働き地錵が付き
見れば見る程肌目が見えてくる作品です。
刃紋:錵出来直刃調に小互の目が刃入り足、葉が盛んに働き
打除、二重刃が掛かり刃中、砂流、金筋が盛んに働き
帽子、乱れ込んで丸く返る。刃に沿って金筋が働く

特徴:貞吉は榎本貞市と称し明治41年に徳島県生まれ、昭和3年、
大阪の月山貞勝に師事する。昭和18年、静岡県三島市に移住し戦時中、
数多くの刀剣を制作する。
新作名刀展において数多くの入選を経て、平成8年に無鑑査に認定される
一時人間国宝に選ばれると思われていた刀工である。
銘に「湧水子」、「湧水心」と打ち自ら綺麗な沸水を使用して刀剣を制作
したと考えられる。

葵美術より一言:無鑑査刀匠として名を馳せた貞吉は三島の刀工で
月山貞勝の弟子として手伝い恐らく代作も多く手がけた刀工であります。
作は月山肌と言われる綾杉肌を初め大和伝、備前伝相州伝などを制作し
多くの愛刀家より人気のある刀工です。本作は一見しますと
古作写しの作品で大和の尻懸当たりに見える作品です。
何でも上手にこなす技量の高さには脱帽してしまいます。
是非無鑑査として評価された作品を是非お求めください。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya 

Signature : Doshu Mishima Ju Yusuishin Sadayoshi Zo (Mukansa)
Showa Mizunoto-Ushi 8 Gatsu Hi Tame Yamada Tokuo Shi Ju
Explanation: This blade was made for Mr. Yamada Tokuo in August 1973.

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to yo Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : Gold foiled single habaki.
Blade length : 78.8 cm or 31.0 inches. 
Sori : 2.4 cm or 0.94 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.47 cm or 1.36 inches. 
Width at the Kissaki : 2.23 cm or 0.87 inches. 
Kasane : 0.75 cm or 0.29 inches.
The weight of the sword  875 grams.
Era : modern times 1973.
Shape : Wide and rather thick blade with large Sori.
Long Katana. There are Bo-Hi on both side of the blade.
Jigane : Ko Itame Hada and Ko Mokume Hada well grained with Jinie attach.
There are Chikei.
Hamon : Nie Deki, Suguha base, Ko Gunome Midare.
There are many Ashi, Yo, Uchinoke, double Ha. In Ha, there are Sunagashi and Kinsuji. Boshi is Midarekomi round shape.

Special feature: Sadayoshi was a modern swordsmith
in Tokushima prefecture. He was born in 1908. 
In 1928, he started to study forging under Gassan Sadakatsu.
In 1943, he moved to Mishima of Shizuoka prefecture 
from Tokushima prefecture, and he moved many swords while World War 2.
He has gotten Nyusen prize many times,
and he became a Mukansa swordsmith in 1996.
“Yusui” of his signature means clear springwater. 
And so, he might use clear springwater for making swords.

From Aoi Art: Sadayoshi was highly renowned throughout as a great sword smith.
He was a student of Gassan Sadakatsu. He helped his work.
At a galnce, this blade looks like Yamato Shikkake.
We recommend this Katana for you.

AOI ART estimation Paper : whole Oshigata.