カテゴリー: 
開始価格: 
¥550,000
上昇単位: 
¥1,000
1568856180
入札数 : 

刀:白鞘入り

銘:肥後国住赤松太郎兼裕作
丙寅五月吉日

現代刀:
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は肥後国住赤松太郎兼裕としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ: 銀一重
刃長:73.0センチ
反り:1.8センチ
目釘穴:1個
元幅:3.44センチ
先幅:3.06センチ
重ね:0.72センチ
刀身重量:940グラム
時代:現代(1986)
体配:身幅が広く重ね厚く反りやや深く付き
大切先の豪壮な体配をした作品です。
地鉄:板目肌良く練れて地錵が付き細かな地景が入り肌立つ
刃紋:小錵出来丁字乱れに足が良く入り
刃中、砂流、細かな金筋が働く
帽子;互の目乱れその先尖って返る。

特徴::赤松太郎兼裕の本名は木村馨と称し、昭和36年に熊本で生まれ、
熊本県八代市に於いて制作されておられます。
特に清麿写しの作品が多く、出来は豪壮な身幅広く
大切先となる作風は海外からも注目を浴びておられます。
新作刀展に於いては優秀賞、努力賞を獲得しております。
兄弟には兼嗣、兼照がおり、自家製鉄で刀剣を制作している為
通常の刀剣博物館で制作したたたら製鉄とはかなり
異なり黒味を帯びた九州地金となります。
常に前を見つめて制作する努力の結晶といって良い作品で
研磨も良くなされている見事な作品です。
身幅広く大切先の豪快な作品を是非御薦め致します。

葵美術より一言:肥後国住赤松太郎兼裕は自家用に制作された、
たたら製鉄の地金を使用して制作する為に
一般の刀工が制作する作品とは明らかに異なり肌立つ古さを感じさせる出来が多い。
本作は大切先の堂々とした作品となります。
豪壮で大切先の作品は少なく清麿写しの作品を良くみますが本作も同様な出来です。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya

Signature : Higo Koku Ju Akamatsu Taro Kanehiro Saku
Kanoe-Tora 5gatsu Kichijitsu(May 1986)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo Saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : Gold failed single Habaki.
Blade length : 73.0 cm or 28.74 inches. 
Sori : 1.8 cm or 0.70 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.44 cm or 1.35 inches. 
Width at the Kissaki : 3.06 cm or 1.20 inches. 
Kasane : 0.72 cm or 0.28 inches.
The weight of the sword : 940 grams.
Era : modern times.(May 1986)
Shape : It is wide and thick blade with long kissaki. 
It is magnificent shape piece.
Jigane :Itame hada well grained with jinie attached. 
It is flawless well grained jigane
Hamon : Nie base gunome midare with ashi well attached. 
It is very fine sunagashi and kinsuji work.

Special feature: Akamatsu Taro Kanesuke, his real name Kimura Karu,
was born in Showa 36th year at Yashiro city, Kumamoto prefecture. 
He has imitated many swords from Kiyomaro. 
Most are wide and long kissaki swords which is seen from overseas too. 
He has received award of excellence and award of effort at Shinsakuto exhibition. 
He has brothers Kanetsugu and Kaneteru and make steel at there own way 
which is unlike that of the tatara iron that is made in the sword museum. 
It is dark Kyushu jigane. It is well polished sword and made with many effort. 
We could say that it is a masterpiece.
It is wide and thick long kissaki magnificent katana. We recommend this piece.

Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.