カテゴリー: 
開始価格: 
¥620,000
上昇単位: 
¥1,000
1557193200
入札数 : 

刀:白鞘入り(特別保存刀剣)(委託品)

銘:無銘(石州貞綱)

鞘書:長谷部国重 東条氏秘蔵一也 健全無叱傑出作
刃長二尺三寸有之
昭和巳酉年弥生吉日 寒山誌(花押)(1969)

古刀:末古刀:
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(石州貞綱)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:金着一重
刃長:70.5センチ
反り:1.4センチ
目釘穴:2個
元幅:2.89センチ
先幅:2.29センチ
重ね:0.75センチ
時代:南北朝時代
体配:大摺上げ無銘で表裏の棒樋を彫り
身幅重ね尋常な反りの深い大切先の体配の優美な作品です。
地鉄:板目肌に大板目肌が混じり黒味のある肌立つ北国地金となる。
刃紋:錵出来、丸みを帯びた互の目乱れが刃区より切先に至迄続き
刃中、砂流。金筋が働く
帽子、乱れ込んで金筋が刃に沿って現れ切先尖りごころに返る。

特徴:初代石州貞綱は、古来本阿弥家により相州正宗十哲の一人に
数えられた名工直綱の子と云われる。石州(現在の島根県)は
古来より製鉄が盛んに行われ良質の鉄を産出し、一派は同地で大いに繁栄した。
貞綱は三代を数える。本作は身幅、重ね共にしっかりと反りのある
素晴らしい作です。本作はその初代の作品と考えます。

葵美術より一言: 石州直綱のである貞綱は南北朝時代に
活躍した刀工で特徴としては丸みのある互の目乱れを焼き
地金が肌立つ作品が多い。本作は黒味のする肌立った作品に
丸みの有る互の目乱れを焼き上げ石州貞綱の特徴を良く表しております。
鞘書では寒山先生が長谷部と記載されておりますが皆焼とは受け入れがたく
石州物として鑑定がなされております。
肌物のお好きな方には出来も良く健全であると考えます。
古刀らしい作品で地金及び刃紋は極めて良く出来た作品で
更に健全でもありますので是非御薦めしたい出来です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

Katana in Shirasaya(NBTHK Tokubetsu Hozon Paper)(consignment sale)

Signature : Mumei(unsigned) attributed as Sekishu Sadatsuna.     

Sayagaki: Hasebe Kunishige,
This blade had been kepy by Tojo. Masterpiese.
Blade length is 70.5cm.
In March 1969, written by Dr. Kanzan.

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo Saku ranking.
The blade was polished.
Habaki :Gold wrapped single habaki.
Blade length : 70.5 cm or 27.75 inches. 
Sori : 1.4 cm or 0.55 inches. 
Mekugi : 2
Width at the hamachi : 2.89cm or 1.13 inches. 
Width at the Kissaki : 2.29cm or 0.90 inches. 
Kasane : 0.75 cm or 0.29 inches.
Era : Nanbokucho period.
Shape :The blade is oosuriage mumei (cut shoortened) 
and rather wide and thick with deep sori 
and long kissaki nice looking shape. 
Jigane :Itame had and ooitame had mixed with jinie attach and chikei work
blackish and visible to see the texture well.
Hamon :Ni edeki round gunome midair work 
from the hamachi area to the kissaki area with ashi. 
Boshi is midarekomi with kinsuji along with hamon 
and togari gokoro turns back.

Special feature: It is generally believed that Sadatsuna the First was 
a son of Sekisyu Naotsuna. Naotsuna has been counted among 
Masamune-juttetsu, the best brilliant ten pupils of Masamune in Soshu. 
Sekishu province, present Shimane pref. had been prospered 
by exporting iron. Using good quality iron, 
the clan forged excellent swords for generations. 

From Aoi Art :Sekisyu Naotsuna was a son of the Naotsuna and he made round 
style gunome midair with blackish visible to see the texture 
well which is called Hadamono. 
acording to the Kanzan sensei's sayagaki, the blade is Hasebe Kunishige but I think the hamon is different.
The blade is healthy and wild feeling Jigane and Hamon.
We recommend this active sword for you.

AOI ART estimation paper: NBTHK Tokubetsu Hozon Token
whole Oshigata.