カテゴリー: 
開始価格: 
¥5,000,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥7,002,000
1558662000
入札数 : 
19

大小:

-----------------------

大:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:上総介藤原兼重
(金象嵌)寛文七年卯月(4月)廿二日 山野勘十郎久英(花押)二ツ胴切落

新刀:上作:良業物:武蔵
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は上総介藤原兼重としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:重 金着二重
刃長:2尺3寸8分(72.12センチ)
反り:5分(1.5センチ)
目釘穴:1個
元幅:3.24センチ
先幅:2.19センチ
重ね:0.70センチ
刀身重量:835グラム
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅が広く重ね厚く反りやや浅く
切先尋常な寛文新刀の体配をした作品です。
地鉄:小板目肌実に良く練れて地錵が付き美しい地金
中でも虎徹を思わせる詰んだ地金となる。
刃紋:刃区より錵出来直刃でその先丸みを帯びた
互の目乱れとなり足良く入り細かな砂流、金筋がかかり
帽子、丸く返る。

特徴:上総介藤原兼重は武蔵の刀工。寛永の初めに江戸に移住し、
寛永三年(1626)に和泉大掾を受領。のち和泉守に転じた。
藤堂和泉守高虎に仕え上総介に改めたともいう。初代は万治の初め頃死去し、
二代は仙台、勢州(現在の三重県)阿濃津でも作刀した。
三代は仙台藩主伊達綱村が元禄三年(1703)に上総介となり、
仙台、宇和島、一関などの三藩からの注文には上総守と切らず和泉守と切る。
切味に優れる良業物で、重要刀剣指定の刀剣はかなりある名工である。
剣豪として名高い宮本武蔵の愛刀が上総介藤原兼重であったと言われる。
また、刃取りの特徴は虎徹と良く似ており、覇気の有る作風である。

葵美術より一言:上総介藤原兼重は和泉守藤原兼重と
過去同一人物と言われておりましたが最近では和泉守藤原兼重の
実の子か弟子であろうついう説が有力となっております。
銘は殆ど変わらず私見では同人物かも知れません。
虎徹とは何らかの関係があり作風が良く似ております。

 

-----------------------

小:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:上総介藤原兼重
(金象嵌)寛文十二年七月十二日 山野勘十郎久英(花押)二ツ胴切

新刀:上作:良業物:武蔵
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は上総介藤原兼重としては上々作にランクされる作品です。
上研磨済み
ハバキ:重 金着一重
刃長:1尺9寸 57,6センチ
反り:3分5厘  1.06センチ
目釘穴:1個
元幅:3.12センチ
先幅:2、13センチ
重ね:0、63センチ
刀身重量:585グラム
時代:江戸時代漢文の頃
体配:身幅が広く重ね厚く反りやや浅く
切先が延びた寛文新刀の体配をした作品です、
大小の大と比較するとこの脇差は長さが長めでほぼ刀のサイズです。
地鉄:小板目肌実に良く練れて地錵が付き
美しい地金中でも虎徹を思わせる詰んだ地金となる。
刃紋:刃区より錵出来直刃でその先丸みを帯びた
互の目乱れとなり匂口が深く付き足良く入り
刃縁柔らかく細かな砂流、金筋がかかり帽子、丸く返る。

特徴:上総介藤原兼重は武蔵の刀工。寛永の初めに江戸に移住し、
寛永三年(1626)に和泉大掾を受領。のち和泉守に転じた。
藤堂和泉守高虎に仕え上総介に改めたともいう。初代は万治の初め頃死去し、
二代は仙台、勢州(現在の三重県)阿濃津でも作刀した。
三代は仙台藩主伊達綱村が元禄三年(1703)に上総介となり、
仙台、宇和島、一関などの三藩からの注文には上総守と切らず和泉守と切る。
切味に優れる良業物で、重要刀剣指定の刀剣はかなりある名工である。
剣豪として名高い宮本武蔵の愛刀が上総介藤原兼重であったと言われる。
た、刃取りの特徴は虎徹と良く似ており、覇気の有る作風である。

葵美術より一言:上総介藤原兼重は和泉守藤原兼重と
過去同一人物と言われておりましたが最近では和泉守藤原兼重の
実の子か弟子であろうついう説が有力となっております。
銘は殆ど変わらず私見では同人物かも知れません。
虎徹とは何らかの関係があり作風が良く似ております。
大小共に金象嵌銘がほどこされ山野勘十郎久英の
二つ胴裁断銘が見事にほどこされている。
めったに出てこない大小セットの金象嵌銘銘の作品です。 
まずは滅多に出てこない作品ですので是非お求めください。
裁断銘とは大名家からの依頼によって切り手による裁断が行われ
裁断した証拠として茎に金で象嵌するのです。
この裁断銘の金額は非常に高価と云われました。
その為、軽々しく注文は出来なかったと言われております。

-----------------------

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定:全身押し形

 

Dai Sho :

---------------------

Dai : Katana in Shirasaya(NBTHK Tokubetsu Hozon Paper)
 
Signature : Kazusa Suke Fujiwara Kaneshige.
(Gold inlay) Kanbun 7Nen Uzuki 22 Hi Yamano Kanjuro Hisahide(Kao) 2 tsu Do Kiriotoshi.

Sword cutter Yamano Kanjuro Hisahide succeeded to cut 
two bodies on April 22,1668.

Shinto: Jyo Saku: Ryo wazamono: Musashi
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to yo Jyo -Jyo Saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : Gold failed double habaki.
Blade length : 72.12 cm or 28.4 inches. 
Sori :1.5 cm or  0.6 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.24 cm or 1.276 inches. 
Width at the Kissaki :  2.19cm or 0.862  inches. 
Kasane : 0.7 cm or 0.28 inches.
The weight of the sword  835 grams.
Era : Edo Kanbun era.
Shape : The blade is wide and thick
with suitable sori and longer kissaki.
Jigane :Koitame had well grained with jinie attach 
and small chikei work like reminding Kotetsu.
Hamon :From the hamachi, suguha start and then Gunome midair 
and round head of gunome with ash, sunagashi and also small kinsuji work.

Special feature:Kazusa (No) Suke Fujiwara Kaneshige was a swordsmith 
of Musashi province. He served for the Todo family and also forged sword
in Sesshu province, present Mie pref. His sword is very sharp and ranked 
at Ryo-wazamono. It is said that a great swordsman Musashi Miyamoto
treasured Kaneshige's katana. The distinctive feature appears 
on highly-spirited temperline resembled to Kotetsu.

---------------------

Sho : Wakizashi in Shirasaya (NBTHK Tokubetsu Hozon Paper)

Signature : Kazusa Suke Fujiwara Kaneshige.
( Gold inlay) Kanbun 12 Nen 7 Gatsu 12 Nichi
Yamano Kanjuro Hisahide(Kao) 2 tsu Do Kiriotoshi.

Sword cutter Yamano Kanjuro Hisahide succeeded to cut two bodies 
on July 12, 1672.

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to yo Jyo -Jyo Saku ranking.
The blade was polished.

Habaki : Gold failed single habaki.
Blade length : 57.6 cm or 22.7 inches. 
Sori :1.06cm or 0.417 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.24 cm or 1.28 inches. 
Width at the Kissaki : 2.19cm or 0.86 inches. 
Kasane : 0.7 cm or 0.276 inches.
The weight of the sword  585 grams.
Era : Edo Kanbun era.
Shape : The blade is long size wakizasi almost sword length 
and wide ,thick with suitable sori and longer kissaki.
Jigane :Koitame hada well grained with jinie attach 
and small chikei work like reminding Kotetsu.
Hamon :niedeki deep suguha with soft ash deep nioikuch 
and then rather bigger gunome midair continued to the Kissaki area 
with deep nioikuchi and habuchi.  
Boshi is like snake's head round shape.

Special feature:Kazusa (No) Suke Fujiwara Kaneshige was a swordsmith 
of Musashi province. He served for the Todo family 
and also forged sword in Sesshu province, present Mie pref. 
His sword is very sharp and ranked at Ryo-wazamono. 
It is said that a great swordsman Musashi Miyamoto treasured 
Kaneshige's katana. The distinctive feature appears 
on highly-spirited temperline resembled to Kotetsu.

From Aoi Art : Before Kazusa Kami Kaneshige was reported 
as sama as Izumi Kami Kaneshige but recently some well known 
sword judge says Izumi Kami Kaneshige was a son 
or student of his master. The signature is almost as same as 
his master Izumi Kami. Probably some relationship between Kotetu 
and Kaneshige because the blade is similar with them.
This daisyo set of Kaneshige with Kinzogan mei is high 
quality blades and cutting test is very precious.
We strongly recommend this set of kaneshige.
  
---------------------

NBTHK Tokubetsu Hozon Paper
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.

大(刀)Dai (Katana)

-----------------------
小(脇差) Sho (Wakizashi)