カテゴリー: 
開始価格: 
¥1,200,000
上昇単位: 
¥1,000
1570671000
入札数 : 

刀:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:無銘(伝 中島来)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(伝 中島来)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着二重
刃長:2尺4寸1分5厘(73.2センチ)
反り:3分5厘(0.97センチ)
目釘穴:3個
元幅:3.20センチ
先幅:2.37センチ
重ね:0.73センチ
時代:南北朝時代
体配:大摺上げ無銘で表裏に棒樋を彫り長寸で
切先の延びた南北朝時代の体配をしたしっかりとした作品
地鉄:杢目肌に小板目肌が混じり地錵が付き地景が入る。
精良な地金となる。
刃紋:小錵出来、直刃、刃縁が柔らかく
刃中、煙る様な朝霧を思わせる品格のある作品
帽子: 丸く返る。

特徴:来国長は、来国俊の門人でその後、摂津国中島に
移住した事から中島来と呼ばれています。
南北朝時代に活躍し、出来は来国俊とはやや趣きが異なり、
信国に似た作品が多いが本作は一見すると来國俊を思わせる出来で
品格のある地金と刃紋を表し刃中に働く足、葉は見事です
瑕、欠点のない素晴らしい作品で是非御薦めしたい作品です。

葵美術より一言:がっしりとした作品で身幅が広く
帽子は丸く返り地金は良く詰んで地錵が厚く付き地景が入る。
刃紋は見事な直刃で匂口が深く朝霧を思わせる明るく冴えた出来です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya .(NBTHK Tokubetsu Hozon paper)

Signature: Mumei (Den Nakajima Rai)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to ranking.
The blade was polished.
Habaki : Gold foiled double Habaki.
Blade length : 73.2 cm or 28.81 inches. 
Sori :cm 0.97 or 0.38 inches. 
Mekugi :  3
Width at the hamachi : 3.2 cm or 1.25 inches. 
Width at the Kissaki : 2.37 cm or 0.93 inches. 
Kasane : 0.73 cm or 0.28 inches.
Era : Nanbokucho period.
Shape : O-suriage Mumei Katana. 
Bo-Hi on the both side of the blade.
Jigane : The mixture of Mokume Hada and Ko Itame Hada with Jinie attach.
The Jigane is clear.
Hamon : Ko Nie Deki, Suguha. The Habuchi is soft.

Special feature:Rai Kuninaga is a student of Rai Kunitoshi. 
He has moved from Nakajima of Settsu province thus it is called Nakajimarai. 
He has been active during Nanbukucho period. 
The work is different of that of Nobukuni.
This piece is at first glance Rai Kunitoshi because of the fine Jigane and hamon. 
The Ashi and Yo is excellent work. It is flawless nice work.e.

From Aoi Art: The blade is wide and thick.
Boshi is round. The Hamon is nice Suguha and bright.
It reminds of the morning mist.

NBTHK Tokubetsu Hozon Token 
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.