カテゴリー: 
開始価格: 
¥2,200,000
上昇単位: 
¥1,000
1553131200
入札数 : 

脇差:白鞘入り(第41回重要刀剣)

銘:無銘(吉岡一文字)

鞘書:吉岡一文字 薙刀直し 刃長1尺4寸5分
昭和乙丑年(1985)師走於久我山房 勲山誌

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 無銘(吉岡一文字としては最上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:金着二重
刃長:43.9センチ
反り:0.8センチ
目釘穴:2個
元幅:3.05センチ
重ね:0.69センチ
時代:鎌倉時代末期
体配:薙刀直しの作品で身幅が広くがっしりとした作品
地鉄:小板目肌実に良く詰んで地錵が付き映りが見事に現れる。
刃紋:小錵出来、丁字乱れとなり匂口が深く付き
葉縁が柔らかく刃中、砂流、金筋が良く働き
帽子、焼詰めとなる。

特徴:重要刀剣41回に指定された作品で地金が詰んで
映りが立ち匂口の深い丁字乱れが良く詰んだ見事な作品です。
一文字派は長船派と並ぶ備前刀の二大流派の一つである。
則宗を祖とし、一文字の呼称は、茎に「一」と刻むところからきている。
鎌倉時代末期になると福岡一文字が衰退し、替わって吉岡一文字が興り、
南北朝期にかけて繁栄した。福岡、吉岡は地名に由来する。
吉岡一文字は助光、助吉、助義、助茂、助次、助秀らに代表され、
作風は福岡一文字に類する大模様の物は少なく、多くは丁字乱より
互の目が目立ち、逆かかる刃を交えたり、小模様の乱れとなるもの、
また、直刃に足が入る穏やかなものなどが見られる。
この刀は大磨上無銘であるが、上記の特色が良く示され、
吉岡一文字と鑑せられるものであり、特に刃中の金筋、砂流等の
働きが豊富に見られ、出来が良い。

葵美術より一言:一見すると福岡一文字を思わせる作品ですが
やや激しさが少ない為に吉岡一文字に鑑定された作品で
この作品は勲山先生が鞘書きをした作品です。
刃中に働く長い金筋は貫禄のある見事な作品です。
昨今福岡、吉岡一文字の売り物が極端に細ってきております。
是非この作品をお求め下さい。
地金の美しさと刃紋、さらに華やかな匂口の深い
丁字乱れに足の様子、金筋の働きなど見るべき部分が
多く、良く鑑賞出来貴方の鑑賞眼を高める事になるでしょう。

葵美術正真鑑定書:第41回重要刀剣
全身押し形

 

Wakizashi in Shirasaya (41th NBTHK Juyo Paper)

Signature : Mumei(Yoshioka Ichimonji)

Sayagaki: written by Dr. Kunzan in December 1985.
Yoshioka Ichimonji, Naginata Utsushi.
Blade length is 43.9cm. 

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Saijyo saku ranking.
The blade was polished by high ranking polisher.
Habaki :gold wrapped double habaki.
Blade length : 43.9 cm or  inches. 
Sori : 0.8cm or  inches. 
Mekugi : 2
Width at the hamachi : 3.05 cm or  inches. 
Kasane : 0.69 cm or  inches.
Era : Late Kamakura era.
Shape : The blade is Naginata Naoshi style wide and thick,
Jigane :Koitame hada well grained with jinie attach and clear Utssuri appear.
Hamon :Konie deck Nioikuchi deep cyoji midair hamon and Jyuka cyoji midair mixed with soft feeling Habuchi.  
In Hamon, sunagashi and long kinsuji scatter.
Bo-shi is yakizume style.

Special feature:The Ichimonji School had been prospered 
in Bizen province from early Kamakura to Namboku-cho period. 
It is known as one of the two greatest swordsmith groups of Bizen. 
The Ichimonji school is divided broadly into four categories
classical Ko-Ichimonji in the early years, brilliant Fukuoka-Ichimonji 
in the middle period, the Yoshioka-  
Ichimonji andYoshioka Ichimonji  and later period 
and the Katayama-Ichimonji ,Syocyu Ichimonji Many excellent 
swordsmiths participated actively in that period and it is thought  
that Norimune was the founder of Ichimonji School. 
The name “ichimonji" is derived from the Chinese character “ichi" 
to symbolize their signature which means one or the first. 
Some of swordsmithes used another Chinese characters to indicate the signature. 
Clear midare-utsuri on the jitetsu and brilliant  
choji-midare hamon make the truly attractive sword. 
This katana was judged as Yoshioka-Ichimonji school. 
The representative swordsmiths were Sukemitsu, Sukeyoshi and Suketsug

From Aoi Art: At a glance, the blade looks Fukuoka Ichimonji 
but the Hamon is rather calm not very active like Fukuoka Ichimonji.
so the blade was judged as Yoshioka Ichimonji. 
The sayagaki was done by Dr.Kunzan sensei.
Recently it is very hard to obtain Ichimonji school especially 
Fukuoka and Yoshioka both ichimonji. 
We recommend this sword for you and enjoy the Jigane, 
Utsauri and inside of active Cyoji midair hamon and Kinsuji.
Your eyes will be improving a lot.

Aoi Art estimation Paper: 41th NBTHK Juyo Token.
whole Oshigata.