カテゴリー: 
開始価格: 
¥350,000
上昇単位: 
¥1,000
1559092800
入札数 : 

剣:拵え入り(保存刀剣)

銘:無銘(末手掻)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(末手掻) としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
刃長:7寸4分(22.42センチ)
反り:1分(0.3センチ)
目釘穴:1個
元幅:2.31センチ
重ね:0.58センチ
時代:室町時代末期頃
体配:やや大振りの剣ですっきりとした体配の作品
地鉄:柾目肌良く練れて地錵が付き
綺麗な柾の流れた地金で帽子先掃掛る。
刃紋:錵出来直刃ののたれ、二重刃、打除が入り
大和伝の特徴を遺憾なく、発揮している。

特徴:剣の制作は寺社、仏閣で祭礼に使用されたり
祈りを捧げる為の道具として使用されます。
この剣は末手掻として長く使用されてきたと考えられます。
柾目が激しく流れ柾目に沿って地景が黒く
働き又刃紋は手掻の特徴を遺憾なく発揮し
二重刃、打除、砂流,金筋が盛んに働いております。
切先は掃掛ておりまして魅力ある作品と言えます。
刃中の働きが横溢であり健全で瑕、欠点が無い末手掻は
時代も上がり末まで下がらないと考えられます。
是非この素晴らしい剣をお勧め致します。

拵:黒塗合口拵え

葵美術より一言:本作は地に小瑕があるものの、極めて状態も良く
刃中の働きは一段と優れ地には映りが現れた見事な作品です。

保存刀剣
葵美術評価鑑定:全身押し形

Ken in  Koshirae(NBTHK Hozon Paper)

Signature : Mumei (Sue Tegai)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo  saku
Jyo saku and regular saku)
This blade belongs to Jyojyo  saku ranking.

The blade was polished.
Blade length : 22.42 cm or 8.82 inches. 
Sori : 0.3 cm or 0.11 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 2.31 cm or 0.90 inches. 
Kasane : 0.58 cm or 0.22 inches.
Era : Late Murokachi period.
Shape : Rather large size, nice shape Ken.
Jitetsu : Masame Hada well grained with Jinie attach.
The Masa pattern is beautiful.
Hamon : Nie Deki, Suguha and Notare. There are double Ha and Uchinoke. This is tyoical Yamato Den.
Boshi is Hakikake style.
             
Special feature : This kind of Ken has used in shrines and temples by monk.
Most Ken are Mumei. Senjuin, Hosho, Taima, Tegai and Shikkake school makes such kind of Ken. 
It is thought that there are many shrines and temples in Yamato. 
There are blackish Chikei along the Masame. This expresses a feature of Tegai school.

Koshirae : Black color Aikuchi Koshirae.

From Aoi Art: This blade has small Kizu. But the condition is good.
There are double Ha, Uchinoke, Sunagashi and Kinsuji.
A lot of works in the Ha. We strongly recommend this Ken for you.

 

NBTHK Hozon Paper
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.