カテゴリー: 
開始価格: 
¥2,000,000
上昇単位: 
¥1,000
1582334700
入札数 : 

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:肥前国住人忠吉作(初代)

鞘書:肥前国住人忠吉作
刃長二尺参寸五分有之
昭和戌申年(1968)秋吉日
寒山誌(花押)

新刀:最上作:最上大業物:肥前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は肥前国住人忠吉 としては上々作にランクされる作品です。
最上研磨済み
はばき:金着二重
刃長:2尺3寸5分(71.21センチ)
反り:5分強(1.515センチ)
目釘穴:3内2埋個
元幅:3.0 センチ
先幅:2.11 センチ
重ね:0.71 センチ
刀身重量:820 グラム
時代:江戸時代慶長の頃
体配:約5cm程の摺上げ、区送があるが
身幅やや広く重ねしっかりと反り適度に付き
切先が延びる体配の良い作品となる。
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が付き
美しい小糠肌すなわち肥前地金となる。
刃紋:錵出来直刃に小足が良く働き帽子丸く返る。

特徴:初代肥前忠吉は初期は五字忠といわれた肥前国忠吉と銘を切り、
その後住人忠吉作と切り、その後は武蔵大掾銘となり、
肥前国住藤原忠広と銘を時代ごとに切り分けます。
住人忠吉作時代は古作写しが多く、やや地味な玄人筋に受ける作品が
多いと考えられます。本作は慶長新刀といわれる体配の良い作品で
地金が抜群に良く、刃紋も直刃基調に匂口の深い部分と、
平坦な部分があり正に慶長新刀最上作の作品で、
最上大業物に認定されております。

拵:
鍔:木爪型赤銅魚魚子地に菊の花を高彫りし金の色絵をほどこす。
縁頭:赤銅魚魚子地に菊の花を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:孔雀石を黒呂色鞘に埋め込んだ珍しい鞘。
目貫:赤銅地に鳥の図柄を高彫りする。

葵美術より一言:新刀最上作、最上大業物と評価された作品で
流石に地金の良さは抜群であり肥前刀の無類の良い地金と
直刃出来に小足が入りそのバランスの良さは他の追随を許さず、
鍋島大名の庇護の元刀剣製作に必要な地鉄や陶器の販売を奨励した。
肥前刀という独特な地金は恐らくは南蛮鉄が使用されていると考えられ
その輸入を一手に扱っていたと考えられます。
隣国の豊後の刀剣は過去の地金が踏襲されて肥前の地金は全く見られない。
刃紋は豊後の刀でも肥前刀の如く良くにた作品は製作されるが、
肥前刀の様な綺麗な地金は決してできなかった。
本作の美しい地金を見ると当時の肥前刀を製作した刀工がどの様に初代忠吉を頂点として
一門をまとめあげていったのか考えされる疑問であります。
本作の拵も見事で鞘は孔雀石を使用し、
鍔は赤銅魚魚子地でかなり評価の出来る拵です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya with Koshirae.(NBTHK Tokubetsu Hozon Token)

Signature : Hizen Koku Junin Tadayoshi Saku (first generation)

Sayagaki: Hizen Koku Junin Tadayoshi Saku
Blade length 2Shaku 3Sun 5Bu 
Showa Tsuchinoe-Saru Autumn(1968)
Written by Dr.Kanzan.

Shinto: Saijo Saku: Saijo Owazamono: Hizen.
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyo-jyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo Saku ranking.
The blade was polished by high ranking polisher.
Habaki : Gold foiled double habaki.
Blade length : 71.21 cm or 28.035 inches. 
Sori :1.515 cm or 0.596 inches. 
Mekugi : 3
Width at the hamachi : 3.0  cm or 1.18 inches. 
Width at the Kissaki : 2.11cm or 0.83 inches. 
Kasane : 0.71cm or 0.28 inches.
The weight of the sword: 820 grams.
Era : Early Edo period Keicho era.
Shape : The blade is about 5cm suriage 
and Machiokuri rather wide and thick with suitable sori and longer kisski.
Jigane :Koitame hada well grained with jinie attach 
beautiful nice Konuka hada(Hizen Jigane)
Hamon :Niedeki suguha with thick nioikuchi and small ashi work.
Bo-shi is round shape.

Special feature: First-generation Tadayoshi engraved the signature as 
Hizen Kuni Tadayoshi,Hizen Kuni Jyunin Tadayoshi Saku, 
Musashi Daijyo Tadahiro and Hizen Kuni Fujiwara Tadahiro. 
This sword was made Jyunin Tadayoshi era.
During Jyunin Tadayoshi era, he made sword like Koto Utsushi.
This Katana is fine Keicho Shinto shape and the Jigane is strikingly good. 
The hamon is suguha style with deep NIoiguchi. 
It is Keicho Shinto Saijyosaku title work(top class work). 
It is also Saijyo Owazamono ranked sword. 

Koshirae : 
Saya :On the black roar saya, malachite stone are spread on the saya.
Tsuba :On the mokko style syakudo nanako plate, 
Kiku flowers are engraved with gold color.
Menuki : On the syakudo plate, bird is engraved.
Fuchi Kashira: On the syakudo nanako plate, 
Kiku flowers are engraved with gold color.

From Aoi Art: Hizen Kuni Tadayoshi is the top-ranking shito blade 
and the most cut well sword(Saijyo saku ranking)
As is expected, the goodness of the metal is outstanding and the Hizen sword is incomparable.  
Hizen sword makers are protected by Nabeshima daimyo family. 
Probably Hizen's well-grained iron was made at that place and kept secretly how to make the jigane. 
Nabeshima family exported these swords and poplin to other districts.
Neighboring country Takda school couldn't make Hizen Jigane and also Hamon.
First-generation Tadyoshi top-ranking swordsmith It is a possible question whether or not they have put together a group.  
The Koshirae is very nice Saaya by using  malachite stone are spread 
and Tsuba is made by shakudo nanako with Kiku flowers.

NBTHK Tokubetsu Hozon Token 
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.