カテゴリー: 
開始価格: 
¥600,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥832,000
1590285300
入札数 : 
46
刀:拵え入り(保存刀剣)
 
銘:昭和丙寅秋湧水心貞吉作(無鑑査)
居合道六段昇段記念関口文二郎
 
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は昭和丙寅秋湧水心貞吉作としては最上作にランクされる作品です。
上研磨済み
はばき:銀二重
刃長:74.2センチ
反り:2.1センチ
目釘穴:1個
元幅:3.9センチ
先幅:2.31センチ
重ね:0.6センチ
刀身重量:715 グラム
時代:現代 1986年 昭和61年
体配:身幅がやや広め重ねしっかりと
反りがやや深く付き切先が伸びる。
表裏に棒樋を彫り体配が良くバランスが良い作品。
地鉄:小板目肌に地錵が良く付き
地景が入り渦巻き状の地景が良く見てとれる。
刃紋:錵出来互の目乱れに尖り互の目乱れが入り
刃中、砂流し、金筋が盛んに働く
帽子:乱れ込んで尖って返り先、掃掛けとなる。
 
特徴:湧水心貞吉は本名を榎本貞市と称しと刀工銘を榎本貞吉とも称し
昭和初期から刀剣を制作し戦時中にはかなり技量を上げて目を見張る作品を制作する。
明治41年に徳島県生まれ榎本吉郎と称し昭和3年大阪に於いて月山貞勝に入門する。
昭和18年、静岡県三島市に移住し湧水心すなわち富士山からの精良な水で
刀剣を鍛える所から茎に銘と   共にこの湧清水という銘を添える。
月山貞勝門人はキラ星の如くで人間国宝となった高橋貞次と共にその代表刀工として活躍する。
特に注目されるのは月山の特徴である綾杉肌はこの榎本貞吉が完璧のマスターし、それを得意として制作する。
器用な刀工で相州伝、綾杉肌、美濃伝、大和伝等をこなし平成8年に無鑑査に認定される。
平成12年、惜しくも92歳の高齢で亡くなる。
 
拵:
鍔:円形の鉄鍔に菊の花を高彫りし透かす。銘 河治作
縁頭:赤銅地に鮎の図柄を高彫りする。
鞘:黒石目地鞘
目貫:銀で鮎の図柄を高彫りする。
 
葵美術より一言:榎本貞吉は月山貞勝の門人として、
鍛錬技術を学び全ての伝に通じた技術の優れた刀工
で平成8年に無鑑査に合格した。本作は関口氏が居合道六段昇段記念として榎本氏に
注文した作品です。その為注文は厳しく抜群の出来とバランスの良さが求められその要望に
答えた作品と言えます。湧水心貞吉の作品は生涯を通じて数多く制作されておりますが
本作は実に丁寧に制作され地金に渦巻きの地景が入り、
刃中の働きは左文字を思わせる相州伝の傑作といえます。 
是非この出来の素晴らしい作品をお薦め致します。
 
時代背景:国鉄の分割が行われ民営化となる。
 
保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形
 
Katana in Koshirae.(NBTHK  Hozon Token)
 
Signature: Showa Hinoe-Tora Yusuishin Sadayoshi Saku(Mukansa)
Iaido 6 Dan Shodan Kinen Sekiguchi Bunjiro
 
Explanation: Mr. Sekiguchi ordered to make a sword to Sadayosi in order to
a  commemoration passes the ascending test 6 dan high ranking.
 
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to the Saijyo saki ranking.
The blade was polished by the high ranking polisher.
Habaki : silver double  habaki.
Blade length: 74.2 cm or 29.21 inches. 
Sori : 2.1 cm or 0.82 inches. 
Mekugi:  1
Width at the hamachi: 3.9 cm or 1.53 inches. 
Width at the Kissaki:  2.31 cm or 0.90 inches. 
Kasane : 0.6 cm or 0.23 inches.
The weight of the sword  715 grams.
Era: Gendai(modern times) but he passes away.
Shape :  The blade is wide and thick with deep sori and long Kissaki
with bo-hi on both sides of the blade.
Jigane: Koitame hada and mokume hada mixed 
with jinie attach and chikei, Uzumaki chikei work
Hamon: Nie deki Gunome midare and togari gunome midare mixed and in Hamon, active sunagashi Kinsuji work.
Bo-shi is midarekomi and turns back sharply with hakikake style.
 
Special feature: Sadayoshi was a modern swordsmith 
in Tokushima prefecture.
He was born in 1908. In 1928, he started to study forging under Gassan Sadakatsu. In 1943, he moved to Mishima of Shizuoka prefecture 
from Tokushima prefecture, 
and he made many swords while World War 2.
He has gotten Nyusen prize many times, and he became a Mukansa swordsmith in 1996.
“Yusuishin” of his signature means clear spring water. 
And so, he might use clear spring water for making swords.
This polish is the highest level.
 
Koshirae : 
Saya :Blck ishime ji saya.
Tsuba: On the round shape iron Tsuba, engraved Kiku flower open work, Gawaji Saku. He was working at let Edo Nagato province.
Fuchikashira: sweet fish is engraved by syakudo plate.
Menuki: Japanese sweat fish is engraved by silver plate.
 
From Aoi Art: Enomoto Sadayoshi was working under the Gassan Sadakatsu and learned the sword-making technique every school.
So-syu den, Bizen den, Yamashiro den, Yamato den, Mino den, and also Ayasugi hada excellent work.
This sword was ordered by Mr. Bunjiro Seki s memory of his 
a  commemoration passes the ascending test 7 dan high ranking.
So the sword was made by careful attention especially balance and weight
jigane and also hamon.  He made a lot of swords during his life.
I can say this sword is one of his master peace.
The jigane is extremely fine jigane and uzumaki hada.
in hamon, sunagashi and long many kinsuji are quite nice.
I recommend this sword to you.
 
NBTHK Hozon Token.
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.