カテゴリー: 
開始価格: 
¥600,000
上昇単位: 
¥1,000
1562894880
入札数 : 

大小:

-----------------------

大:拵え入り(保存刀剣)

銘:無銘(新々刀寿命)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は無銘(新々刀寿命)としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき :素銅地一重
刃長:69.3センチ
反り:1.9センチ
目釘穴:1個
元幅:3.33センチ
先幅:2.48センチ
重ね:0.71センチ
時代:江戸時代末期 慶応の頃
体配:身幅が広く重ね尋常な反りやや深く切先が延びた作品。
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付き綺麗な肌目が見て取れる。
横手付近に小さな割れがある。
刃紋:錵出来、刃区より直刃、その先互の目乱れとなる
帽子:乱れ込んで先掃掛となる。

特徴:刀剣博物館の鑑定では新々刀寿命と鑑定された作品です。
華やかな刃文と体配が良いすっきりとした姿の刀です。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に菊文様を重ね合わせた珍しい図柄。江戸時代後期
縁: 鉄地
頭:角
鞘:黒呂色鞘
目貫:赤銅地で龍の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

-----------------------

小:拵え入り(保存刀剣)

銘:無銘(冬広)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は 無銘(冬広)としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき : 素銅地一重
刃長:46.5センチ
反り:1.0センチ
目釘穴:2個 
元幅:3.16センチ 
先幅:2.17センチ
重ね:0.75センチ 
時代:江戸時代 元禄頃
体配:身幅重ね尋常な反り適度に付き切先が延びた作品
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き綺麗な地肌となる。
切先に小瑕がある。横手から10cmほど下にふくれがある。
横手付近に小さな割れがある。
刃紋:小錵出来、互の目乱れとなり帽子乱れ込む。

特徴:冬広は若狭の刀工で室町中期頃から江戸時代末期迄続き
その流れは若狭から伯耆、出雲備前へ広がる。
本作は江戸期に入った刀剣で野趣に富んだ作品です。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に文様を重ね合わせた珍しい図柄。江戸時代後期
縁頭:鉄地
鞘:黒呂色鞘
目貫:赤銅地で動物の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

-----------------------

大小それぞれに保存刀剣
葵美術評価鑑定:全身押し形

 

Dai Sho :

---------------------

Dai : Katana in Koshirae(NBTHK Hozon Paper)

Signature : Mumei (Shinshinto Jumyo)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : single copper Habaki
Blade length : 69.3 cm or 27.28 inches. 
Sori : 1.9 cm or 0.74 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.33 cm or 1.31 inches. 
Width at the Kissaki : 2.48 cm or 0.97 inches.
Kasane : 0.71 cm or 0.27 inches.
Era : Late Edo period, around Keo era.
Shape : Wide abd thick Katana with large Sori.
Jitetsu : Itame Hada well grained with Jinie attach.
The Jigane is beautiful. There is a Kizu near the Yokote.
Hamon : Nie Deki, from Hamachi is Suguha and then Gunome Midare.
Boshi is Midarekomi and Hakikake style.
             
Special feature : According to the NBTHK Shinsa, 
the blade was judged as shinshinto Jyumyo.
The blade is nice shape and brilliant Hamon.

Koshirae : 
Tsuba : round shape iron Tsuba, chrysanthemun pattern is engraved.
Fuchi: iron.
Kashira : black horn.
Saya : Black Roiro Saya.
Menuki : Shakudo, dragon is engraved with gold color.

---------------------

Sho : Wakizashi in Koshirae(NBTHK Hozon Paper)

Signature : Mumei(Fuyuhiro)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : single copper Habaki
Blade length : 46.5 cm or 18.30 inches. 
Sori : 1.0 cm or 0.39 inches. 
Mekugi : 2
Width at the hamachi : 3.16 cm or 1.24 inches. 
Width at the Kissaki : 2.17 cm or 0.85 inches.
Kasane : 0.75 cm or 0.29 inches.
Era : Edo period, Genroku era.
Shape :  Regular width and thickness Wakizashi.
Jitetsu : Ko-Itame Hada well grained with Jinie attach.
Around the Kissaki, there is a small Kizu.
about 10cm from the Yokote, there is a small Fukure.
The Jigane is beautiful.
Hamon : Ko- nie Deki, Gunome Midare.
Boshi is Midarekomi style.

Special feature : The Fuyuhoro was working at Wakasa province from middle 
Muromachi to late Edo period.  This school some sword 
makers moved to Izumo, Bizen and other district.
This blade was made around Edo perid.

Koshirae : 
Tsuba : round shape iron Tsuba, chrysanthemun pattern is engraved.
Fuchi: iron.
Kashira : black horn.
Saya : Black Roiro Saya.
Menuki : Shakudo, dragon is engraved with gold color.

---------------------

NBTHK Hozon Paper for each blade.
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.

大 Dai(刀 Katana)

-----------------------
小 Sho(脇差 Wakizashi)