カテゴリー: 
開始価格: 
¥3,700,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥3,700,000
1547257560
入札数 : 
1

刀:白鞘入り、拵え付き(第18回重要刀剣)

銘:(菊紋)一高井越前守源来信吉
元禄八乙亥年二月日

鞘書:高井越前守信吉 元禄八乙亥年有し出来見事刃長2尺3寸3分有し 寒山博士鞘書

新刀大鑑所載刀 618ページ 最強傑出刀
刀銘総覧 所載 300ページ
寒山押し型新刀辞典 所載 241ページ
刀剣美術 平成16年9月号に記載

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は高井越前守源来信吉としては最上作にランクされる作品です。
最上研磨済み
はばき:金着一重
刃長:70.7センチ
反り:1.3センチ
目釘穴:1個
元幅:3.40センチ
先幅:2.16センチ
重ね:0.72センチ
時代:江戸時代(1695)
体配:身幅が広く重ね厚く反り適度に付き
切先やや延びた体配のがっしりとした作品。
地鉄:小板目肌に杢目肌が混じり地錵が付き綺麗な地金となる。
地には地景が入る。
刃紋:刃区より匂口にの深い直刃、その先匂口の深い互の目乱れ、
大互の目乱れとなり濤乱刃となって激しく刃中、砂流、金筋が盛んに働く。
帽子:匂口深く丸く返る

特徴:越前守信吉は初代京信濃守信吉の三男で、名を高井金三郎という。 
入道して、倫信と称した。信濃守を受領して、亰の油小路に住し
鍛刀した刀工で、井上真改、助広に私淑した。
銘を「越前守源信吉」、「入道源来信吉」、「高井越前守源来信吉」などと切り、
その作風は沸本位の互の目乱れを焼くが、井上真改に迫るような直刃の作もある。
晩年は大坂に移住して鍛刀したと言われている。
元禄頃の晩年の作には「(菊紋)一」「源」の字を加えている物がある。
本作は銘に『一菊紋』と『源』とある事から元禄頃の晩年の作である事が分かる。
流石濤乱刃の匂口の深い助廣を思わせる作品で本作は助廣を超える作品であります。
新刀大鑑所載刀618ページ 最強傑出刀 と記載されている通り津田越前守助広に私淑
しそれらの作品を超える最高傑作刀を作り上げた技量の優れた刀工と言えます。 特に
刃中の働きが激しく砂流、金筋が働く最上級の作品で是非御薦めしたい作品と言えます。

拵:
鍔:大振りの楕円形の鉄鍔に耳を銀で覆輪をほどこし家紋を真鍮で象眼をほどこす。
縁頭:赤銅石目地に家紋を高彫りする。
鞘:黒呂色鞘
目貫:赤銅地で花の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:高井越前守信吉は大変器用刀工で井上真改や
津田越前守助廣の匂口の深い直刃。濤乱刃などを見事に焼き上げる。
本作は過去色々な本に記載されており良く知られた刀工であります。
新刀大鑑所載刀618ページ 最強傑出刀 と記載されている通り
津田越前守助広に私淑しそれらの作品を超える最高傑作刀を作り上げた技量の優れた刀工と言えます。
特に刃中の働きが激しく砂流、金筋が働く最上級の作品で是非御薦めしたい作品と言えます。
拵えは地味ながらしっかりとした作品と言えます。

葵美術評価鑑定書:保存刀剣鑑定書
全身押し形

 

Katana in Shirasaya with Koshirae.(18th NBTHK Juyo Paper)

Signature : (Kikumo) Ichi Takai Echizen Kami Minamoto Rai Nobuyoshi
Genroku 8 Kinoto-I Nen 2 Gatsu Hi (February 1695)

Sayagaki: Takai Echizen Kami Nobuyoshi, Genroku 8 Kinoto-I Nen.
Nice blade, blade length is 2 Syaku 3 Sun 3Bu.
written by Dr. Kanzan

This blade is recorded in following books.
Shinto Taikan p.618.
Tomei Soran p.300.
Dr. Kanzan Oshigata Shinto Jiten p.241.
Token Bijyutsu(September 2014) 

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to  Saijyo saku ranking.
The blade is polished.
Habaki : Gold foiled single Habaki.
Blade length : 70.7 cm or 27.83 inches. 
Sori : 1.3 cm or 0.51 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.40 cm or 1.33 inches. 
Width at the Kissaki : 2.16 cm or 0.85 inches. 
Kasane : 0.72 cm or 0.28 inches.
Era : Edo period around genroku era(1695).
Shape : Wide and thick blade with nice Sori. The Kissaki is little bit long.
Jigane : Ko-Itame hada and Mokume hada with Jinie attach.
The Jigane is beautiful. There are Chikei on the Ji.
Hamon : From Hamachi is Suguha and then Gunome Midare with thick Nioikuchi. In Ha, there are Sunagashi and Kinsuji.
Boshi is round shape with thick Nioikuchi.

Special feature:: Echizen no kami Minamoto Rai Nobuyoshi was a 3rd 
son of first genertation Kyo Shinano kami Nobuyoshi.
And his real name was Takai Kinsaburou.
He entered the priesthood, and he was called Tomonobu.
He was  strongly influenced by Sukehiro and Inoue Shinkai.
And his strong points are Touranba-Hamon and Suguha with deep Nioikuchi.
He has some signature “Echizen no kami Minamoto Nobuyoshi” , 
“Nyu-do Minamoto Rai Nobuyoshi” ,
 “Takai Echizen no kami Minamoto no Nobuyoshi”.
He migrated to Osaka pref in his late life and made Sword at there.
Some his blades in his late life has “Kikumon” and “Ichi” and “Minamoto” in signature.
There are “Kikumon” and “Ichi” and “Minamoto” in this blade’s signature.
And so, this blade was made in his late life.(Genroku era.(about 1688))

Koshirae : 
Saya : Black Roiro color.
Tsuba : Large iron tusba, family crests are inlayed with gold.
Menuki : Shakudo, flower is engraved with gold color.
Fuchikashira: Shakudo Ishime-Ji Saya with family crest.

From Aoi Art: Takai Echizen Kami Nobuyoshi was a subtle sword smith.
This blade listed in many books. This blade is a masterpiece of his swords.
Especially there are a lot of works in the Ha. 
We strongly recommend this Katana for you.
The Koshirae is chic and nice.

Aoi Art estimation paper : 18th NBTHK Juyo paper.
whole Oshigata.