カテゴリー: 
開始価格: 
¥1,000,000
上昇単位: 
¥1,000
1544317200
入札数 : 

脇差:白鞘入り、拵え付き

銘: 越後守包貞 二代

新刀:上々作:大業物:摂津
葵美術正真鑑定書 特別保存刀剣鑑定書
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は越後守包貞としては最上作にランクされる作品です。

研磨済み
ハバキ:銀一重
刃長:54.4センチ
反り:1.3センチ
目釘穴:1個
元幅:3.13センチ
先幅:2.11センチ
重ね:0.69センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:やや長寸の脇差で身幅が広く重ね厚くがっしりとした作品で反りやや深く切先が延びる
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き綺麗な大阪地金となる。差裏の刃区より15cmくらいのところに細かな鍛え割れがあるが目立たない
刃紋:刃区より直刃その先匂口の深い互の目乱れ、大互の目乱れとなり濤乱刃となり匂口が深々と付き刃縁柔らかく物打ち近辺から更に激しく濤乱刃となって刃中、砂流、金筋が良く働く
帽子:匂口が深く丸く返る
特徴:二代越後守包貞は美濃国の出身とも高知の出身ともいわれ、大阪に上り初代山田太夫包貞の弟子となり、後養子となり二代を襲名する。作風は匂口の深い互の目乱を得意とし、同時期の津田助広、井上真改に肉迫する高い技量を示し名品が多い。中には助広に迫る傑作が見られる。延宝七年(1679)からは越後守包貞銘を初代の実子山田岩松に譲り坂倉言之進照包と改名する。初代よりも切れ味に優れ、大業物に指定されている。棟の庵が高いのが特徴のひとつである。大変興味深いのは包貞銘では殆ど裏銘がないが、照包銘では殆ど裏銘がある点である。貞享元年(1684)迄の年紀作がある。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に早乙女の鑢を入れた品格のある鍔で鉄味が良くねっとりとした地金となる。
縁頭:鐺:銀地に波と飛び回る千鳥の図柄を彫る 荒々しい波の図柄に千鳥の図柄を巧みに高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘にひねりを入れた作品
目貫:龍の図柄を高彫りする。 金無垢で制作した作品です。

葵美術より一言:二代 越後守包貞の作品で濤乱刃、匂口の深い大互の目乱れを焼き匂口が深く刃縁柔らかく刃中に砂流、金筋が働き最上の作品となる。後守包貞は当時助廣の濤乱刃の華やかな刃紋に圧倒されて私淑して見事に完成させた。 助廣よりも覇気に富んだ作品が多くより働きが多く好みによりますが野趣に富んだ激しく働く作品が多いと言われております。本作はその傑作刀であり拵えは見事な出来の良い又状態の良い作品です。

時代背景:世の中が安定し刀も、より派手な作品が多く制作される様になった。

葵美術評価鑑定書:特別保存刀剣鑑定書
全身押し形

Wakizashi in Shirasaya with Koshirae.
Signature :ECHIGO KAMI KANESADA 2ND GENERATION.
Shinto:Jyo Jyo saku:Oo wazamono cutting test ranking.Settsu.

AOI Bijyutsu Syoshin(genuine) Kanteisyo: NBTHK Tokubetsu Hozon Kanteisyo.
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regularsaku)
This sword belongs to Saijyo saku ranking.

The blade was polished by nice polisher.
Habaki :silver single habaki.
Blade length : 54.4 cm or 21.42 inches.
Sori :1.3cm or 0.5 inches.
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.13cm or 1.232inches.
Width at the Kissaki :2.11 cm or 0.83 inches.
Kasane :0.69 cm or 0.27 inches.
Era : Edo period Kanbun era.
Shape : The blade is longer size wakizashi and wide and thick witu rather deep sori and longer kissaki.
Jigane :Koitame hada well graine dwith jinie attach beautiful oosaka jigane.
Hamon :niedeki suguha from the hamach with thick nioikuchi and then active gunome midare and oo gunome midare continue and also doranba hamon with thick nioikuchi and sunagashi, kinsuji work vividly.
Special feature:Echigo (No) Kami Kanesada the Second forged this katana. It is said that he was born in Mino or Kochi province. He learned under Kanesada the First at Osaka and later became a son-in-law. The Second was superior to the First and ranked at O-waza-mono. Excellent worknanship was on the same level with Tsuda Sukehiro and Inoue Shinkai.

Koshirae :
Saya :Black color twisted saya.
Tsuba :On the round shape amida yasuri like Saotome elegant and nice iron color.
Menuki : solid gold dragon nice engraving.
Fuchikashira and Kojiri: waves and plovers are engraved nice work.
From Aoi Art:At Kanbun era, many sword makers made active nice elegant swords. At that time Sukehiro and Shinkai made Deep nioikuchi Doranba and suguha hamon. So many sword makers including Kanesada adored Sukehiro and tried to maku Do-ranba hamon. His Doranba Hamon is more active and wild feeling hamon moch active than Sukehiro. Some sword collectors wanted to buy activu wild feeling Doranba hamon much better
than Sukehiro. Kosirae is also fantastic nice Koshirae and also very goo condition. solid Menuki is high quality.

Back ground of age: Tokugawa Edo period, Edo was peacefur country. so sword makers were also made gorgeous sword active Doranba and also Cyoji midare hamon.

Aoi Bijyutsu Syoshin estimation paper :NBTHK Tokubetsu hozon paper.
whole Oshigata.