カテゴリー: 
開始価格: 
¥1,200,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥1,200,000
1541813100
入札数 : 
1

刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:無銘(伝 大和志津)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は無銘(大和志津)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:70.0センチ
反り:1.8センチ
目釘穴:2個
元幅:2.93センチ
先幅:2.04センチ
重ね:0.74センチ
時代:南北朝時代
体配:大摺上げ無銘で身幅、重ね尋常な反り深く大切先となる。
地鉄:板目肌の大板目肌が良く練れて地錵が付き地景が入る。
刃紋:錵出来直刃に互の目乱れを焼き匂口深く
刃中、砂流、金筋が良く働く。
帽子:乱れ込んで刃中、金筋が働く。

特徴:大和志津と鑑定された刀。狭義では兼氏前身に限られるが、
広義では大和志津派は奈良に居住した包氏らの流派を指す。
包氏は美濃の志津三郎兼氏が移住前大和の動(ゆるぎ、現在の奈良市油留木町)に
居住していたころの刀銘である。地金に大和風の部分が残りますが
志津三郎兼氏を思わせる葉中の激しい働きと切先の乱れ込んだ刃紋と
掃掛で焼き詰めるなど刃中の砂流、金筋は見事です。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に雁の図柄を透かし彫りをほどこす。
耳には鉄骨がある所から尾張鍔といえる見事な作品。
縁:赤銅魚魚子地に素銅地で風神、雷神を高彫りし金の色絵をほどこす。
頭:角
鞘:梅花皮鮫鞘に漆を研ぎ出した鞘。
目貫:風神、雷神を高彫りし金で色絵をほどこす。

葵美術より一言:本作の大和志津には恐らく額銘があったと考えられる。
大和志津は直江志津と異なり正宗に近い作風で、穏やかな中に刃中の働きは
なお一層華やかな作風となります。本作は錵出来の互の目乱れの高低があり
刃中の働きが横溢で切先の働きには目を見張る激しさを感じさせます。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya with Koshirae.(NBTHK Hozon Paper)

Signature : Mumei (Den Yamato Shizu)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo Saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : Gold foiled Habaki.
Blade length : 70.0 cm or 27.55 inches. 
Sori : 1.8 cm or 0.70 inches. 
Mekugi : 2
Width at the hamachi : 2.93 cm or 1.15 inches. 
Width at the Kissaki : 2.04 cm or 0.80 inches. 
Kasane : 0.74 cm or 0.29 inches.
Era : Nanbokucho period.
Shape : Osuriage Mumei, regular width and thickness Katana with large Sori. The Kissaki is large.
Jigane : Itame Hada and O-Itame Hada well grained with Jinie attach.
There are Chikei.
Hamon : Nie Deki, Suguha base, Gunome Midare with thick Nioikuchi.
In Ha, there are Sunagashi and Kinsuji.

Special feature:Shizu-Saburo-Kaneuji moved to Mino province from Nara in Yamato province. 
He was a swordsmith of Tegai School. Yamato-Shizu is the general term for the School before moving. 
In the narrow sense, it means only Kaneuji. The workmanship has a tendncy toward Yamato style. 

Koshirae : 
Saya : Kairagi Saya with Urushi lacquer.
Tsuba : Iron Tsuna, Karigane designe is engraved with open work.
There are Tekkotsu on the rim. 
Menuki : Person is engraved with gold color.
Fuchi: Shakudo Nanako, Wind God and Thunder God are engraved with copper and gold color.
Kashira: Black horn.

From Aoi Art: We guess that this blade had Gakumei.
Yamato Shizu is different from Naoe Shizu. The blade looks like Masamune.
The blade has clame atmosphere but there are a lot of works in the Ha.
The blade is arrestingly beautiful and brilliant.

NBTHK Hozon Paper
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.