カテゴリー: 
開始価格: 
¥400,000
上昇単位: 
¥1,000
1539478800
入札数 : 

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)(委託品)
銘:横山上野大掾藤原祐定 備前長船住人
      
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は横山上野大掾藤原祐定としては上々作にランクされる作品です。

研磨済み
ハバキ:銀着せ一重
刃長:1尺8寸5分5厘   56.21センチ
反り:6分5厘  1.97センチ
目釘穴:1個
元幅:3.08センチ
先幅:2.14センチ
重ね:0.71センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅、重ねしっかりとした作品で反りが深く付き、切先の延びた体配の良い姿をした作品。
地鉄:小板目肌に小杢目肌が良く交じり、地錵が付き、柔らかな地金となり細かな地景が入る。
鎬地:小板目肌に杢目肌が混じり柾目が交じる。
刃紋:錵出来直刃、足が刃入り物打近辺から匂口が深くなる。
帽子:丸く返り焼下げる。

拵え
鍔:円形の鉄鍔に銀杏を思わせる図柄と透かしを入れて地には金で色絵をほどこす。
鞘:変わり塗り鞘。
縁頭:鉄地に波模様を高彫りし金の色絵をほどこす。
目貫:竹の葉を素銅地で高彫りし金の色絵をほどこす。
小柄:素銅地に魚子地に菊の花を高彫りする。

特徴:横山上野大掾藤原祐定は永正予三左衛門より6代目で七兵衛祐定の子で寛永10年に生まれ亨保6年89歳で亡くなる長寿の刀工であった。
室町末期吉井川の氾濫で備前鍛冶は壊滅的な状況となり更に江戸時代には刀剣の需要が激減した事もあって刀剣の製作が減少し多くの刀工は廃業の憂き目にあう事になる。 
そのような中で備前一派の祐定が寛永頃から段々と活躍するようになる。
当時の面影は全く見られないが当時に事情に翻弄されてきた刀工の厳しさを感じさせる。

葵美術より一言:横山上野大掾藤原祐定は江戸時代に活躍した備前の刀工で古刀の作風とは異なり蟹の爪をおもわせる作品が多く又直刃出来も多い。
又江戸時代では最も知られた備前鍛冶の一人でどういう訳か偽名の作品が多い。
しかしながら本作は銘もしっかりとした作品で特別保存刀剣に合格しております。
直刃ながら明るく冴えて物打ち近辺からは匂口が深く出来の優れた作品です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya with Koshirae.(NBTHK Tokubetsu Hozon) (consignment sale)
Signature : Yokoyama Kozuke Daijyo Fujiwara Sukesada. Bizen Osafune Jyunin.   

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo Saku ranking.

Habaki : Silver wrapped single habaki.
The blade was polished.
Blade length : 56.21 cm or 22.13 inches. 
Sori : 1.97 cm or 0.77 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.08 cm or 1.21 inches. 
Width at the Kissaki :  2.14 cm or 0.84 inches. 
Kasane : 0.71 cm or 0.28 inches.
Era : Edo period Kanbun era.
Shape : Rather wide and thick, deep Sori, long kissaki.
Jigane : Komokume mixed with Koitame, Jinie attached, small Chikei working.
Hamon : Suguha with Ashi around Monouchi to Kissaki, deep Nioikuchi.
Boshi is maru and Yakisage style.

Special Feature : Yakoyama Kozuke Daijyo Fujiwara Sukesada was a son of Shichibei Sukesada.
He was born in 1633 and died in 1721 at the age of 89, lived quite a long life.
Devastating flood of Yoshiikawa river hit Bizen area and weakened swordmakers, to make things worse, low demand for Japanese sword made many swordmakers hard to make a living.
Despite such hardships Sukesada worked hard and made nice swords.

Koshirae : 
Saya : Kawarinuri saya.
Tsuba : Round shape, made of iron, leaf design.
Menuki : Made of copper, bamboo leaf design.
Fuchikashira : Made of iron, wave design.
Kozuka : Made of copper, Nanakoji, chrysanthemum design.

From Aoi Art : Yakoyama Kozuke Daijyo Fujiwara Sukesada was one of wekk-known swordsmith in Bizen in Edo period, so that there are many Gimei swords.
The signature of this sword is genuine, this well made sword has NBTHK Tokubetsu Hozon paper already.
The hamon appears very clearly and brightly and Nioikuchi is deep around Monouchi.

NBTHK Tokubetsu Hozon Token.
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.