カテゴリー: 
開始価格: 
¥650,000
上昇単位: 
¥1,000
1544146500
入札数 : 

大小:

-----------------------

大:拵え入り(保存刀剣)

銘:藤原兼先(因州)
妙一文政十三年清秋

研磨済み
はばき : 銀二重ハバキ
刃長:2尺1寸4分5厘(65.0センチ)
反り:3分5厘(1.06センチ)
目釘穴:1個
元幅:2.90センチ
先幅:1.92センチ
重ね:0.66センチ
時代:江戸時代文政13年(文政13年12月10日に天保に改元する)
体配:身幅、重ねやや小振りで反り適度に付き切先やや延びる。
地鉄:小板目肌よく練れてねっとりとした地金やや肌立ちごころ。
刃紋:小錵出来、丁字乱れに互の目乱れが混じり
やや小詰んだ刃紋となる。鎬地に焼きがかかる
鎬地:小板目肌柾がかる。
切先:のたれて丸く返り大きく焼き下げる

特徴: 藤原兼先は鳥取の因習で室町時代末期より
活躍し江戸時代末期までその流れは繋がった刀工群で
本作はその江戸時代文性に活躍した刀工です。
銘の上部に妙一と刻まれた銘は日蓮宗の本妙寺から「妙法が第一」という意味で賜ったと伝える。
江戸時代からこの様な習慣があり信仰の厚さを感じさせられます。
清秋とは空が清く澄みわたった秋という事で
心が穏やかな気持ちでこの刀を制作したと考えられます。

拵:
鍔:赤銅魚魚子地に菊模様の形を彫り上げ家紋を彫り金で色絵をほどこす。」
縁頭:赤銅魚魚子地にセンスを高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘
目貫:赤銅地で天狗のお面を高彫りし金の色絵をほどこす。

-----------------------

小:拵え入り

銘:備州岡山住国宗

研磨済み
はばき : 銀二重
刃長:1尺3寸2分5厘(40.15センチ)
反り:2分(センチ)
目釘穴:2個 
元幅:3.08センチ 
先幅:2.13センチ
重ね:0.61センチ 
江戸時代万治頃
体配:身幅がやや広く重ね尋常な切先の延びたしっかりとした脇差
地鉄:小板目肌やや流れ柾目が混じり地錵が付き柔らかさを感じさせる地肌となる。
差表の鎬区から10cmの部分に割れがある。
刃紋:刃区より直刃、その先のたれ互の目乱れとなり刃中、砂流に細かな金筋が働く
帽子:のたれて丸く返る。

特徴:備州岡山住国宗は備前三郎の末と云われ
茂右衛門正茂の子で万治頃に活躍する。

鍔:赤銅魚魚子地に菊模様の形を彫り上げ家紋を彫り金で色絵をほどこす。
縁頭:赤銅魚魚子地にセンスを高彫りし金の色絵をほどこす。
小柄:赤銅魚魚子地にセンスの図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。裏面に凹みがあります。
小刀:因習住兼先と銘がある。
鞘:黒呂色鞘
目貫:赤銅地で鼓と笛の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:本作の本作の大小は登録証が連番で江戸時代から大小として
大切に愛蔵されてきたと考えられます。拵えはかなり高禄を食む侍の持ち物で
家老職以上の侍の大小と考えられます。
大小の鍔、縁頭も健全で出来の優れた作品です。
刀身は江戸期のもので、兼先と国宗の穏やかな作品です。

-----------------------

刀に保存刀剣
葵美術評価鑑定:全身押し形

Dai Sho :

---------------------

Dai : Katana in Koshirae(NBTHK Hozon Paper)

Signature :Fujiwara Kanesaki (Inshu)
Myoichi Bunsei 13 Nen Seishu

Explanation:The Fujiwara Kanesaki (insyu) made this sword 
Ura Mei Myoichi Bunsei 13 Nen Seisyu.
Nichiren buddhist head quarter presented him Myuichi to Kanesaki and engraved 
this name on the sword tang at 1831 comfortable clean Autmn.

The blade ias polished.
Habaki : silver dounble habaki
Blade length(nagasa) : 65.0 cm or 26 inches. 
Sori :1.06cm or  0.42inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi :2.9 cm or 1.14 inches. 
Width at the Kissaki : 1.92 cm or  0.76inches. 
Kasane : 0.66cm or  0.26 inches.
Era : Edo period Bunsei era. 1831
Shape : The blade is rather wide and thick with suitable sori 
and longer kissaki.
Kitae :Koitame hada well grained with jinie attach and doft feeling texture.
Hamon konie deki cyoji midare and gunome midare mixed 
rather small choji.
Boshi:Notare and round shape yakisage style.

Special feature:Fujiwara Kanesaki was working at Tottori Insyu 
and continued to late Edo period.  On the upper part signature Myo-ichi means 
that Nichiren buddhist fead office presented this word to Kanesaki 
and wrote the name of Myoichi on the tang.
This kind of customs happened from middle Edo period.

Koshirae : 
Saya :black roiro saya.
Tsuba :On the syakudo nanako plate, 
kiku flower syape is engraved and a family crest.
Menuki :Japanese ols instruments Tsuzumi and Fue
Fuchikashira:On the syakudo nanako plate, 
fans are engraved with gold color.

---------------------

Sho : Wakizashi in Koshirae

Signature : Bishu Okayama Ju Kunimune

The blade was polished.
Habaki : silver dounble habaki
Blade length(nagasa) : 40.15 cm or 15.8 inches. 
Sori : 0.6 cm or  0.24 inches. 
Mekugi : 2
Width at the hamachi : 3.08 cm or1.21  inches. 
Width at the Kissaki :  2.13 cm or 0.84 inches. 
Kasane : 0.61cm or 0.24 inches.
Era : Edo period Manji era. 1658.
Shape : The blade is rather wide and thick and longer kissaki.
Kitae :Koitame hada rather stream 
with jinie attach soft feeling texture.
Hamon :From Hamachi, suguha hamon and then notare and gunome mixed 
sunagashi and small kinsuji work.
Boshi:Notare and round shape.

Special feature: Bishu Okayama Ju Kunimune was a streams of Bizen saburo Kunimune.
He was a son of the Shigeuemon Masashige Manji era.

Koshirae : 
Saya :black roiro saya.
Tsuba :On the syakudo nanako plate,
kiku flower syape is engraved and a family crest.
Menuki :Japanese ols instruments Tsuzumi and Fue
Kozuka:On the syakudo nanako plate, fans are engraved with gold color.
Back side has dent.
Kogatana: The signature is mentioned as Insyu Jyu Kanesaki.

From Aoi Art: This pair of the daisyo set is original Daisyo 
and good condition.
I think the owner was  high ranking Samurai for usind as Daisyo set.
The condition of the Tsuba and fuchikashira are quite nice.
Daisyo Kunimune and Kanesaki both good work 

---------------------
NBTHK Hozon Paper for Katana
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.

刀 Katana↓ 脇差 Wakizashi↓