カテゴリー: 
開始価格: 
¥380,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥411,000
1544232300
入札数 : 
10

刀:拵え入り(小烏丸造)

銘: 伯耆国大山山麓佐川住延秀作
平成十八年二月日

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は佐川住延秀としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:72.5センチ
反り:1.8センチ
目釘穴:2個
元幅:3.44センチ
重ね:0.73センチ
時代:現代
体配:小烏丸造
地鉄:小杢目はだ実に良く詰んで無地風の詰んだ地金に
柔らかな雰囲気を有する。
刃紋:錵出来直刃に小足が良く入る。
鎬地に一カ所縦割れがあるが目立たず
帽子丸く返り長く焼き下げる刃紋です。

特徴:伯耆国は著名な刀匠である平安時代の安綱を頂点として
数多くの刀工が存在するのは山から産出する良品の砂鉄があり
この流れは現代に於いても同様で数多くの刀工が刀剣の制作に勤しんでおります。
銘は伯耆住延秀と切り、本名は前田秀志と称し、昭和3年8月18日生まれ。
鍛練技術は父親の刀匠である義輝より学び、切れ味の良さで良く知られております。
抜刀道龍星剣宗家、猿田光廣氏による千本切りに挑戦し見事に成功を治め
ギネスブックに登録された作品がこの延秀であります。
父親の猿田氏は刀剣商として又居合の高段者として現在でも活躍されております。

拵:現代拵え

葵美術より一言:本作は大変珍しい小烏丸造の作品で
身幅が広く鎬が急となり重ね薄めで切れ味のよさそうな作品と言えます。
切れ味が良いのは一振りの刀で千本の藁柱を切る事で証明されております。
私は父親の猿田氏とは良く話し合う事がありますが、
居合抜刀にも精通した高段者ですが切れ味の
良い作品であると話されておりました。
是非切れ味を重要視される方には是非御薦めしたい作品です。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

Katana in Koshirae.(Kogarasumaru style)

Signature : HOUKI KUNI OOYAMA SANROKU SAGAWA JU NOBUHIDE SAKU
HEISEI 18NEN 2IGATSU HI (February 2016)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki :silber single habaki.
Blade length : 72.5 cm or 28.54 inches. 
Sori :1.8cm or 0.71 inches. 
Mekugi : 2
Width at the hamachi :3.44 cm or 1.354 inches. 
Width at the Kissaki :  cm or  inches. 
Kasane : 0.73cm or 0.287 inches.
Era : Modern times.
Shape : Kogarasu maru style.
Jigane :Komokume hada well grained with jinie attach.
On the shinogi ji, there is a kitaeware but not so bad.
Hamon :Niedeki suguha hamon based komidare hamon 
with ashi and yo work.
Boshi: round shaped and yakisage long style.

Special feature:Houki province produced hogh quality iron sand 
and made famous swords were made from Heian period like Ho-Ki Yasutsuna and so on.  
Even right now many swrod makers made 
cut well nice swords.
Sagawa Jyu Nobuhide who is called Maeda Hideshi.
He was born at Showa 3rd August 10th and learned 
from his father making sword technique cut well swords.
Mr Saruta Mitshuhiro challenged to cut 1000 pieces poles 
made of straw and finally succeeded and listed 
by the Guinness book  of records.
by using one sword only.  His father Saruta Makio is a sword dealer 
and also sword iai practica and Batto high ranking master.

Koshirae : Modern times.

From Aoi Art:This sword is quite unusual a copy of Kogarasu maru
and looks cut well sword. cut well sword means that 
by using only one sword. Makio Saruta cut the 1000 poles 
by making straws succeeded.
We recommednt this cut well sword.

Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.