システムエラーにより、日本刀オークションの終了時間の表示が正常にご利用頂けない状況が発生しております。
終了時間は各商品の説明文に掲載しております。
お客様には大変ご不便をお掛け致しまして、誠に申し訳ございません。
システム復旧まで今暫くお待ち下さい。

Because of the system error, Auction Timeout fails to show when the auction ends, We assure that this trouble is not intentional.
The ending time shows on the item description page.
We are sorry that we will be causing you trouble.

カテゴリー: 
開始価格: 
¥1,200,000
上昇単位: 
¥1,000
1526607600
入札数 : 

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)(特別貴重刀剣)

銘:生無銘(長谷部)

特別貴重刀剣 及び特別保存刀剣
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 生無銘 長谷部としてはにランクされる作品です。
研磨済み
はばき:表と裏の文様が異なり金着二重と銀二重はばき
刃長:31.6センチ
反り:0.4センチ
目釘穴:1個
元幅:2.94センチ
重ね:0.34センチ
時代:南北朝時代初期
体配:元幅と先幅がそれ程変わらず反りが少なく
一見して南北朝時代の体配を感ずる
棟は三つ棟となり重ねが薄く身幅が広い
地鉄:板目肌に杢目肌が混じり肌立ち地には映りが現れる。
刃紋:錵出来、互の目乱れとなり皆焼風の刃紋となり飛び焼きが混じり小足が柔らかく入る

特徴:本作は生無銘長谷部として極められた作品です。
相州の広光・秋広と時を同じくして皆焼の華やかな作風を見せるものに長谷部派がある。
長谷部鍛冶の居住地は京の五条坊猪熊と伝えるが、作刀に「山城國住」を銘したものは無く、
近年の考証ではこの派の本国は大和で、相州で大成し
最後に京に落ち着いたとされる見解が最も有力視される。
一派には國重、國信を代表格として國平、宗信、重信らの刀工がある。
國平は古来の説に初代國重の子で、國信と同門といい、現存する物に延文と貞治の年紀がみられる。
この作は國平のみならず長谷部派の中でも極めて稀な太刀の作例として資料的価値が高く、
直刃調に小乱れ風を交えて良く沸づいた刃文が東京国立博物館所蔵の
國信の太刀に類似している点が注目される。
本作は長谷部国重を思わせる作品です。

拵:合口拵え、全体としてかなり良く出来た作品です。
縁頭:赤銅魚魚子地に獅子の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:焦げ茶色の石目地に文様を黒金で描く
目貫:金無垢?で獅子の図柄を高彫りする。
小柄:赤銅魚魚子地に銀で花瓶を彫り菊と思われる図柄を高彫りし金の色絵をほどす。
鐺:栗方:赤銅魚魚子地に獅子の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:長谷部一派の茎は此の様に身幅が広く短めで先丸くなる携帯が多く
私見では問題なくは瀬部一派の作品と言えます。
最近出てきました作品で今後審査に出されると良いでしょう。
地金も良く切先近辺の激しい働きは相州物を遺憾なく発揮しております。

特別保存刀剣及び特別貴重刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

Wakizashi in Shirasaya with Koshirae.(NBTHK Tokubetsu Hozon Paper)(NBTHK Tokubetsu Kicho Paper)

Signature : Mumei(Hasebe)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Saijo Saku ranking.
The blade was polished.
Blade length : 31.6 cm or 12.44 inches. 
Sori :0.4 cm or 0.15 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 2.94 cm or 1.15 inches. 
Kasane : 0.34 cm or 0.13 inches.
Era : Early Nanbokucho period.
Shape : Wide and thin, Nanbokucho style, Mitsumune Wakizashi.
Jigane : Itame Hada and Mokume Hada. Hadadatsu.
There are Utsuri.
Hamon : Nie Deki, Gunome Midare, likes a Hitatsura Hamon.
There are Tobiyaki. There are soft Ko-Ashi.

Special feature: This blade is Ubu Mumei, attribute as Hasebe.
The sword of Hasebe School shows brilliant Hitatsura hamon as Hiromitsu 
and Akihiro in Soshu province. They forged sword almost the same period. 
Swordsmiths of Hasebe School had been alleged to live at Inokuma along 
the Gojo street in Kyoto although signed sword Yamashiro (No) Kuni Ju not is found. 
On further study in recent years, it is the most convincing opinion 
that the school regarded that it originated in Yamato province, 
matured in Soshu province and settled down in Kyoto at last. 
Representative swordsmiths were Kunishige, Kuninobu, Kunihira, Munenobu 
and Shigenobu. It is said that Kunihira was a son of the first generation 
Kunishige and learned in the same clan as Kuninobu. 
Signed swords inscribed Embun and Jochi era still survive.
This tachi is an extremely rare example with historical material value 
among Kunihira swords to say nothing of the other Hasebe School swordsmiths. 
As is generally known, they mainly left fine tantos. 
It is worthy of notice that a Kuninobu’s tachi owned 
by the Tokyo National Museum bears a close resemblance 
to this one with respect to the temperline. 
This blade remind of Hasebe Kunishige.

Koshirae : Aikuchi Koshirae.
Saya : dark brown Ishime-Ji Saya.
Menuki : Solid gold(?), Shishi dog is engraved.
Kozuka: Shakudo Nanako, flower is engraved with gols and silver color.
Fuchikashirra: Shakudo Nanako, Shishi dog is engraved with gold color.

From Aoi Art:The Nakago of Hasebe school is wide and short.
The Jigane is so nice. The works of in Ha, it is typical Shoshu balde.

NBTHK Tokubetsu Hozon Paper and NBTHK Tokubetsu Kicho Paper
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.