カテゴリー: 
開始価格: 
¥250,000
上昇単位: 
¥1,000
1524187680
入札数 : 

脇差:白鞘入り、拵え付き

銘:信濃守源信吉(二代銘)(と銘がある)無保証
於洛陽以南蛮鉄造之

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は信濃守源信吉 としては上々作にランクされる作品です。
上研磨済み
刃長:48.6センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:1個
元幅:3.0センチ
先幅:2.22センチ
重ね:0.695センチ
時代:江戸時代
体配:身幅、重ね尋常な反りやや浅く
切先が延びた体配の良い脇差。
地鉄:小板目肌良く詰んで地錵がr付き綺麗な地肌となる。
刃紋:刃区より錵出来直刃でその先互の目乱れとなり
匂口やや深めとなり刃中、砂流が入り
帽子丸く返る。

特徴: 信濃守源信吉は高井金三郎とも言い
大阪に住し初めは藤原と名乗り後に源と改める。

拵え
鍔:やや薄手の円形の鉄鍔に透かしを入れる。江府住正常。
縁頭:赤銅魚魚子地に寅と竹の図柄を〕高彫りし金の色絵をほどこす。
目貫:赤銅地で龍の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:本作は信濃守源信吉と良く銘が切れているが
銘に疑問点もあり御委託品であることで無保証とさせて頂きます。
研磨も良くなされ地金も良く刃紋も華やかな匂口の深い互の目乱れとなります。
拵えもまずまずの作品です。残念ながら銘に関しては当社では無保証とさせて頂きます。

無保証とさせて頂きます
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Wakizashi in Shirasaya with Koshirae.

Signature : Shinano Kami Minamoto Nobuyoshi 
(2nd generation)(Not guarantee)
Oite Rakuyo Motte Nanbantetsu 

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki :silver single habaki.
Blade length : 48.6 cm or 19.13 inches. 
Sori : 1.1cm or 0.43 inches. 
Mekugi : 1 
Width at the hamachi : 3,0cm or  1.18inches. 
Width at the Kissaki :  2.22cm or 0.874 inches. 
Kasane : 0.659 cm or 0.26 inches.
Era : Edo period 
Shape : The blade is regular widthm thickness 
and nice sori anfdlonger kissaki.
Jigane : Koitame hada well grained with jinie attach very fine texture.
Hamon : Nie deki Gunome midara with ashi. Boshi is round shape.

Special feature:Shinano Kami Minamoto Nobuyoshi 2nd was called Kinzaburo Takai and lived at Oosaka province 
and got the tytle Fujiwara later on.

Koshirae : 
Saya :black roiro saya.
Tsuba :On the round shape iron Tsuba, some designe engraved open work.
siganature: Efu Jyu Masatsune.
Menuki : dragon is engraved by syakudo plate with gold color.
Fuchikashira:On the syakudo nanako plate, a tiger and bamboo are engraved with gold color.
This sword is not guarantee.

Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.