カテゴリー: 
開始価格: 
¥650,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥650,000
1520990460
入札数 : 
1

刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:武州住康重

研磨:上々研磨
はばき:素銅地一重
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は武州住広康重としては上々作にランクされる作品です。
上研磨済み
刃長:2尺3寸5分(71.21センチ)
反り:6分(1.82センチ)
目釘穴:1個
元幅:2.9センチ
先幅:2.01センチ
重ね:0.62センチ
時代:室町時代末期
体配:身幅。重ねしっかりとした作品で、
反り適度に付き切先が延びた体配の良い刀。
地鉄:下原刀独特の渦巻き状の練れた地金に地景が入り、
下原肌と称する青江風の地金となる。
刃紋:錵出来直刃にのたれて刃中、小足が入り、帽子丸く返り大きく焼き下げる

特徴:武州住康重は室町時代末期から江戸時代中期迄活躍する。
本作は室町時代末期から江戸時代初期に活躍した刀工です。
現在の八王子市恩方地区や元八王子地区に住み、
刀槍類を制作していた刀工集団のことを下原鍛冶といい、
この集団が製作した刀槍類のことを武州下原刀といいます。
下原鍛冶にはその他に周重・広重などがおります。

拵:
鍔:木爪型鉄鍔に人物を素銅地、赤銅魚魚子地で高彫りし金の色絵をほどこす。
縁頭:赤銅石目地に馬の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。 銘:英次
鞘:黒刻み鞘。
目貫:馬の図型を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:下原刀は八王子近辺で活躍し下原刀と称され
切れ味が良いという評価を得ておりました。特に体配が良い事と地金が良く練れて
青江風を思い出され地景が激しく入り、匂口やや深めの直刃出来は評価の高い作品と言えます。
地味な刀が多く作品数は大きな集団でありますが少なく渦巻き状態の地金は青江に酷似し
今後人気が出てくるでしょう。下原鍛冶で有名なのは武蔵太郎安国がおり
映画でも有名になった大菩薩峠で机竜之介が保有していた作品です。
本作は気持ちの良い程地金が良くスキッとした体配の良い作品でご満足頂ける
作品と言えます。

時代背景:戦国時代末期

保存刀剣鑑定書(※H27年11月審査合格、証書未着)
葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

Katana in Shirasaya with Koshirae.(NBTHK Hozon Paper)

Signature : Bushu Ju Hiroshige

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo-Jyo ranking.
The blade was polished by good polisher.
Blade length : 71.21 cm or 28 inches. 
Sori :1.82cm or  0.72inches. 
Mekugi :  1
Width at the hamachi : 2.9cm or 1.14 inches. 
Width at the Kissaki :  2.01cm or 0.79 inches. 
Kasane : 0.62cm or 0.244 inches.
Era : Late Muromachi to early shinto.
Shape : The blade is rather wide and thick woth suitable sori and longer kissaki nice looking shape.
Jigane :Itame hada well grained and circle jigane and chikei work 
which is called Shitahara jigane.
Hamon :Niedeki sugunha and notare hamon mixed 
with jinie attach clear and brught hamon.  
Boshi is round shape yakisage deep.

Special feature: Bushu Ju Yasushige succeded from late Murokachi period to middle Edo period.
This sword was made around late Muromachi to early Edo period.   
This shitahara school was working at Hachiouji area well known cut well swords by other sword makers like Hiroshige, Chikashige.

Koshirae : 
Saya :Blschk roiro kizami saya.
Tsuba :On the Mokko style iron Tsuba,
men and woman are engraved with gold color.
Menuki : horses are engraved with gold color.
Fuchikashira:On the syakudo ishimeji,
horses are engraved with gold color. Hidetsugu.

From Aoi-Art: Shitahara sword makers were working at Edo Hachio-ji area 
which is called Shitahara group.
This group is high reputation as cut well swords.
This sword looks like Aoe style jigane with strong Chikei and circle jigane.  
The blade is not popular but in the future, the blade will be higher reputation. 
In the Shitahara sword smiths, the most well known sword maker is Musashi Taro Yasukuni. This Jigane and shape are nice.

NBTHK Hozon Paper
(※The blade passed NBTHK Hozon Shinsa recently. The paper will be issued later.)
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.