カテゴリー: 
開始価格: 
¥250,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥250,000
1560388800
入札数 : 
1

脇差:白鞘入り(委託品)

銘:丹波守吉道(無保証)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は丹波守吉道としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:素銅一重ハバキ
刃長:52.7センチ
反り:1.4センチ
目釘穴:2個
元幅:2.80センチ
先幅:2.20センチ
重ね:0.72センチ
時代:江戸時代 延宝の頃
体配:身幅広く重ね厚く反りが深く
切先が延びた体配の良い脇差
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き綺麗な肌合いとなる。
指裏の物打付近に小さな刃こぼれがございます。
刃紋:刃区より錵出来、その先、3個の簾刃紋となり
鮮明な刃紋を焼き上げる。
帽子丸みを帯びた互の目乱れに錵出来丸く返る。

特徴:吉道は京都の三品派に京丹波守、伏見丹波守、大阪丹波守、
大和守など四系がある。簾刃と呼ばれる独特の華やかな刃紋は、
砂流を元に丹波守吉道が考案したといわれる。
本作もその特徴が現れているが銘に疑問が残る。
華やかな中に品格を合わせ持つ刃紋が見どころの一つである。

葵美術より一言:丹波守吉道は簾刃という
独特の刃紋を考案して人気を博しました。
丹波守吉道は京都と大阪に別れ刀剣の制作に挑む。
京丹波、大阪ともに簾刃の作成に力を入れてその技術は
門外不出としてその秘密を守り続けたといわれる。
京丹波は必ず茎に菊紋をほり大阪丹波には
許されていなかったと云われております。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

Wakizashi in Shirasaya(Consignment Sale)

Signature : Tanba Kami Yoshimichi (Not Guarantee)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : Copper single Habaki.
Blade length : 52.7 cm or 20.74 inches. 
Sori : 1.4 cm or 0.55 inches. 
Mekugi : 2
Width at the hamachi : 2.80 cm or 1.10 inches. 
Width at the Kissaki : 2.20 cm or 0.86 inches. 
Kasane : 0.72 cm or 0.28 inches.
Era : Edo period around Enpo era.
Shape : Wide and thick Wakizashi with large Sori. Kissaki is long.
Nice shape Wakizashi.
Jigane : Ko Itame Hada well grained with Jinie attch.
The texture is beautiful. There is a small nick.
Hamon : From Hamachi is Nie Deki, and then Sudare-Ba.
The Hamon is clear. Boshi is round shape Gunome Midare.

Special feature: The Mishina School in Kyoto hatched four schools; 
Kyo-Tamba (No) Kami, Fushimi-Tamba (No) Kami, Osaka-Tamba (No) Kami and Yamato (No) Kami. 
The First Yoshimichi was the Third son of Kanemichi in Mino province. 
His eldest brother is Iga (No) Kami Kinmichi.
The family moved to Kyoto and was approved Tamba (No) Kami in 1595. 
Yoshimichi the First inquired into Soshu-den and invented Sudare-ba hamon.
This tradition also appears well on this work. 
But we have doubts about this signature.

From Aoi Art: It is very difficult to make Sudareba hamon 
and keeping this making hamon as the top secret for Tanba Kami Yoshimichi school.
Even in modern times, nobody made this sudareba hamon.

Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.