カテゴリー: 
開始価格: 
¥350,000
上昇単位: 
¥1,000
1520990400
入札数 : 

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)
銘:氏房

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は氏房としては上作にランクされる作品です。

研磨済み
はばき:金着一重
登録証番号:鹿児島14422
交付年月日:昭和27年3月20日
刃長:32.1センチ
反り:0.8センチ
目釘穴:2個
元幅:2.8センチ
重ね:0.52センチ
時代:室町時代末期
体配:三つ棟で身幅、重ね尋常なやや先反りのある寸延び短刀。
地鉄:板目肌に杢目肌が混じり地錵が付きよく練れて柔らかな地金となる。
刃紋:錵出来やや角張った互の目乱れとなり刃中、砂流、葉が働く。
物打ちから切先にかけて盛んに小足、葉が働き帽子尖りごころに返る。

特徴:氏房には若狭守氏房、飛騨守氏房等が存在する。
銘振りから考えますと本作は若狭守氏房の初期作と考えられます。
若狭守氏房は天正3年に美濃で生まれそのご尾張で活躍する。
作風は地金が良く刃紋は本作の如く、角張った互の目乱れに刃中、働きのある作品で一段と格調のある作品です。
天正18年に亡くなりましたが、息子の飛騨守氏房は父親の技量を引き続ぎ野趣に富んだ激しい作品を制作する事となります。
穏やかな中に華やかな刃紋は人気が高く、三つ棟で寸延びの形態は玄人筋に人気のある作品です。
本作は健全である事も評価されます。
尾張での高級武士によって好まれた作品です。

拵:
鍔:鉄地のはみ出し鍔 銘がありますが不明 龍を高彫りし金の色絵をほどこす。
縁頭:赤銅地に波の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘
目貫:素銅地に魚子を打ち龍を赤銅で彫る
小柄:赤銅地に雲と龍を高彫りし金の色絵をほどこす。
小刀:

※下緒は青い柄の入った黒に変更しております。

時代背景:戦国時代

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Wakizashi in Shirasaya with Koshirae(NBTHK Hozon Paper)
Signature : Ujifusa

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo  saku
Jyo saku and regular saku)
This Ujifusa belongs to Jyo Saku ranking.

Habaki : Gold foiled single Habaki.
The blade is polished.
Blade length : 32.1 cm or 12.63 inches.
Sori : 0.8 cm or 0.31 inches.
Mekugi : 2
Width at the hamachi : 2.80 cm or 1.10 inches.
Kasane : 0.52 cm or 0.20 inches.
Era : Late Muromachi oeriod.
Shape : The blade is Mitsumune style and rather wide
and longer which is called Sunobi Tanto.
Jitetsu :Koitame hada and mokume hada mixed with jinie attach soft feeling nice texture.
Hamon : Niedeki gunome midare with ashi, yo work.
Especially from Moniuchi area to Kissaki is wild feeling active wild hamon.
             
Special Feature : There were famous Ujifusa, one was Wakasa Kami Ujifusa and the other was Hida Kami Ujifusa.
Judging from the signature, the blade looks former's earlier works.
Wakasa Kami Ujifusa was born at Tensyo 3rd at Mino province and moved to Owari later on. 
At Tensyo 18th he passed away. but his son Hida kami Ujifusa made wild active nice swords.
The blade is square style gunome midare Dignified work and togari boshi(kissaki).
This sword is elegant  Mitsumune styled Sunnobi Tanto which are popular among high ranking sword collectors.
We strongly recommend this well made blade.

Koshirae :
Tsuba :Hamidasi tsuba :On the iron plate, a dragon is engraved with gold color.
Fuchikashira :On the syakudo plate, waves design are engraved with gold color.
Saya : black roiro saya.Menuki :
Kozuka : on the syakudo plate, a dragon and clouds are engraved with gold color.
Kogatana :

*Please note : The color of the Sageo has changed to black with blue pattern.

Historical background: war time.

NBTHK Tokubetsu Hozon paper (not issued yet)
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.