カテゴリー: 
開始価格: 
¥2,500,000
上昇単位: 
¥1,000
1521078540
入札数 : 

刀:白鞘入り(第24回重要刀剣)

銘:無銘(青江)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(青江)としては最上作にランクされる作品です。

鞘書:青江 大摺上無銘 重要刀剣
昭和壬戌年弥生(みずのえいぬ) 勲山誌  1982年

上々研磨済み
はばき:金着二重
刃長:2尺2寸9分(69.4センチ)
反り:6分 (1.82センチ)
目釘穴:2個
元幅:2.89センチ
先幅:1.95センチ
重ね:0.74センチ
時代: 鎌倉時代末期頃 1320年
体配:摺上げ無銘の作品で身幅重ね尋常な反りの深い体配で
切先やや延びごころ。表裏に棒樋を彫る。体配の綺麗な姿をした刀
地鉄:地金よく詰んで地錵が付き地景が入り縮緬肌となり映りが現れる。
刃紋:小錵出来直刃基調に、互の目乱れが混じり足が良く働き
葉が入り帽子、乱れ込んで火焔風に掃掛る。

特徴:
青江派は備中高梁川下流域を中心に繁栄し、多くの名作を残したが、
鎌倉時代中期頃より南北朝期頃までのものが青江、
それ以前のものが古青江と呼ばれる。室町時代になると全く衰退している。
作風は地肌に澄み肌が出る事、刃紋に逆乱れや逆足入り、
備前物に比べて地鉄が硬いのが見所とされる。
本作は大磨上無銘ながら同派の特色を良くあらわしている。
作風は地肌に澄み肌が出る事、刃紋に逆乱れや逆足入り、
備前物に比べて地鉄が硬いのが見所とされる。

葵美術より一言:重要刀剣図譜で描かれた波紋はかなり粗雑に制作され
実際の刃紋とはかなり異なります。刃中の働きは足、葉が良く入り
帽子はかなり複雑に働いております。地には映りが鮮明に働き
圧倒される雰囲気を醸し出しております。正に貫禄のある格調高い名品で
是非お薦めしたい作品と云えます。

第24回重要刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya(24th NBTHK Juyo Paper)

Signature : Mumei (Aoe)

Sayagaki was done by Dr. Kunzan: Aoe oosuriage mumei Jyuyo Token Mizunoeinu Yayoi(March)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Saijyou saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : gold foiled double Habaki.
Blade length : 69.4 cm or  27.32 inches. 
Sori :1.82cm or  0.72inches. 
Mekugi :  2
Width at the hamachi 2.89 cm or 1.14inches. 
Width at the Kissaki :1.95 cm or  0.77inches. 
Kasane : 0.74cm or 0.3 inches.
Era : Late Kamakura period. 1320.
Shape : The blade is oosuriage mumei (cut shortened) 
Jigane :Koitame hada and mokume hada mixed 
with jinie attach and chikei work.
like Chirimen hada and also clear Utsuri appear.
Hamon :Konie deki suguha with small gunome midare 
with ashi, Yo work. Boshi is midarekomi kaen style active hamon.

Special feature:he Aoe School had been prospered at the lower reaches of 
the Takanashi river in Bichu province. This katana shows distinctive feature 
of Aoe school though nakago has no signature and o-suriage.
The Aoe School, regarded Yasutsugu in the middle Heian period 
as the founder had been prospered at the lower reaches of the Takanashi River 
in Bichu province. Swordsmiths of Aoe School forged quite a few o-naginata 
in late Kamakura period to early Nambokucho period. 
According to the Jyuyo zufu, the blade was made at Kamakura period.

From Aoi Art:
This blade has very beautiful Jitetsu. (Koitame and komokume  mixed well grained.) and
Utsuri elegant clear marvelous Aoe Chirimenhada.
The Hamon is bright and clear and also a dignified work.
And the condition is very nice witout Kizu and flaw.
We strongly recommend this healthy Tokubetsu Hozon blade.

#24th Jyuyo Token. Mumei Aoe.
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.