システムエラーにより、日本刀オークションの終了時間の表示が正常にご利用頂けない状況が発生しております。
終了時間は各商品の説明文に掲載しております。
お客様には大変ご不便をお掛け致しまして、誠に申し訳ございません。
システム復旧まで今暫くお待ち下さい。

Because of the system error, Auction Timeout fails to show when the auction ends, We assure that this trouble is not intentional.
The ending time shows on the item description page.
We are sorry that we will be causing you trouble.

カテゴリー: 
開始価格: 
¥3,700,000
上昇単位: 
¥1,000
1526693220
入札数 : 

刀:白鞘入り、拵え付き(第36回重要刀剣)(委託品)

銘:無銘(大和志津)

鞘書:古極 志津兼氏 長さ 二尺二寸六分 代金子50枚
光常元禄七年折り紙付 大正八年五月下院鑑記 本阿弥 琳雅

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(大和志津)としては最上作にランクされる作品です。
研磨済み
最上研磨
刃長:68.4センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:2個
元幅:2.91センチ
先幅:2.25センチ
重ね:0.60センチ
時代:南北朝時代
体配:大摺上無銘で身幅、重ね尋常で表裏に棒樋を彫り
切先が延びた体配の良い作品です。
地鉄:板目肌実に良く練れて地錵が付き地景が激しく入り
潤いがあり一脈正宗を思わせる見事な地金となる。
刃紋:錵出来匂口の深い互の目乱れとなり、小互の目乱れ、
小のたれを交え足が入り砂流が入り金筋が働く。

特徴:大和志津は兼氏が濃州多芸郡志津に居住する以前
すなわち包氏と銘していた大和在住時代の作品を指すものでありますが
彼が美濃に移住した後も大和に包氏の名を襲った者が存在しており
広義にこれを含めて大和志津と呼称されている。
本作は志津風の乱れを見せているが
刃中に砂流が目立ってかかり且つ帽子が焼き詰めになる所から
大和志津と鑑すべきところがある。
重要刀剣図譜より引用

拵:肥後拵え
鍔:楕円形の鉄鍔に蜻蛉と蜂を金で色絵をほどこす。 江戸時代後期
縁頭:鉄地に蜻蛉の図柄を金で色絵をほどこす。
鞘:上部を赤で印籠刻みをほどこし下部を茶と黒の変わり塗り鞘
目貫:素銅地で植物の葉を高彫りし金で色絵をほどこす。
鐺:鉄地に蜻蛉が3匹飛ぶ様を金の色絵で描く

葵美術より一言:本作は一見すると大志津とも鑑せられる作品で
地金は地景が激しく入り板目に杢目が良く入り貫禄のある匂口の深い互の目乱れで
名品の極みと思われる見事な出来をした作品です。
鞘書は本阿弥琳雅氏によるもので志津兼氏と鑑定が大正八年五月になされている。
なお参考として本阿弥光常の折り紙が付いております。当社では折り紙の保証は出来ません。
重要刀剣図譜には記載されていないので委託品である事で責任を持ちません。
拵えは鉄地に蜻蛉の図柄を金で色絵をほどこした洒落た図柄です。

第36回重要刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya with Koshirae.(36th NBTHK Juyo Paper)(Consignment Sale)

Signature : Mumei(Yamato Shizu)

Sayagaki: Kokiwame Shizu Kaneuji, blade length is 68.4cm
Dai Kinsu 50 Mai. Kojo Genroku 7 nen Origami  Taisyo 8 May by Honami Ringa.

Origami by Honami Ko-Jyo.
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Saijo Saku ranking.

The blade was polished by one of the  highest ranking polisher.
Blade length : 68.4 cm or 26.9 inches. 
Sori :1.1cm or 0.433 inches. 
Mekugi : 2 
Width at the hamachi :2.9 cm or 1.14 inches. 
Width at the Kissaki :  2.25cm or 0.89 inches. 
Kasane :0.6 cm or 0.24 inches.
Era : Early Nanbokucyo period.
Shape : The blade is oosuriage mumei(cut shortened) and rather wide and engraved bo-hi on both sides of the blade.
Jigane :The Jigane is vivid Sosyu style active jigane with chikei works a lot.
Hamon :Niedeki gunome midare with deep nioikuchi and small gunome midare mixed.  
In Hamon, there are sunagashi and kinsuji scatter.

Special feature: Yamato shizu means that Sizu saburo Kaneuji was making swords at Yamato province. 
But he and his students moved to Mino province called as Yamato shizu.
This blade mixed Yamato, Soshu and Mino.

Koshirae : 
Saya :Kawarinuri saya.
Tsuba :Oval shape iron tsuba, dragon fly and bee are engraving 
with gold color.
Menuki : plant is engraved by copper plate.
Kojiri:On the iron plate, 3 dragon flies are engraved with gold color.
Fuchikashira:On the iron plate, dragon flies are painted by golds color.
From Aoi-Art:This sword looks Sosyu Masamune or Kaneuji.
The Jigane is very strong with powerful chikei. and active gunome   
midare hamon with deep nioikuchi and sunagashi, kinsuji.
According to the sayagaki which was done by Honami Ringa, 
he wrote the blade  as Ooshizu(Kaneuji) at Taisyo 8 May.
The Origami accompanied by Honami Ko-Jyo.
On the Jyuyo zuhu, it didn't write about Kojyo Origami 
so we don't responsible about this matter.
many years ago, Mr tanobe sensei showed Masamune to me and remind the active Hamon and Jigane looks this sword.
According to the sword museam, the blade looks Ooshizu(kaneuji) 
but the hamon of the Kissaki is hakikake style and rather much sunagashi.
So the sword judged as Yamato shizu.
Anywaty the blade is fantastic Jigane and active Hamon. 
We recomend this sword for you.

36th NBTHK Juyo Paper
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.