カテゴリー: 
開始価格: 
¥750,000
上昇単位: 
¥1,000
1507859340
入札数 : 

刀:白鞘入り(保存刀剣)

銘:九州肥後同田貫上野介

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は九州肥後同田貫上野介としては上作にランクされる作品です。
上研磨済み
はばき:銀二重
登録証番号:岡山県98728号
交付年月日:昭和57年10月22日
刃長:69.6センチ
反り1.4センチ
目釘穴:2個
元幅:2.68センチ
先幅:2.23センチ
重ね:0.56センチ
時代:室町時代末期頃
体配:約2寸程に摺上げられた作品ですが、銘は完全に残り身幅、
尋常な反りやや深く切先が大きく延びたいかにも同田貫と思わせる作品です。
地鉄:板目肌良く練れて肌立ち、白気映りが現れる。
刃紋:錵出来直刃基調に小互の目乱れが
混じり足が入り二重刃が混じり帽子、激しく乱れ込む。

特徴:摺上げ、区送があるが九州肥後同田貫上野介と長銘で銘を刻む。
同田貫派は延寿の末流として古刀末期に肥後(現在の熊本県)で
興った一派で、加藤清正の刀工として活躍した。
正国と、清正から「清」の文字を賜った清国が著名である。
他に俗名のみを切るものもあった。
加藤清正好みの豪壮な実戦刀をはじめ、野戦用の槍や薙刀もかなり製作された。
幕末には正国の子孫が再興した。本作は室町時代末期
慶長頃に活躍した上野介によるものである。
他の上野介の作には菊池住と切り添えた物や、
文禄・慶長の年紀を切り添えた物がある。

葵美術より一言:最近は同田貫を蒐集される方が、多くかなり高めで取引がなされている様です。
本作は摺上げながら銘は完全に残り刃紋も直刃のたれに小足が入り切先は乱れ込んで野趣に富んだ作品です。
体配も慶長新刀の体配で珍しいのは映りが現れております。出来の良い作品で目立つ瑕もなくまずまずの作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya(NBTHK Hozon Paper)

Signature : Khusyu Higo Dotanuki Kazusanosuke.

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki :silver double habaki.
Blade length : 69.6cm or 27.4inches. 
Sori :1.4cm or 0.55 inches. 
Mekugi : 2
Width at the hamachi : 2.68 cm or 1.055 inches. 
Width at the Kissaki :  2.23 cm or  0.88inches. 
Kasane : 0,56cm or  0.22 inches.
Era : Late Muromachi period.
Shape : The blade is abou 5cm suruage and Machiokuri with regular thickness and width with long kissaki.
Jigane :Koitame hada well grained 
with jinie attach and visible to see the texture.
On the Jigane, shirake utsuri appear.

Hamon :Niedeki sugaha and notare mixed with small ashi.
Boshi is midarekomi style wild feeling.
special feature:Dotanuki is the name of a swordsmith School 
prospered in Higo province, present Kumamoto pref. in Kyushu Island. 
It is said that the School descended from the Euju School. 
Swordsmith of this school worked for a famous military commander Kato Kiyomasa in the Ko-to period. 
Masakuni and Kiyomasa were two famous swordsmiths in this period. 
They forged many swords including spears and naginatas appropreate for actual warfare.
Kozuke (No) Suke made this spear. 
The inscriptions on another works show that he lived 
at Kikuchi and worked around Bunroku to Keicho era. 

From Aoi-Art: Recently the sword collectors 
of Dotanuki are increasingly high position.
so it is ratheer difficult to collect.
Even though the blade is suriage but the whole signature left.
This sword is wild feeling active hamon 
and also utsuri appear which is quite rear.

NBTHK Hozon Token.
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.