カテゴリー: 
開始価格: 
¥320,000
上昇単位: 
¥1,000
1590802200
入札数 : 
刀:拵え入り
 
銘:一貫斉源友宏作
昭和六十二年六月日
 
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は一貫斉源友宏としては普通作にランクされる作品です。
研磨済み
鎺:素銅一重はばき
刃長:73.9 センチ
反り:1.95 センチ
目釘穴:1個
元幅:3.2センチ
先幅:2.4センチ
重ね:0.7センチ
刀身重量:815グラム
時代:現代 1987年
体配:身幅が広く重ね厚く反りが適度に付き
表裏に棒樋を彫り切先がやや伸びる。
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が良く付く。
刃紋:に衛でき互の目乱れに足が良く働く。
 
特徴:一貫斉源友宏は大竹伸一と称し静岡県熱海で活躍する刀工です。
特に居合刀に秀でており、軽さ重んじて棒樋を彫る作品が多いのも
特徴があります。バランスが良く重量も815グラムとして
振りやすい特徴を保持しております。
重量の重い作品は練習を繰り返しますと腱鞘炎になる危険がありますので
それを防止する意味でもちょうど良い作品と考えます。
 
拵:
鍔:楕円形の鉄鍔で鏨を入れた鍔です。
シンプルな中に江戸時代の雰囲気があり鉄味の良い鍔です。
縁:素銅地に牡丹の図柄を高彫りする。安親と銘がある 
頭:角
鞘:黒呂色鞘
目貫:植物の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。
 
葵美術より一言:居合いを行うのに必要な事は
最近では重量の軽い作品を選択する傾向があります。
バランスの悪い重量のある作品の刀を使用しておりますと
腱鞘炎にかかる危険があるのです。
したがって、軽く棒樋のある作品を好まれる方が多くなってきております。
本作品は一貫斉源友宏がバランスの良い刀を制作した作品です。
これから居合いを行う方はご検討頂ければ幸いです。
なお拵えは江戸時代の作品を使用しておりますのでご安心下さい
 
葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

 

Katana in Koshirae.
 
Signature :Ikkansai Minamoto Tomohiro Saku
Showa 62 Nen 6 Gatsu Hi
 
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Regular saku ranking.
The blade was polished.
Habaki: copper single habaki.
Blade length: 73.9 cm or  29.1 inches. 
Sori  1.95 :cm or 0.77 inches. 
Mekugi:  1
Width at the hamachi: 3.2 cm or 1.26  inches. 
Width at the Kissaki: 2.4  cm or 0.945 inches. 
Kasane : 0.7 cm or 0.28 inches.
weight of the blade: 815 grams.
Era: Gendai 1987
Shape : The blade is rather wide and thick 
with suitable sori and longer kissaki nice balanced sword. 
The blade is engraved Bo-hi on both sides of the blade.
Jigane :Koitame hada and masanagare.
Hamon :Nie deki gunome midare.
 
Special feature: Tomohiro Saigen is a swordsmith 
who is called Shinichi Otake and is active in Atami, 
Shizuoka Prefecture. that it is very good at Iai sword 
and there are many works that engraved 
Bo-hi The weight is light weight
The balance is good and the weight is 815 grams, 
which keeps the characteristics easy to shake.
For heavy sword, repeated practice may cause tendinitis,
so it is also meant to prevent it.
I think that it is a good work for practicing Iai or batto practice.
 
Koshirae : 
Saya :black color saya.
Tsuba :On the round shape iron Tsuba, 
some design were put by iron hammer.
Menuki : Plant design is engraved with gold color.
Fuchi: On the copper plate, peony flower is engraved with gold color.
Kashira: horn.
 
From Aoi Art:Recently, there is a tendency to choose lighter 
weight sword for selection for iai practice.
If you use a sword of a work that has an unbalanced weight 
and heavy sword,  there is a risk of getting tendonitis.
Therefore, more and more people prefer lightly bo-hi sword.
This is a work by Ikkansai Tomohiro who has produced 
a well-balanced sword. We would be grateful 
if you could consider those who are going to practice Iai and Batto.
The Kosshirae is also nice fittings are used.