カテゴリー: 
開始価格: 
¥2,200,000
上昇単位: 
¥1,000
1571189340
入札数 : 

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)(特別貴重刀剣)

銘:九州肥後同田貫上野介

鞘書:刃長二尺参寸4分有之

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は九州肥後同田貫上野介としては最上作にランクされる作品です。
最上研磨済み
はばき:銀一重
刃長:70.8センチ
反り:1.9センチ
目釘穴:2個
元幅:3.35センチ
先幅:2.76センチ
重ね:0,665センチ
重量:810 グラム
時代:室町時代末期
体配:身幅が3.35cmと広く重ねががっしりとした作品で
反りが深く切っ先が大きく伸びた豪壮な刀です。
地鉄:板目肌に杢目肌が混じり地沸がよく月地形が入り
黒味のあるざんぐりとした地金となり地形が働く
地には明瞭な写りが現れる。
鎬地:平地と同様に杢目肌と板目肌が混じる。
刃紋:小沸出来小呉の目乱れとなり刃中、砂流、金筋が働く。
帽子、のたれて丸く返る。

特徴:九州肥後の同田貫一派は延寿一派が活躍した菊池に居住し
上野介を筆頭として兵部。正国等の刀工が活躍する。
肥後は当時加藤清正が支配しており、厚くこれらの刀工を庇護したこともあって隆盛を極めた。
質実剛健さを求められたこともありがっしりとした作品が多く同田貫と呼称される様になった。

九州肥後の同田貫一派は室町の末頃、菊池に起こり新刀期に及んでいる。
この派の刀工は上野介、左馬介、兵部、又八、国勝、正国、その他数名が知られている。
一派の作柄は概ね無骨な姿に匂口が締り、叢沸がついた乱刃を焼き、
その鋭利さをもって賞賛された。加藤清正のお抱え刀工子として知られ
地味な雰囲気の中で愛刀として強い人気を得た理由は子ずれ狼ばかりではなく
地味さの中に刀本来の切れ味、重視の作品であるというのが根強い人気は保持する所以で
肥後同田貫は全国的に有名となって行ったのであります。
本作は鎬造、庵棟、反り深く鋒が大きく伸び地金は
最上の板目肌に杢目肌が混じり地形が入った美しい地金となります。
研磨は最上研磨がほどこされ見事な地金となります。

拵:
鍔:木爪型鉄鍔に木の葉を真鍮で象嵌する。平安城象嵌 時代 安土桃山。
縁頭:赤銅魚魚子地に秋草と秋虫を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:朱塗り鞘
目貫:赤銅地で花の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:九州肥後 同田貫上野介はその素朴な豪快な作品と
肥後熊本は加藤清正が支配しており、厚くこれらの刀工を庇護したこともあって
愛刀家からも好まれ映画でもおなじみの子連狼として更なる拍車がかかりました。
一般的に野趣に富んだ作品が多く瑕っぽい出来となりますが
本作は地金に弛みがなく板目肌が良く練れて地錵が付き地金に沿って
地景が激しくあらわれ。錵出来小互の目乱れとなり刃中、細かな砂流
金筋が良く働いております。切先は大きく刃紋は野趣に富んだ乱れ込みとなり
切先は掃掛となり豪快な健全な作品となります。
中々でてこない最上級の同田貫上野介の素晴らしい作品です。
是非御薦めしたい作品です。

映画:子連れ狼

特別保存刀剣
特別貴重刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形 

 

Katana in Shirasaya with Koshirae.(NBTHK Tokubetsu Hozon paper)(NBTHK Tokubetsu Kicho Paper)

Signature : Kyushu Higo Dotanuki Kazusa Suke.

Sayagaki: The blade length is 2shaku 3 sun 4bu.

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Saijyo saku ranking.
The blade was polished by high ranking polisher.
Habaki :silver single habaki.
Blade length : 70.8 cm or  27.9inches. 
Sori :1.9 cm or 0.75 inches. 
Mekugi :  2
Width at the hamachi :3,35 cm or  1.32inches. 
Width at the Kissaki :  2.76cm or  1.087inches. 
Kasane : 0.665 cm or 0.262 inches.
Weight of the blade.  810 grams
Era : late Muromachi to Azuchi momoyama. 1570.
Shape : The blade is long and wide, thick with deep sori 
and oo kissaki gorgeous shape.
Jigane :Itame hada and ooitame hada well grained 
with jinie attach and chikei along with itame hada.
Hamon :Niedeki ko-gunome midare with sunagashi and kinsuji scatter.
Bo-shi is midarekomi style hakikake.

Special feature: Do-tanuki school who lived Higo which place was Enjyu school was working at late Kamakura to Nanbokucyo period.
Main sword makers are Kozuke no Suke, Hyo-Bu, Masakuni and so on.
Higo was dominated by Kiyomasa Kato at the time, 
and was extremely prosperous because of the thick protection of these swordsmiths.
Many of the works that have been requested to be strong 
and simple are now called Do Tanuki.  
The reason why it gained strong popularity as a sword is not only the movie Kozure Ookami 
but also the plainness of the sword and the importance of the work in the plainness. 
I think.  This blade is shindig zukuri, with deep sori and ookissaki style 
and also well grained item had and ooitame had with chikei.  
The polishing was done by high ranking polisher 
and Good parts  like Chikei, sunagashi and also kinsuji are pulled out by polishing.

Koshirae : 
Saya :red colored saya.
Tsuba : On the mokko style iron Tsuba, some design were inlayed by brass
Heianjyo school made at Azuchi Momoyama era.
Menuki :  On the syakudo plate, flower is engraved with gold color.

From Aoi Art : In general, there are a lot of nostalgic works, 
but generally Dotanuki school Jigane is rather weak 
and come out Kizu but this sword is excellent Jigane assembled 
with Chikei, sunagashi and also kinsuji.
The cutting edge is big and the blade crest is very active 
wild feeling nice Jigane. It is very hard to look for nice Dotanuki 
without Kizu so we recommend this sword for you.

Movie"Kozure Okami"

NBTHK Tokubetsu Hozon paper
NBTHK Tokubetsu Kicho Paper
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.