カテゴリー: 
開始価格: 
¥1,200,000
上昇単位: 
¥1,000
1559179200
入札数 : 

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:無銘(千手院)

勲山博士鞘書:大和千手院 大摺上
刃長二尺三寸一分 昭和癸丑年秋吉日 勲山誌(1973)

古刀:大和:
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(千手院)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:金着一重
刃長:70.2センチ
反り:2.2センチ
目釘穴:2個
元幅:2.80センチ
先幅:2.05センチ
重ね:0.70センチ
刀身重量:760グラム
時代:鎌倉時代中期から末期
体配:摺上げ無銘で身幅、重ね尋常な反りが深く付き
切先の延びた体配の美しい反りのある見事な姿をした作品。
地鉄:板目肌に大板目が混じり柾目が良く働く
所々柾目が強く現れる部分があるが、この荒れた柾目は
保昌一派に良く見て取れ、これが千手院一派の特徴とも言えるのです。
所々に鍛え瑕等あります。
刃紋:錵出来直刃基調に互の目乱れが混じり
刃中、砂流、金筋、足、葉が盛んに働き帽子、浅く乱れ込み掃掛る。

特徴:千手院の始祖は仁平頃平安時代で、それらの刀工を
古千手院とと呼称され鎌倉時代に入ると千手院と呼ばれております。
千手院一派の作品は少なく、鎬が高く地金は大板目に柾目が交じる強い出来で
奈良東大寺の子院千手院に属した刀工群と言われております。
奈良東大寺の子院である千手院に所属した刀工群で、二つの派があり、
仁平(1151)頃の行信を祖とした行吉、吉行、有行、行正等の一派と、
仁安(1166)頃の重弘を祖とした重永、重村、安村、重久等の一派があった。
鎌倉時代初期以前を古千手院という。行信系の定重、信真、家宗等と、
重弘系の金王、力王、滝等は、鎌倉時代中期から南北朝時代にわたるので、
中千手院という。その後、室町時代になると、同じ奈良の手掻派に押され、
単に千手院と切るものの他は永正(1504)頃の守久、盛久などがいるだけである。
これらは末千手院と称する。末千手院派も、千手院が永禄十年(1567)、
松永久秀の兵火によって消失したため自然消滅した。遺作は稀である。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に耳を少し立ち上げ耳に金で文様を色絵をほどこし、
表には花籠に花を生け足を投げ出した人物が
その花を見つめる図柄を赤銅で高彫りする。
裏には松の木と鎌の図柄を赤銅と素銅地で彫る。
縁頭:赤銅魚魚子地に龍の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒石目地鞘。
目貫:獅子の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
(金無垢かどうかは分かりません)

葵美術より一言:千手院一派の作品は独特な雰囲気を保有しており
刃中の働きが激しく地金も柾目の部分が目立ち
長い砂流、金筋が働く明るく冴えた作品です。
物打ち近辺から切先の刃紋はより激しさを感じさせる景色となっております。
勲山博士の鞘書も貴重です。拵えの状態も良く出来のよい作品です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya with Koshirae.(NBTHK Tokubetsu Hozon Paper)

Signature : Mumei (Senjuin)

Sayagaki: written by Dr.Kanzan in Autumn 1973
Yamato Senjuin Osuriage
Blade length is 70.2cm

Koto: Yamato
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo saku  ranking.
The blade was polished.
Habaki : Gold foiled single habaki.
Blade length : 70.2 cm or 27.63 inches. 
Sori : 2.2cm or 0.86 inches. 
Mekugi : 2
Width at the hamachi : 2.8 cm or 1.10 inches. 
Width at the Kissaki : 2.05 cm or 0.80 inches. 
Kasane : 0.7 cm or 0.27 inches.
The weight of the sword 760grams.
Era : middle  to late Kamakura period.
Shape : The blade is almost ubu shape suriage mumei.
The blade is rather wide and thick with deep sori 
and longer Kissaki nice looking shape.
Jigane :Itame had and O-Itame had mixed 
with Masame Hada strongly and visible to see the texture well.
There are some Kitae-Ware on the whole of blade.
Hamon :Niedeki suguha based gunome midair mix with sunagashi, 
Kinsuji, Ashi and Yo work. Boshi is midarekomi and hakikake style.

Special feature: This sword is attributed to the Senjuin school of Yamato province. 
Senjyuin is the name of a subsuduary temple of the Todai-ji temple at Nara. 
There were two schools: one had its origin in Yukinobu circa Ninhei (1151), 
consisted of Yukiyoshi, Yoshiyuki, Ariyuki, Yukimasa, etc. The other had its origin in Shigehiro, 
circa Nin-an (1166), consisted of Shigenaga, Shigemura, Yasumura, Shigehisa, etc. 
The Senjyuin temple was destroyed in 1567 because of Hidehisa Matsunaga's troop 
set it on fire. As the result the school had disappeared.

Koshirae : 
Saya :black ishime ji saya.
Tsuba :On the round iron Tsuba rise up small size 
and painted some design by gold color on the rim. 
inside of the Tsuba, flowers and a basalt are engraved 
by gold color and a man is sitting and looking at the flower base.
on the back side, pine tree and a hook is engraved 
by syakudo and painted by gold color.
Menuki : shishi dog is engraved with gold color.(it might be sold gold ?)
Fuchikashira: Shakudo Nanako, dragon is engraved with gold color.

From Aoi Art :Senjyuin school has special ling of feature Jigane 
and Hamon very active feeling.From the Monouchi area to Kissaki 
hamon is very active bright and clear hamon.
Dr Kunzan sensei's sayagaki is precious .
Koshirae is nice without Kizu and flow.

AOI ART estimation paper: NBTHK Tokubetsu Hozon Token 
whole Oshigata.