カテゴリー: 
開始価格: 
¥450,000
上昇単位: 
¥1,000
1521507600
入札数 : 

刀:拵え入り(保存刀剣)

銘:無銘(藤原高田)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘 藤原高田としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地
刃長:71.4センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:2個
元幅:3.04センチ
先幅:2.22センチ
重ね:0.73センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅広め重ねしっかりとした刀で
反りやや浅く切先が延びた体配の刀
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き、綺麗な地肌となる。
刃紋:錵出来、互の目乱れに尖り互の目乱れが混じり
刃中、足良く刃入り砂流、金筋が働く
帽子丸く返る。

特徴:高田派は豊後国大分郡高田庄にいた刀工群で、その祖は友光とも友行とも言われている。
作風から見ても古い高田物には左文字色、ひいては相州色の強いものがある。
友行初代の作には建武二年から文和二年の年期がある。大左文字より
年期が少し下がるからその門人と見る事ができる。
高田派の中でも特に友行から室町中期、明応頃まで刀工の作は古高田と
言われ、遺作が極めて少ない。
新刀期以降の物は銘に藤原と付く物が多い事から俗に藤原高田と呼ばれる。

拵:
鍔:楕円形の鉄鍔に魚と空に舞う鶴の乗る老人を彫る
縁頭:赤銅地に秋虫の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:梨地鞘
目貫:赤銅地で獅子の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:長さも充分ありしっかりとした作品ですので
居合刀には真向きと考えます。
また鑑賞するにも働きが横溢で変化があり楽しめる作品と云えます。

保存鑑定証

葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

Katana in Koshirae.(NBTHK Hozon Paper)

Signature :Mumei(Fujiwara Takada)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki :copper single habaki.
Blade length :  71.4cm or 28.11 inches. 
Sori :1.1cm or 0.43 inches. 
Mekugi : 2 
Width at the hamachi : 3.04cm or 1.19 inches. 
Width at the Kissaki :  2.22cm or 0.87 inches. 
Kasane : 0.73cm or 0.28 inches.
Era :Edo period  Kanei era.
Shape : The blade is rather wide and thick 
with small sori and longer kissaki 
which looks like Kanei to Kanbun era.
Jigane :Koitame hada well grained with jinie attach nice clear texture.
Hamon :Niedeki gunome midare with togari gunome midare mixed with 
ashi. In Hamon, there are manu sunagashi, kinsuji work. 

Special feature:Takada school was working at Bungo Takada 
and founder was Tomoyuki or Tomomitsu.
The first generation Tomomitsu started from Kenmu era and 
continyued to middle Muromachi period.
At shinto period the sword makers are said Fujiwara Takada.

Koshirae : 
Saya :Nashiji saya.
Tsuba :On the oval shape iron tsuba, an old man is sitting on the crane 
and another old man is riding on the fish.
Probably this motif came from ancient story.
Menuki : shishi dod is engraved with gold color.

From Aoi art:The sword is active temperline around Monouchi area to Kissaki.  
and Koshirae is good for iai practice also the hamon is active and good for watching the blade(Kansyo).

NBTHK Hozon Paper

Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.