カテゴリー: 
開始価格: 
¥950,000
上昇単位: 
¥1,000
1539306180
入札数 : 

大小:

-----------------------

大:白鞘入り

銘:但馬国包平
平成壬甲歳卯花月(みずのえさる うのはなずき 平成4年4月 1992年)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 但馬国包平としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき : 金着二重
刃長:71.7センチ
反り:2.15センチ
目釘穴:1個 
元幅:3.44センチ 
先幅:2.78センチ
重ね:0.73センチ 
時代:現代
体配:表裏に棒樋を彫り身幅が広く重ね厚く三つ棟となり
反りが深く付いて切先が延びた豪壮な体配をした作品。
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付く。
刃紋:錵出来匂口深く互の目乱れとなり刃中、砂流、細かな金筋が入り帽子乱れ込む。

特徴:秋庭包平刀匠は、本名を正巳といい、昭和29年3月24日に生まれる。
昭和49年、人間国宝:宮入昭平師に入門、昭和52年よ り師の死去により、
兄 弟子の高橋次平師に学ぶ。昭和54年、作刀承認を受け、
兵庫県豊岡市において作刀する。昭和55年よ り新作名刀展に初出品し
入選する。以後、優秀賞3回、 努力賞5回など多数の受賞する。

葵美術より一言:三ツ棟、身幅広め、重ね厚く、
宮入一門の高弟として活躍し数々の賞を獲得する。
刃紋は一見すると薩摩、元平を思わせ
錵出来で匂口が深く志津あたりを狙って制作したと考えられます。

-----------------------

小:白鞘入り

銘:但馬国包平
申戌歳卯月

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 但馬国包平としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき : 金着二重
刃長:40.4センチ
反り:0.6センチ
目釘穴:1個 
元幅:3.62センチ 
重ね:0.6センチ 
時代:現代
体配:三つ棟で身幅が広く重ね厚くがっしりとした平打の脇差。
地鉄:板目肌に大板目肌が混じりざんぐりとして、よく練れて地錵が付き地景が入る。
刃紋:錵出来、匂口やや深く互の目乱れに尖り互の目乱れが混じり
刃中、砂流、金筋が働き帽子のたれて尖りごころに丸く返る。
表裏に二筋樋を彫り美観を添える。

特徴:秋庭包平刀匠は、本名を正巳といい、昭和29年3月24日に生まれる。
昭和49年、人間国宝:宮入昭平師に入門、昭和52年より師の死去により、
兄 弟子の高橋次平師に学ぶ。昭和54年、作刀承認を受け、
兵庫県豊岡市において作刀する。昭和55年より新作名刀展に初出品し入選する。
以後、優秀賞3回、 努力賞5回など多数の受賞する。
この刀は、鎬造、三ツ棟、身幅広め、重ね厚く、元先の幅差少なく、先反りつき、
大鋒に結ぶ、所謂、南北朝時 代の大太刀を大磨上にしたような姿形を示している。
地鉄は、板目に、処々大肌をみせ、流れごころとなるなど古色が感ぜられる。
刃文は、小のたれを主調に互 の目・小互の目、少しく尖りこころの刃交じり、
足入り、匂深く、小沸よくつき、金筋入り、砂流しかかるなどの作風となり、
古作「志津」に倣ったものと思量 される。平成5年、新作名刀展において
入選を受賞した作品で、古名刀を想わせるよく練れた地鉄に、
さすがに宮入一門であり匂口が明るく冴えている。
葵美術より一言:秋庭包平刀匠の大小の作品で刀は身幅が広く
重ね厚くがっしりとした作品。脇差は平打ちの魅力的な作品で
地金や刃紋から新刀国広を思わせる作品で地金、刃紋共に出来が優れております。

歴史背景:1992年4月7日 ボスニア、ヘルツゴビナ紛争が始まる
1992年4月5日ドイツで夫婦別姓が認められる。 ウイキペヂアより引用

-----------------------

葵美術評価鑑定:全身押し形

 

Ordering number : AS15950

Dai Sho :

---------------------

Dai : Katana in Shirasaya 

Signature : Tajima Kami Kanehira (Akiba Kanehira)
Heisei JInshin sai Unohanazuki.  (Mizunoe saru  1992 April)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo saku ranking.
The blade is polished.
Habaki : Gold wrapped double habaki.
Blade length : 71.7 cm or 28.23 inches. 
Sori : 2.15 cm or 0.85 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.44 cm or 1.354 inches. 
Width at the Kissaki : 2.78 cm or 1.1 inches.
Kasane : 0.73 cm or 0.29 inches.
Era :  Gendai(modern times)
Shape : Double Hi are engraved on both sides of the blade.
The sword is very wide and thick with deep sori 
and ookissak(long) gorgeous healthy blade.
Jigane :koitame hada and oo itame hada mixed with jinie attacch,
Hamon :Niedeki gunome midare with thick nioikuchi 
and sunagashi, kinsuji work.
Boshi is midarekomi style and togari small round shape.
    
Special feature : Akiba Kanehira sword smith is called Masatomi 
and borned at Syowa 29th March 24.  At Showa 29th, 
He studied under the National trweasure Miyairi Syohei.  
After his master Miyairi Shohei died at Showa 52, 
He studied under his senior student Takahashi tugihei.  At Showa 54th, he 
got the permission for making Japanese sword from the government, he made swords 
at Hyogo Tiyooka city. From Showa 55, He got the prize of Nyusen prize at sword contest.
After that, he got the prizes of Yusyusho prize 3thims and Doryokusyo prizes 5times and also a lot of prizes.
The sword looks Satsuma Motohira.  Probably he tried to make Shizu 
The sword is very healthy and nice work both Jigane and Hamon.

---------------------

Sho : Wakizashi in Shirasaya 

Signature : Tajima Kami Kunihira.(Akiba Kanehira)
Tsuchinoe Saru Sai Uzuki

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : gold wrapped double habaki.
Blade length : 40.4 cm or 15.90 inches. 
Sori : 0.6 cm or 0.23 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.62 cm or 1.42 inches. 
Kasane : 0.6 cm or 0.23 inches.
Era : Gendai(Modern times)
Shape : The blade is Hirauchi style with long and thick Mitumune style.
On both sides of the blade, double hi are engraved.
Jigane :Itame hada and ooitame hada mixed zanguri hada like Kunihiro shinto blade.
The jigane is jinie attach thickly and chikei work.
Hamon :Niedeki gunome midare with thivk nioikuchi togari gunome midare,
In Hamon, sunagashi and kinsuji work.  Boshi is togari and round shape.

From Aoi Art: This sword looks like shinto Kunihiro's jigane and Hamon.  
Probably he adored Shizu sosyu den. The blade is Hirauchi style 
and active Gunome midare and fantastic trexture.

Back ground of age: 1992, April 7th Bosnia and HERUTSUGOBINA 
trouble started1992, April 5th, Separate surnames for married couples are admitted in Germany. 

---------------------

Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.


刀 Katana

脇差 Wakizashi