カテゴリー: 
開始価格: 
¥1,500,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥1,500,000
1558747800
入札数 : 
1

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:無銘(二王)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(二王)としては上々作にランクされる作品です。

鞘書:周防国二王大磨上無銘也板目目立ッテ流レル肌合ニ
温和ナ直刃ヲ焼キ大和気質ガ窺知サレ匂口ニ潤ミヲ見セル點ニ
同派ト鑒スベキ者有之南北朝期ヲ降ラヌ同派ノ佳品也
長二尺三寸五分弱有之
探山邉道識(花押)

研磨済み
刃長:71.1センチ
反り:2.0センチ
目釘穴:2個
元幅:2.99センチ
先幅:2.01センチ
重ね:0.66センチ
時代:鎌倉時代末期から南北朝時代 十四世紀
体配:中切先ふくら付き、鎬筋やや高く、庵棟、鎬造の刀。
地鉄:小板目良く詰み杢目が交じり地沸が付き、白気風の映りが立ちねっとりとした地鉄である。
刃紋:沸出来、直刃刃紋に小足、鼠足が入る。

特徴:周防國二王派は平安時代保延(1135〜1141)頃の清真、または清平を祖として始まると伝えるが、
確実な遺作を見ず今日では鎌倉時代中期の清綱を事実上の祖としている。
清綱の現存する作例では「文永二年(1265)三月 清綱」と切った太刀が最も古く,
次が「周防玖珂庄清綱 建武二年五月十五日」銘の短刀で、
以後同銘は室町時代より新刀期にまで及んでいる。
大和東大寺の荘園がこの地方の大部分を占めていた関係からか、
二王派の作刀は大和気質の強い直刃調の物が多いが、大和本国に比して地鉄に白気映りが立ち、
刃紋にうるみを見せるものが一般的である。なお二王の名の由来は
「杉森という所に合戦ありて,社に火を掛けしにその門の二王像既に焼けんとするを,
鉄の大鎖を宗三郎清綱の打ちたる刀にて切りて二王を助け奉る,
それより二王三郎といひ子孫を二王という」という伝説があるが二王清綱の居住地と伝えられる
山口県玖珂郡玖珂町には杉守(すぎもり)の名にちなんだ言い伝えがあり、
大内氏の居住した鞍掛城址もその近くである。

拵:
鍔:鉄鍔に模様を透し金布目象嵌をほどこす。
縁頭:赤銅磨地に貝と水の流れを金色絵。
鞘:青貝散らし刻み鞘、家紋を入れる。
目貫:赤銅地に人物図を高彫りし金色絵をほどこす。

葵美術より一事:本作は良質な地鉄に直刃出来を焼き品格の一段と冴えた見事な作です。
地には淡い映りが表れ飽きのこない作品となります。

特別保存刀剣
葵美術評価鑑定:全身押し形

Katana in Shirasaya with Koshirae(NBTHK Tokubetsu Hozon Paper)

Signature : Mumei (Nio)

Sayagaki: Suou Koku Nio, Osuriage Mumei. 
Itame Hada is conspicuous and fluent.
Suguha is calm, typical Yamato school, 
according to the mellifluous Nioikuchi, the blade attributed as Nio.
The fine work was made around Nanbokucho period.
Blade length is 71.1cm.

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo  saku
Jyo saku and regular saku)
This  Mumei (Nio) belongs to Jyojyo saku ranking.

The blade was polished.
Blade length : 71.1 cm or 27.99 inches. 
Sori : 2.0 cm or 0.78 inches. 
Mekugi : 2
Width at the hamachi : 2.99cm or 1.17 inches. 
Width at the Kissaki : 2.01 cm or 0.79 inches.
Kasane : 0.66 cm or 0.25 inches.
Era : Late Kamakura period to Nambokucho period. 14th century.
Shape: A shinogi-zukuri katana, chu-kissaki, iori-mune.
Jitetsu: Mokume is combined with close itame-hada. Shirake-utsuri appears on the surface.
Hamon : Nie-deki. Ko-ashi and nezumi-ashi appear on the suguha-hamon.
             
Special feature : Swordsmiths of Ni-o school forged sword in Su-o province, 
present Yamaguchi pref. In the Heian period, Sho-en, the manor in medieval Japan 
had been developed in Su-o. Many fiefs of the Imperial Household, the Fujiwaras 
and the Todaiji temple also developed in that period. It is thought 
that the reason why the sword influenced by Yamato School had been forged 
there was the result of cultural exchanges between Kinai and Su-o. 
Kiyotsuna forged the oldest tachi of Ni-o school in1265 with the name of an era, 
the Bun-ei period that is in the Itsukushima Shrine in Hiroshima pref. 
next to Yamaguchi pref. Swordsmiths of Ni-o school continued 
to forge sword in the Shin-to period. 

Koshirae : 
Tsuba : Iron Tsuba, some pattern engraved with open work and gold cloth inlay.
Fuchikashira : Shakudo, shell is engraved with gold color.
Saya : Aogai Chirashi Saya. 
Menuki : Shakudo, person is engraved with gold color.

From Aoi Art:This blade is nice  jigane with utsuri and konie deki suguha with soft ashi and yo.
The shape is elegant. We strongly recommend this Katana for you.

NBTHK Tokubetsu Hozon Paper
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.