カテゴリー: 
開始価格: 
¥200,000
上昇単位: 
¥1,000
1563326700
入札数 : 

刀:白鞘入り

銘:無銘(刃切れ有り)

古刀:末古刀:
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(刃切れ有り) としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:素銅地一重
刃長:69.0センチ
反り:1.9センチ
目釘穴:2個
元幅:3.10センチ
先幅:2.30センチ
重ね:0.63センチ
刀身重量:790グラム
時代:室町時代末期の頃  天正
体配:大摺上無銘で身幅広め、重ね尋常な反りが深く
切先が延びた体配の良い刀で物打近辺に刃切れがありますが
通常ですと殆ど見分けがつきません。
地鉄:小板目肌よく練れて大板目肌が混じり
地錵が付き肌目が良くみて取れる。
刃紋:錵出来互の目乱れ足、葉が入り二重刃が
交じって変化に富み刃中、砂流、細かな金筋が働く。

特徴:本作は大摺上げ無銘となっておりますが、
良くみるとほぼ生に近い体配と私は判断致します。
出来から藤島一派あるいは加州刀で室町時代に制作された作品と考えます。
刃中に見えにくい刃切れがありますので抜刀及び居合刀としてお勧め致します。

葵美術より一言:本作は体配の良い作品で時代も古く
室町時代末期頃と推察致します。
出来は変化に富んだ互の目乱に丁字乱れが混じり
野趣に富んだ刃紋となりその出来から藤島系統の作品か加州刀の系統と判断致します。
刃切れがあるものの楽しく鑑賞が出来る作品と言えます。
1570年頃、450年前の作品で多くの侍によって大切に保存されてきたと考えられます。
幾星霜経て現存する刀は身幅、重ねしっかりと先幅もしっかりとしておりますので
当時の生の状態も見て取れ刃切れはあるもののご鑑賞下さい。

制作者より一言:天国から社長さんの暖かな文章を拝見しむせび泣きをしてしまいました。
制作した当時は生き生きとした作品でしたが今では無銘にされ刃切れもあると読みまして
450年という時代の長さに驚いております。 しかし状態も制作した当時から見て刃紋はあまり変わらず
ご購入して頂いた方が大切に保存されます事を祈っております。
皆様が天国に来られた時は是非お立ち寄り下さい.。刀の制作に付いてお話をしようではありませんか。

時代背景:戦国時代

葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya 

Signature : Mumei(unsigned) Hagire.

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : cooper single habaki.
Blade length : 69.0 cm or 27.16 inches. 
Sori : 1.9 cm or 0.74 inches. 
Mekugi : 2
Width at the hamachi : 3.1 cm or 1.22 inches. 
Width at the Kissaki : 2.3 cm or 0.90 inches. 
Kasane : 0.64 cm or 0.25 inches.
The weight of the sword  790 grams.
Era : Late Muromachi period. Tensyo era.
Shape : The blade is suriage mumei.
Jigane :Itame had well grained with jinie attach and oo had appear.
Hamon :Nie deck gunome midair and cyoji midair mixed active works 
In Hamon, ashi and Yo, sunagashi, kinsuji work.

Special feature::This sword  is a well beautiful shaped, 
and the age is old and I guess it is around the end 
of the Muromachi era. The blade is active cyoji and gunome midair 
mixed which looks like Fujishima school or Kasyu sword maker. 
Even though the blade has Hagire near Monouchi area, 
and can be Kansyo(look the blade with joy) 
The blade has passed more than 450 years of ages.
Probably the owner of the sword has kept in good condition
for a long period hand it down to next generation to next generation.

From the craftsman :I saw the warm text of the president from heaven and 
I was sobbing, weeping. At the time of production,
it was a lively work, but now I read that it it has Hagire 
on the Hamachi area. I am surprised at the length of the time 
of 450 years. However, seeing from the time 
when the state was also produced, the crest remains the same
We hope that those who purchased it will be carefully preserved.  
Please drop in when you come to heaven. 
Let's talk about the production of the sword drinking hot sake together with you.

Aoi Art estimation paper: whole Oshigata