カテゴリー: 
開始価格: 
¥500,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥606,000
1550365200
入札数 : 
9

脇差:拵え入り(保存刀剣)

銘:(菊紋)高井越前守源来信吉

新刀:中上作:業物:摂津
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は上作としてはにランクされる作品です。
研磨済み
刃長:1尺8寸5分(56センチ)
反り:5分(1.515センチ)
目釘穴:1個
元幅:3.1センチ
先幅:2.2センチ
重ね:0.8センチ
時代:江戸時代元禄の頃
体配:身幅、重ね尋常な反りやや深く付き
切先がやや延びた体配の良い長寸の脇差。
刀身の表には剣巻き龍が濃密に彫られる
地鉄:小板目肌よく詰んで地錵が付き綺麗な大阪地金となる。
刃紋:錵出来匂口の深い直刃、明るく冴える。帽子丸く返る

特徴:越前守信吉は初代京信濃守信吉の三男で、名を高井金三郎という。
信濃守を受領して、亰の油小路に住し鍛刀した刀工で、井上真改、助広に
私淑して濤乱刃や匂口の深い直刃出来を得意とする。
銘を「越前守源信吉」、「入道源来信吉」、「高井越前守源来信吉」などと切り、
その作風は沸本位の互の目乱れを焼くが、井上真改に迫るような直刃の作もある。
晩年は大坂に移住して鍛刀したと言われている。

「(菊紋)一」「源」の字を加えているところから、元禄頃の信吉の晩年の作と思われる。
良く詰んだ小板目肌からその優れた技量が伺える優品である。

拵:
鍔:木瓜形の銀製鍔鍔に波の図の図と三巴家紋を彫る。
縁頭:赤銅地に波の図柄と龍を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘。
目貫:出し目貫 金無垢とも思われるが金地とさせて頂きます。

葵美術より一言:越前守信吉は器用な刀工で助広、井上真改に私淑し
数多くの傑作刀を残している。
本作は直刃出来で明るく冴えている、地の表には濃密な剣巻龍をほっている。
彫りの出来から当時の物ではなく近代の彫りと鑑せられる。
拵えも良くまとまっており出来も良い、特に出し目貫の
金無垢と思われる龍は近代の作品と考えられます

葵美術評価鑑定書:保存刀剣鑑定書
全身押し形

Wakizashi in Koshirae.(NBTHK Hozon Paper)

Signature :(Kikumon) TAKAI ECHIZEN KAMI MINAMOTO RAI NOBUYOSHI.

Shinto:Jyo saku ranking:Wazamono cutting test ranking:SEttsu
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to JYO SAKU  ranking.
The blade was polished.
Habaki : Shakudo hitoe habaki.
Blade length : 56 cm or 22.04 inches. 
Sori : 1.515 cm or 0.59 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.1 cm or 1.22 inches. 
Width at the Kissaki : 2.2 cm or 0.86 inches. 
Kasane : 0.8 cm or 0.31 inches.
Era : Edo period Genroku era.
Shape : The blade is regular width, thickness with some sorri 
and longer kissaki nice looking shape.  
On the front, Kenmaki ryu is engraved.
Jigane :Koitame hada well grained 
with jinie attach beautiful nice texture.
Hamon : Niedeki suguha with rather thick nioikuchi bright and clear.

Special feature: Echizen no kami Minamoto Rai Nobuyoshi was a son
of first genertation Kyo Shinano kami Nobuyoshi.
And his real name was Takai Kinsaburou.
He was  strongly influenced by Sukehiro and Inoue Shinkai.
And his strong points are Touranba-Hamon 
and Suguha with deep Nioikuchi.
He has some signature “Echizen no kami Minamoto Nobuyoshi”, 
“Nyu-do Minamoto Rai Nobuyoshi” ,
“Takai Echizen no kami Minamoto no Nobuyoshi”.
He migrated to Osaka pref in his late life and made Sword at there.
It’s felt that this Katana was made in his late life, 
because there is “Kikumon Ichi” in signature.

Koshirae : 
Saya :Black roiro saya.
Tsuba : Mokko shape, silver Tsuba, wave and Mitsudomoe family crest are engraved.
Fuchikashirai : On the syakudo plate, waves and a dragon are engraved with gold color.
Menuki: I think the menuki looks solid gold but not guarantee.
          
From Aoi Art:Echizen Kami Nobiyoshi is very skilful sword maker 
and strongly influenced Sukehiro and Inoue Shinkai with deep suguha and do-ranba hamon.  
This blade is suguha hamon bright and clear with thick nioikuchi.  
On the front a Kenmaki ryu is engraved later generation.
Kosirae is nice combination of the Ko-dogu.
Menuki looks solid gold but not guarantee.

Aoi Art estimation paper : NBTHK Hozon paper.
whole Oshigata.